極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』に新パート「語り師」が誕生!赤羽根健治、山口智大らに加え、初の女性キャストも

  • 2017-11-7

納谷 健さん、深澤大河さんらの出演で2018年3月に上演が決定している本格文學朗読演劇 極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』。極上文學シリーズといえば、“読み師”と“具現師”からなる構成で日本文學の上質な世界観を立体的に表現するスタイルが人気を集めていますが、今作から、読み師でも具現師でもない新たなパート、声だけで極上文學の世界を表現する”語り師“が誕生します!

第12弾は読み師×語り師×具現師が送る、新たな極上文學! 2018 年3月8日~13日 紀伊國屋ホールにて上演

第12弾は読み師×語り師×具現師が送る、新たな極上文學!
2018 年3月8日~13日 紀伊國屋ホールにて上演

“語り師”が初登場する記念すべき今作では、赤羽根健治さん、折笠富美子さん、竹内順子さん、田丸篤志さん、三浦祥朗さん、山口智広さんの6名の語り師が極上の世界を朗読します。極上文學史上初の女性キャストにも大注目です!

赤羽根健治さん

赤羽根健治さん

折笠富美子さん

折笠富美子さん

竹内順子さん

竹内順子さん

田丸篤志さん

田丸篤志さん

三浦祥朗さん

三浦祥朗さん

山口智広さん

山口智広さん

極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』は、2018年3月8日~13日に紀伊國屋ホールにて上演されます。チケットのキャラクター先行受付は、11月11日12:00よりスタート! 『朗読』に徹する語り師が、読み師たちにどう絡み、どう作品を彩るのか…読み師×語り師×具現師が送る、新たな極上文學をぜひ、劇場でお確かめください。

■公演概要
【日程】2018年3月8日(木)~13日(火)
【劇場】紀伊國屋ホール
【原作】宮沢賢治 【演出】キムラ真(ナイスコンプレックス)
【脚本】神楽澤小虎(MAG.net)【音楽】橋本啓一
【チケット料金】極上シート 8800 円、一般 5900円
【出演】
<読み師>
又三郎/納谷 健、深澤大河 よだか/藤原祐規、三浦海里 一郎・鷹/鈴木裕斗、白柏寿大 嘉助・弟/松本祐一、市瀬秀和
<具現師>
美木マサオ、福島悠介、濱仲 太(ナイスコンプレックス)、萩原 悠、百瀬友水(ナイスコンプレックス)
<語り師>
赤羽根健治、折笠富美子、竹内順子、田丸篤志、三浦祥朗、山口智広(五十音順)

チケット情報など、公演の詳細は下記Informationより公式サイトをご確認ください。

(C)2017 CLIE/MAG.net

☆Information

本格文學朗読演劇 極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』
【日程】2018年3月8日(木)~13日(火)
【劇場】紀伊國屋ホール
【チケット料金】極上シート 8800円、一般 5900円
【チケット情報】
・キャラクター先行
11月11日(土)12:00~11月19日(日)23:59
イープラス http://eplus.jp/gokujo/
・プレリザーブ
11月22日(水)11:00~11月26日(日)23:59
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/kaze-yodaka/ (PC・MB 共通)
・一般発売
12月2日(土)12:00~
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/kaze-yodaka/ Pコード:482-174
Confetti(カンフェティ) http://confetti-web.com/12th-kaze-yodaka/
イープラス http://eplus.jp/gokujo/
キノチケットカウンター 新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店5F(店頭販売 10:00〜18:30)
キノチケオンライン https://www.kinokuniya.co.jp/
≪公式サイト≫
https://www.gekijooo.net/
≪公式Twitter≫
@MAG_play

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る