太公望役・橋本祥平らが映像演出なしで挑む「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」が本日開幕!安里勇哉・輝山立・陳内将・大平峻也・畠中洋ら共演、ゲネプロ舞台写真&会見レポUP!!

  • 2019-1-13

藤崎竜さんが描いた、累計発行部数2200万部を超える大人気漫画が初のミュージカル化! 「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」が、1月13日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕を迎えます。
その前日には公開ゲネプロとともにキャストへの囲み取材が開催され、主演・橋本祥平さんをはじめ、安里勇哉さん、輝山立さん、陳内将さん、石田杏奈さん、大平峻也さん、畠中洋さんが公演への意気込みを語りました。

壮大な冒険の始まりを描く、「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」開幕!

壮大な冒険の始まりを描く、「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」開幕!

「封神演義」は安能務氏が翻訳した中国に伝わる怪奇小説を元に、藤崎竜さんが漫画化。1996年から2000年にかけて集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載され、累計発行部数は2200万部を突破! 昨年には『覇穹 封神演義』として12年ぶりにTVアニメ化されるなど、今なお根強い人気を誇っています。

「封神演義」初のミュージカルとして、脚本に丸尾丸一郎さん、演出に吉谷光太郎さんを迎えた今作では、「目覚めの刻」と題された通り、物語の序盤、主人公の太公望(たいこうぼう)が仙人界より『封神計画』の命を受けて旅するなかで、天才道士・楊戩(ようぜん)や、宝貝(ぱおぺえ)人間・哪吒(なたく)、崑崙山の道士・黄天化(こうてんか)ら仲間たちと出会い、悪政で人々を苦しめている仙女・妲己(だっき)や、殷(いん)に仕える聞仲(ぶんちゅう)ら強敵と一戦を交えるまでを描きます。

出演には、主演・太公望役に橋本祥平さん、太公望の力強い仲間となる楊戩役に安里勇哉さん、哪吒役に輝山立さん、黄天化役に陳内将さん、対して太公望の前に立ちはだかる強敵・妲己役に石田杏奈さん、申公豹(しんこうひょう)役に大平峻也さん、聞仲役には畠中洋さんと豪華キャストが集結! また、武吉(ぶきち)役に宮本弘佑さん、黄飛虎(こうひこ)役に高松潤さん、太乙真人(たいいつしんじん)役に荒木健太朗さん、紂王(ちゅうおう)役に瀬戸祐介さん、王魔(おうま)役に青木一馬さん、高友乾(こうゆうけん)役に武藤賢人さんが登場し、個性豊かなキャラクターたちを演じます。

【ゲネプロショット】

太公望(橋本祥平さん)は、宝貝・打神鞭&霊獣・四不象(操演・吉原秀幸さん)を授かり封神の旅へ!

太公望(橋本祥平さん)は、宝貝・打神鞭&霊獣・四不象(操演・吉原秀幸さん)を授かり封神の旅へ!

人間界では、仙女・妲己(石田杏奈さん)が殷の皇帝・紂王を惑わし、人々を苦しめていた

人間界では、仙女・妲己(石田杏奈さん)が殷の皇帝・紂王を惑わし、人々を苦しめていた

妲己を人間界から追い出すため、悪しき仙人たちの魂魄を封印する『封神計画』が始動

妲己を人間界から追い出すため、悪しき仙人たちの魂魄を封印する『封神計画』が始動

強力な宝貝・雷公鞭(らいこうべん)を操る申公豹(大平峻也さん)も太公望の前に現れ……

強力な宝貝・雷公鞭(らいこうべん)を操る申公豹(大平峻也さん)も太公望の前に現れ……

まずは妲己に近づくも、窮地に陥った太公望は自分だけでは力不足だと痛感することに

まずは妲己に近づくも、窮地に陥った太公望は自分だけでは力不足だと痛感することに

太公望は、生まれながらに3つの宝貝を身につけていたという哪吒(輝山立さん)と出会う

太公望は、生まれながらに3つの宝貝を身につけていたという哪吒(輝山立さん)と出会う

崑崙の仙人・太乙真人(右端・荒木健太朗さん)によって生み出された哪吒は……

崑崙の仙人・太乙真人(右端・荒木健太朗さん)によって生み出された哪吒は……

太公望に力を貸すかを決めるため、天才道士・楊戩(安里勇哉さん)はある行動にでる

太公望に力を貸すかを決めるため、天才道士・楊戩(安里勇哉さん)はある行動にでる

太公望に弟子入りを志願する青年・武吉(手前・宮本弘佑さん)など、次第に仲間が増えていく

太公望に弟子入りを志願する青年・武吉(手前・宮本弘佑さん)など、次第に仲間が増えていく

殷に代わる新王朝を作るべく、西伯侯・姫昌(きしょう/左端・陳内将さん)と立ち上がる

殷に代わる新王朝を作るべく、西伯侯・姫昌(きしょう/左端・陳内将さん)と立ち上がる

ある事件をきっかけに、紂王(左・瀬戸祐介さん)に仕えていた武成王・黄飛虎(右・高松潤さん)も殷を去ることに

ある事件をきっかけに、紂王(左・瀬戸祐介さん)に仕えていた武成王・黄飛虎(右・高松潤さん)も殷を去ることに

黄飛虎の息子で、仙人界で修行を積んでいた黄天化(陳内将さん)も仲間に加わることに

黄飛虎の息子で、仙人界で修行を積んでいた黄天化(陳内将さん)も仲間に加わることに

親友であった黄飛虎が殷を去ったと知り、殷太師・聞仲(畠中洋さん)は追手を放つ

親友であった黄飛虎が殷を去ったと知り、殷太師・聞仲(畠中洋さん)は追手を放つ

九竜島の四聖(しせい)・高友乾(左・武藤賢人さん)の攻撃にどう立ち向かうのか

九竜島の四聖(しせい)・高友乾(左・武藤賢人さん)の攻撃にどう立ち向かうのか

一方、四聖の王魔(右・青木一馬さん)と対峙した楊戩がとった戦術とは?

一方、四聖の王魔(右・青木一馬さん)と対峙した楊戩がとった戦術とは?

劇中ではキャスト陣の豊かな歌声が物語を彩るほか、中国を舞台に繰り広げられる壮大な冒険を、映像を一切使わずに、人の力のみで表現するという舞台ならではの演出も大きな見どころに! 仙人・道士たちが操る武具・宝貝から放たれる様々な技や、太公望の相棒的存在として空を飛ぶ霊獣・四不象(スープーシャン)の活き活きとした姿にも大注目です!

ゲネプロ直前に行われた囲み取材では、メインキャストより7名が衣装姿で登場。

(左から)申公豹役の大平峻也さん、妲己役の石田杏奈さん、聞仲役の畠中洋さん、太公望役の橋本祥平さん、楊戩役の安里勇哉さん、哪吒役の輝山立さん、黄天化役の陳内将さん

(左から)申公豹役の大平峻也さん、妲己役の石田杏奈さん、聞仲役の畠中洋さん、太公望役の橋本祥平さん、楊戩役の安里勇哉さん、哪吒役の輝山立さん、黄天化役の陳内将さん

まずは役作りについて聞かれ、主演・太公望役の橋本祥平さんは「太公望は『封神計画』を任される一番重要な役どころですが、漫画を読むとのほほんとしているのか、真面目なのか、すごくつかみにくい役柄で。ですが太公望の根っこには、羌(きょう)族出身として過去にひどいことをされたため、仙人を追い出して、安全な人間界を作ろうという芯があります。力の戦いというよりは、妲己との知能での戦いが見どころなので、何手も先を考えながらお芝居をしていくことを意識していました」と、策士を演じる心がけを語ります。

そして変化の術を得意とする楊戩役の安里勇哉さんは、「今回の舞台でも変化シーンが何回か出てくるんですが、その変化シーンにぜひ注目していただけたら! 変化しているときこそ、絶対にセリフを噛まないとか、絶対にミスをしないことを意識しました」と、変化の達人にして天才道士であるからこそ、特に間違えられない点を挙げてみせます。

また申公豹役の大平峻也さんが「物語の中では、傍観者として物事を見据えている役。それを稽古場から意識して、陳内くんを中心に流行っていた筋トレにも加わらずに傍観していました(笑)。本当は、本当はやりたかったんですけどね!?(笑)」と話すと、稽古場での筋トレリーダーだったという黄天化役の陳内将さんから「(役を)うまく利用したな?」というツッコミも。

そんな陳内さんを「筋トレ師叔(スース)」と慕い、「あらゆる身体作りを教えてもらいました!」と話した哪吒役の輝山立さんは「哪吒は宝貝人間で、武器をたくさん身につけているんですけど、その能力をどう表現していくのか。この一か月、自分も特に戦ったところなので、ぜひ観ていただけたら!」とコメント。哪吒が身につけている、空を飛ぶことができる宝貝・風火輪(ふうかりん)などの表現にも注目です!

そして衣装の下に見事な腹筋を覗かせていた陳内さんは、「他のキャラクターが数kmも伸びる鞭を使ったり、風を操ったり、変化したりする中で、僕はチャンバラ一本! 接近戦で戦う硬派な役です」とコメント。さらに「祥平が演じる太公望を、徐々に出てくるキャラクターたちがどう認め、支えていくのか。演じる僕ら自身を通した姿が描かれていると思いますので、そこが見どころのひとつです」と今作をアピールします。

誘惑の術(テンプテーション)を使い、人々をその美貌と色香で惑わす仙女・妲己役の石田杏奈さんは、「衣装が独特で、最初は恥ずかしさもあったんですが、キャラクターとしては物語のきっかけを作っていく人物で、小悪魔以上の悪魔のようだなと。テンプテーションを仕掛けていく上で、私もキャラ作りのために香水を変えました(笑)」と、キュートな笑顔を見せながら語ります。

そんな妲己と並ぶ強敵・聞仲役の畠中洋さんは、「圧倒的な存在感を意識して、稽古場からやってきました。ほかのキャラクターが早く動く中、ひとりゆったりと、悠然と動くことを意識しています」と、太公望たちの前に立ちはだかる存在らしい役作りをコメント。そんな畠中さんは、大平さんが「稽古序盤から畠中さんたち年上グループがすごい熱量で、僕たち若手もその熱に負けじと引っ張られ、いい作用を起こしていました!」と語るなど、熱き兄貴分としてカンパニーを支える存在だったようです。

ほか見どころなどが語られる中、橋本さんからは「アンサンブルを含め、全23名のキャストですが、プラス一匹、四不象(操演・吉原秀幸さん)という太公望を演じる上で欠かせないキャラクターもいます。今回は人形操作なんですが、舞台上では本当に四不象が生きています! 動きで表情も変わって見えるので、ちゃんと魂の入った四不象として観ていただけたら!」と、原作でも大人気のキャラクター・四不象についてのコメントも。

また橋本さんは「(原作漫画は)約20年前に連載された作品ということで、座組の中にはまだ生まれていなかった子も。でも根強いファン方がいるからこそ、今も作品に火がついていて、舞台化という素敵なご縁がありました。めちゃくちゃ原作が面白いので、その面白さをお届けしたいですし、原作を知らない方でも、この舞台を観て『先が気になる』『続きが読みたい』って思っていただけたら、何よりの幸せです!」とコメント、さらに「(演出の)吉谷さんが言っていたんですが、音楽の力は素晴らしくて! 音楽の力で、空を飛ぶこともできます。そういった力も目一杯使って完成された『封神演義』を、ぜひお楽しみください!」と話して締め括りました。

「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」は、2019年1月13日~2019年1月20日まで東京・EX THEATER ROPPONGIにて上演中。チケット情報ほか、公演に関する詳細は下記のInformationより公式サイトをご確認ください。
© 安能務・藤崎竜/集英社
© 「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」製作委員会

■大平峻也 荒木健太朗 輝山立 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

【公演概要】
■「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」
公演日程:2019年1月13日(日)~2019年1月20日(日)
会場:EX THEATER ROPPONGI

■出演
太公望役:橋本祥平 楊戩役:安里勇哉 哪吒役:輝山立 黄天化役:陳内将
武吉役:宮本弘佑 黄飛虎役:高松潤 太乙真人役:荒木健太朗
四不象(操演)役:吉原秀幸
妲己役:石田安奈 紂王役:瀬戸祐介 王魔役:青木一馬 高友乾役:武藤賢人
申公豹役:大平峻也 聞仲役:畠中洋

アンサンブルキャスト:
佐藤優次 澤邊寧央 多田滉 光永蓮
飯嶋あやめ さいとうえりな 熊田愛里 三宅妃那
町田尚規

■スタッフ
原作:藤崎竜(集英社文庫コミック版)安能務訳「封神演義」より
脚本:丸尾丸一郎
演出:吉谷光太郎
音楽:tak
振付:MAMORU
主催:「ミュージカル封神演義-目覚めの刻-」製作委員会

■チケット発売
価格:全席指定8,500円(税込)
チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/houshinengi-stage/
ローソンチケット
http://l-tike.com/houshinengi-stage/
イープラス
http://eplus.jp/houshinengi-stage/
CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/houshinengi-stage/

≪公式サイト≫
https://musical-houshin-engi.com/
≪公式twitter≫
@musical_houshin

関連商品

  • SE08
    [secret記憶の森]DVDお渡し会_L版ブロマイドD集合
  • SE07
    [secret記憶の森]DVDお渡し会_L版ブロマイドC安里勇哉
  • SE03
    [secret記憶の森]上映会_L版ブロマイドC安里勇哉
  • GCSB-028
    secret~記憶の森~
  • tokyo_ryuseigun005
    TOKYO流星群L版ブロマイドD(青木一馬)
  • tokyo_ryuseigun003
    TOKYO流星群L版ブロマイドB(安里勇哉)

関連Movie

    • 2017-12-1

    スマボMovie第8弾「secret~記憶の森~」

    主人公視点で3人のイケメンとのルートを選んで楽しむ、スマートボーイズの”スマボMovie”シリーズ第8弾は、ブラジリィー・アン・山田氏書き下ろしの恋愛サスペンス作品! 伊万里有さん、崎山つばささん、安里勇哉さんの…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る