演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)”が開幕!須賀健太ら烏野キャストが卒業、会見でサプライズ!青葉城西、白鳥沢との激闘!画像UP!!

  • 2018-10-20

人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」の舞台化シリーズ6作目となる、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞が10月20日にTOKYO DOME CITY HALLでの東京公演よりいよいよ開幕を迎えます。
日向翔陽役の須賀健太さんら主役校・烏野高校の全キャストは、青葉城西高校・白鳥沢学園高校との対決を描く今作をもってシリーズを卒業することに。開幕前日に開催されたゲネプロでのステージ写真とともに、烏野キャストから須賀さんへの誕生日サプライズも行われた囲み会見の模様をお届けいたします!

烏野高校キャストの卒業公演となる、演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞が開幕!

烏野高校キャストの卒業公演となる、演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞が開幕!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(以下、演劇「ハイキュー!!」)とは、古舘春一氏による大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化した作品。キャスト達の圧倒的な熱量、そして最新映像テクノロジーを駆使したバレーボール描写が融合したステージが人気を呼び、2015年11月の初演からこれまでに5作品を上演する人気シリーズとなっています。

そのシリーズ6作目にして、演劇「ハイキュー!!」史上最大規模となる公演数にて全国5都市で上演されるハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞では、主人公・日向翔陽らが属する烏野高校排球部が挑んできた春高予選もいよいよクライマックスへ。彼らの前に強豪として立ちはだかる、及川徹率いる宿敵・青葉城西高校、そして牛島若利を擁する絶対王者・白鳥沢学園高校との激突が描かれます。

公演キービジュアル

公演キービジュアル

開幕前日にゲネプロとあわせて開催された囲み会見では、烏野高校キャストより日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の影山達也さん、月島蛍役の小坂涼太郎さん、山口忠役の三浦海里さん、対戦校キャストである青葉城西高校・及川徹役の遊馬晃祐さん、白鳥沢学園高校・牛島若利役の有田賢史さん、そして演出・脚本を務めるウォーリー木下さん、音楽・演奏を務める和田俊輔さんの8名が登場しました。

IMG_8902

まずは公演への意気込みを聞かれ、初演より座長を務めてきた須賀さんは「もう何回こうして皆さんの前で開幕のご挨拶をさせていただいたかと思うんですが、今回で一応、最後ということで……ただ、大々的に『卒業』と謳ってはおりますが、気持ちとしてはいつもと全く変わらず、1公演1公演、この作品を大切に演じきるということに尽きると僕自身は思っています」と丁寧に語り始めます。

烏野高校・日向翔陽役の須賀健太さん

烏野高校・日向翔陽役の須賀健太さん

そして今作の注目ポイントとして、「音楽の和田さんがナマ(演奏)で! 僕らと一緒に44公演、音で支えていただきます」と音楽での演出を挙げた上で、「本当に演劇『ハイキュー!!』には色々な要素があって、それがひとつになってこその“ハイパープロジェクション演劇”というものになっています。ひとつの集大成を今回は見せられるのではないかと思っていますので、全員で最後まで走り抜けたいです」と力強く語ってくれます。

続く影山さんは、「今回、簡単そうに見えて難しいことがたくさん溢れていて、演劇の楽しさをすごく感じています。体力とかの限界も僕らにはあると思うんですけど、そこを超えた演劇の新しい境地とか、そういったものをみんなで見に行きたいと思います!」とまっすぐに意気込みをコメント。そして小坂さんの順番となりますが、小坂さんは「言おうと思っていたことが、マジで健太くんと全く一緒で……」と困った様子を見せます(笑)。

烏野高校・影山飛雄役の影山達也さん

烏野高校・影山飛雄役の影山達也さん


烏野高校・月島蛍役の小坂涼太郎さん

烏野高校・月島蛍役の小坂涼太郎さん

そんな小坂さんは、「今回は音楽が生演奏で、本当にすごくて! 音楽もそうですし、作り方も変わって……人数が結構いるんですよ、今までもなんですけど(笑)」と思いつくままに話し始めますが、須賀さんから「意気込みを言え!」とツッコミを飛ばされ、「ちょっと、久しぶりの囲み取材なので緊張しちゃって(笑)」と取材陣を笑わせる言葉もこぼしつつ、「今までと違った演劇『ハイキュー!!』になると思うので、楽しんで! よろしくお願いします、頑張ります」と言葉を続けます。

小坂さんのトークに会場が和やかになる一方、三浦さんは「今回も色々と新しいことに挑戦していまして。それと、今まで僕たちがずっと培い積み重ねてきたものとの融合がいい化学反応を起こして、すごい舞台ができあがったんじゃないかなと思います。僕個人的にも挑戦させていただいていることがあったりして、色んな意味での緊張はあるんですが、それも含めて楽しんでいただけるように精いっぱい頑張りたいなと思っています!」と、しっかりと意気込みを語ります。

 烏野高校・山口忠役の三浦海里さん


烏野高校・山口忠役の三浦海里さん

烏野キャストの面々に対して、対戦校となる青葉城西高校のキャストを代表する遊馬さんは、「僕たち青城は約1年半ぶりの登場なんですが、今回は『最強の場所(チーム)』ということで、チーム感にこだわって作っています」とコメント。青城をまとまりのあるチームだと挙げながらも「より細かく、ダンスにしても、バレーの動きにしてもこだわって、最強のチームを作れるように稽古してきました。キャストも新しいメンバーが加わって、1年半前の『勝者と敗者』の時とは本当に違うチームになっていますので、そこを皆さんには楽しんでいただけたら」と続けます。さらに、最高の熱量で初日を迎えたいと話しつつも「この作品は成長する作品だとも思うので、全44公演、さらに上を目指して頑張っていきたいと思います!」と頼もしい言葉を聞かせてくれました。

青葉城西高校・及川徹役の遊馬晃祐さん

青葉城西高校・及川徹役の遊馬晃祐さん


白鳥沢学園高校・牛島若利役の有田賢史さん

白鳥沢学園高校・牛島若利役の有田賢史さん

続いてもう一校の対戦校・白鳥沢学園高校のキャストを代表して登壇した有田さんは、「前作では白鳥沢から牛島若利ひとりでの登場だったんですが、今作で満を持して、白鳥沢の個性豊かなキャラクターが揃いました」とチームメンバーの登場についてコメント。そして「『最強の場所(チーム)』というタイトルの通り、絶対王者のチームとして、個性豊かなメンツとともに圧倒的熱量をもって演じていきたいと思います。よろしくお願いします!」と、コメントにも牛島らしい力強さと風格を滲ませます。

そんなキャスト陣の熱い言葉に、今作では全44公演のステージを生演奏で彩る音楽担当の和田さんは、「烏野メンバー含めて全員が、試合のその場で生きているというか。物語も分かっていて、段取りも全てついているんだけれども、絶対そこで負けるか勝つかわからない試合をしているっていうのが僕的には感動のポイントだったので、自分もそれを音楽に取り込もうと思いました」と稽古を通して感じたことを語った上で、「つまり、今回の音楽はその場その場で作っています。キャストやお客さんの熱量など、そこで感じた一期一会を演奏として出そうとしているのが、ひとつ音楽のテーマでもあります」と明かします。

音楽・演奏を務める和田俊輔さん

音楽・演奏を務める和田俊輔さん


演出・脚本を手掛けるウォーリー木下さん

演出・脚本を手掛けるウォーリー木下さん

続いて演出・脚本を手掛けるウォーリーさんは、まずは作品の魅力について、「部活やなにかのチームに所属していたことのある人なら、誰もが一度は経験したかもしれないようなドラマが詰まっている原作ですが、それが全てバレーボールのコートの中で起きるということが、僕は『ハイキュー!!』の魅力かなと思っていて」とコメント。
そしてほぼ全編が試合シーンで展開していく今作について、「その試合の中にはたくさんのドラマがあって、試合を見ている感動なのか、人間ドラマを見ている感動なのかが分からなくなるような、そういった原作の良さを引き出すような演出を仕掛けています。生演奏もその一環で、生きた役者さんがその場で発する空気をよりお客さんに届けたり、どう一体感を作れるかというところで……生演奏だと、やっぱり全然違います。音楽に、照明とか映像とか、色んなものが舞台上でパチッとはまる良さが演劇『ハイキュー!!』にはあると思うんですが、それが今回はより明確になって伝わるかと思います」と、今作の演出でこだわった点を語ってくれました。

意気込みに続いては、今作で烏野キャストが揃って卒業を迎えることについて、初演から約3年に渡って座長として作品を牽引してきた須賀さんが「3年間、ちょうど高校生活1回分ということで、本当に学生生活をもう1回やったような感覚です。最後の公演が『最強の場所(チーム)』というのは、すごく素敵な巡り合わせ。僕たちこそが最強のチームと言える3年間でした」と仲間への想いをコメント。
さらに須賀さんは、「20歳から21歳になる頃に始まった作品で……実は今日が僕の誕生日なので、芸能生活も20周年に。20年目の1発目にこの作品ができたということは、すごくすごく僕の中では幸せなこと。3年間こんなに汗をかいて作ってきた作品を、僕にとっての第2章の始まりにできるなんて」と、子役時代から活躍する須賀さんにとっても、演劇「ハイキュー!!」が大切な作品であることを語ってくれます。

こうして会見も終盤に差し掛かると、小坂さんが「烏野キャストは仲が良くて、地方公演の時もみんなで食事に行ったり、いつも一緒に行動しているから本当に部活みたいなんですよ。離れるのがツラいです」とマスコミに向けて自由に語りだし、そのマイペースぶりに困惑しながらも、須賀さんが「なんなの? 楽屋で話せよ!(笑)」とツッコミを飛ばす一幕も(笑)。

そして最後は、須賀さんが「本当に僕らは全員勝つつもりでいて、どちらが勝つか負けるか、物語上は決まっているのかもしれないけど、どのチームも全力で1点にしがみついて、勝ちというものにこだわっています。役者というものを超えて、演じるというのとも違う、もっとリアリティのある“生きる”というところまで行けた作品ではないかと思います。観て、聴いて、感じていただくことがこの作品にとって一番いいことだと思いますので、ぜひ劇場に遊びにきていただければ!」と会見を締め括りますが……。

ここでなんと「健太! 誕生日おめでとう!」と声を揃えて登場したのは、大きなケーキを手にした塩田康平さん、渕野右登さん、川原一馬さん、田中啓太さん、田中尚輝さん、富森ジャスティンさんという烏野高校のキャスト陣! 大きな歓声と拍手に包まれる中、10月19日に24歳の誕生日を迎えた須賀さんも「わーっ、すごい! サプライズがあると思わなかったから、自分で誕生日って言っちゃったじゃん(笑)」と喜びつつ、テレ笑いを浮かべてみせます。

烏野キャスト陣によるサプライズは大成功!

烏野キャスト陣によるサプライズは大成功!


須賀さんも笑顔で喜びつつ、「泣いてます(笑)」とウソを申告!(笑)

須賀さんも笑顔で喜びつつ、「泣いてます(笑)」とウソを申告!(笑)

このサプライズ大成功に、須賀さんが「みんなも知ってたの!?」と登壇キャスト陣に尋ねる中、小坂さんは「最後、まだケーキの準備ができてないのかと思ってめっちゃ頑張って繋いでた(笑)」と、マイペーストークもサプライズ演出のためだったと話しますが……塩田さんらに「俺たちはもう準備できて待ってたのに、涼太郎の話がなげぇなって言ってたよ(笑)」と言われてしまい、会場は大爆笑! そして須賀さんは「今見ていただいた、これが烏野の最強のチームです。嬉しさとともに、改めて身が引き締まる思いです」と感動しつつも、「記事に『須賀は号泣していた』って書いてください!(笑)」と話し、仲間たちから「ウソじゃん!」とツッコまれる楽しい掛け合いを見せてくれました。

【公演ステージショット】

日向翔陽、影山飛雄らが属する烏野高校は、春高予選の優勝を目指す

日向翔陽、影山飛雄らが属する烏野高校は、春高予選の優勝を目指す


インターハイ予選では烏野高校が惜敗した、及川徹率いる宿敵・青葉城西高校

インターハイ予選では烏野高校が惜敗した、及川徹率いる宿敵・青葉城西高校


さらに烏野高校の前に、絶対王者・白鳥沢学園高校が立ちはだかる

さらに烏野高校の前に、絶対王者・白鳥沢学園高校が立ちはだかる


全国3本の指に入ると称される、牛島の圧倒的な実力に日向は……

全国3本の指に入ると称される、牛島の圧倒的な実力に日向は……


春高予選を制し、全国大会への切符を掴む“最強のチーム”は果して!?

春高予選を制し、全国大会への切符を掴む“最強のチーム”は果して!?

【キャスト】
■烏野高校
日向翔陽:須賀健太/
影山飛雄:影山達也/
月島蛍:小坂涼太郎
山口忠:三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷夕:渕野右登
縁下力:川原一馬
澤村大地:田中啓太
菅原孝支:田中尚輝
東峰旭:冨森ジャスティン/

■青葉城西高校
及川徹:遊馬晃祐
岩泉一:小波津亜廉
松川一静:白柏寿大
花巻貴大:金井成大
矢巾秀:山際海斗
渡親治:齋藤健心
京谷賢太郎:北村健人
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:神田聖司/

■白鳥沢学園高校
牛島若利:有田賢史
瀬見英太:瀬良祐介
大平獅音:横山真史
天童覚:加藤健
五色工:菊池修司
白布賢二郎:佐藤信長
川西太一:辻凌志朗 ※辻は一点しんにょう
山形隼人:高橋駿一/
鷲匠鍛治:川下大洋/

■烏野高校 OB
嶋田誠:山口賢人/
田中冴子:佐達ももこ

■烏野高校 マネージャー
清水潔子:長尾寧音
谷地仁花:斎藤亜美/

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:内田滋
烏養繋心:林剛史

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞は、東京公演が2018年10月20日(土)~28日(日)までTOKYO DOME CITY HALLにて、続いて広島・兵庫・大阪・宮城・東京凱旋公演と5都市にて上演されます。また12月16日(日)18:00より、東京凱旋公演 大千秋楽のライブビューイングも開催決定! 各公演詳細・チケット情報は、Informationから公式サイトをチェックしてください。

Ⓒ古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

■小坂涼太郎 遊馬晃祐 辻凌志朗 出演動画はアプリで好評配信中↓■


☆Information

【公演概要】
■ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下

東京:2018年10月20日(土)~28日(日)TOKYO DOME CITY HALL
広島:2018年11月9日(金)・10日(土)はつかいち文化ホール さくらぴあ 大ホール
兵庫:2018年11月15日(木)~18日(日)あましんアルカイックホール
大阪:2018年11月23日(金・祝)~25日(日)梅田芸術劇場 メインホール
宮城:2018年11月30日(金)~12月2日(日)多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋:2018年12月7日(金)~16日(日)日本青年館ホール

【キャスト】
■烏野高校
日向翔陽:須賀健太/
影山飛雄:影山達也/
月島蛍:小坂涼太郎
山口忠:三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷夕:渕野右登
縁下力:川原一馬
澤村大地:田中啓太
菅原孝支:田中尚輝
東峰旭:冨森ジャスティン/

■青葉城西高校
及川徹:遊馬晃祐
岩泉一:小波津亜廉
松川一静:白柏寿大
花巻貴大:金井成大
矢巾秀:山際海斗
渡親治:齋藤健心
京谷賢太郎:北村健人
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:神田聖司/

■白鳥沢学園高校
牛島若利:有田賢史
瀬見英太:瀬良祐介
大平獅音:横山真史
天童覚:加藤健
五色工:菊池修司
白布賢二郎:佐藤信長
川西太一:辻凌志朗 ※辻は一点しんにょう
山形隼人:高橋駿一/
鷲匠鍛治:川下大洋/

■烏野高校 OB
嶋田誠:山口賢人/
田中冴子:佐達ももこ

■烏野高校 マネージャー
清水潔子:長尾寧音
谷地仁花:斎藤亜美/

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:内田滋
烏養繋心:林剛史

【チケット情報】
チケット料金(全席指定・税込)
東京・兵庫・大阪・東京凱旋公演 S席:8,800円 A席:6,800円
広島・宮城公演 8,800円

公演に関するお問合せ:ネルケプランニング 03-3715-5624(平日11:00~18:00)

≪公演公式サイト≫
http://www.engeki-haikyu.com/

【ライブビューイング情報】
■ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝最強の場所(チーム)〞ライブビューイング

演劇「ハイキュー!!」の感動を全国の映画館で完全生中継!
東京凱旋公演 大千秋楽ライブビューイング開催決定!

日時:2018年12月16日(日)18:00公演
料金:3,600円(税込)

映画館リスト・チケット情報などは下記のサイトをご確認ください。
https://www.toho.co.jp/theater/ve/engeki-haikyu/

関連商品

  • KA17
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_集合A4版ブロマイド
  • KA16
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_小坂涼太郎A4版ブロマイド
  • KA15
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_遊馬晃祐A4版ブロマイド
  • KA13
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_集合L版ブロマイド
  • KA12
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_小坂涼太郎L版ブロマイドB
  • KA11
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_小坂涼太郎L版ブロマイドA
  • KA10
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_遊馬晃祐L版ブロマイドB
  • KA09
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_遊馬晃祐L版ブロマイドA

関連Movie

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る