神永圭佑・谷佳樹・遊馬晃祐が”推しキャラ”宣言合戦!舞台「OZMAFIA!! sink into oblivion」開幕!川﨑優作・安東秀大郎・大薮丘ら全18キャラソロ&会見・舞台写真34点UP!

  • 2019-10-24

舞台「OZMAFIA!! sink into oblivion」が、2019年10月23日(水)に東京・こくみん共済coopホール(全労済ホール)/スペース・ゼロにて開幕を迎えました。
ゲネプロでの舞台写真とともに、キャストから神永圭佑さん、谷佳樹さん、遊馬晃祐さん、一村すみれさんが登場した開幕会見でのコメント模様をお届けいたします。

IMG_1840

2013年にPoni-Pachietから発売されたゲーム「OZMAFIA!!」は、2016年に短編テレビアニメになり、翌2017年には初の舞台「OZMAFIA!!」を上演。名作童話の名前を冠したマフィアたちが支配する街を舞台に、記憶を失った少女・フーカと、様々なファミリーに属するマフィアたちの姿を描いた物語です。
その約2年ぶりの舞台化となる今作、舞台「OZMAFIA!! sink into oblivion」では初演からキャストを一新し、新たなファミリーも登場! 数多くの2.5次元舞台を手掛ける伊勢直弘さんを演出に迎え、新しいOZMAFIAの世界を描きます。

キャストには、物語の中心となるオズファミリーのボス、カラミア役には神永圭佑さん、相談役のキリエ役には谷佳樹さん、幹部のアクセル役には遊馬晃祐さんが登場。さらにグリムファミリーのボス、ハーメルン役には川﨑優作さん、ウォールフガングのリーダー、シーザー役に安東秀大郎さん、シーザーの右腕となるソウ役に大薮丘さんなど注目キャストが集結し、ヒロインのフーカ役は一村すみれさんが演じます。

【ストーリー】
記憶を無くした少女フーカ。
彼女が目覚めた街は名作童話の名前を冠したマフィア達が統べる街だった。
目覚めてすぐに命を狙われるフーカ。
しかし記憶がない為、なぜ自分が狙われているのかもわからない。
必死に逃げる彼女を助けたのは、街を支配するマフィアのひとつ『オズファミリー』だった。
フーカの記憶が戻る時、全ての謎が解明される。

【ゲネプロ舞台写真】
■オズファミリー

カラミア役の神永圭佑さん

カラミア役の神永圭佑さん

キリエ役の谷佳樹さん

キリエ役の谷佳樹さん

アクセル役の遊馬晃祐さん

アクセル役の遊馬晃祐さん

フーカ役の一村すみれさん

フーカ役の一村すみれさん

■グリムファミリー

ハーメルン役の川﨑優作さん

ハーメルン役の川﨑優作さん

スカーレット役の八島諒さん

スカーレット役の八島諒さん

ヘンゼル役の橋谷拓玖さん

ヘンゼル役の橋谷拓玖さん

グレーテル役の木下綾菜さん

グレーテル役の木下綾菜さん

■アンデルセンファミリー

アンデ役の星守紗凪さん

アンデ役の星守紗凪さん

エリング役の大見洋太さん

エリング役の大見洋太さん

■ハイジファミリー

ヘイディ役の小島ことりさん

ヘイディ役の小島ことりさん

ペーター役の恵麻さん

ペーター役の恵麻さん

■娼館『オスカー・ワイルド』

ドリアン・グレイ役の須永風汰さん

ドリアン・グレイ役の須永風汰さん

アルファーニ役の白石康介さん

アルファーニ役の白石康介さん

マンボイ役の小鳥遊潤一さん

マンボイ役の小鳥遊潤一さん

■シャーウッド診療所

ロビン・フッド役の黒沢隆智さん

ロビン・フッド役の黒沢隆智さん

■無法集団『ウォールフガング』

シーザー役の安東秀大郎さん

シーザー役の安東秀大郎さん

ソウ役の大薮丘さん

ソウ役の大薮丘さん

IMG_1776

IMG_1757

IMG_1759

IMG_1830

IMG_1926

IMG_1956

IMG_2153

IMG_2442

IMG_2261

IMG_2277

IMG_2560

IMG_2698

IMG_2734

ゲネプロ直前に行われた囲み会見では、オズファミリーのキャラクターを演じる神永圭佑さん、谷佳樹さん、遊馬晃祐さん、一村すみれさんが登場。

(左より)一村すみれさん、谷佳樹さん、神永圭佑さん、遊馬晃祐さん

(左より)一村すみれさん、谷佳樹さん、神永圭佑さん、遊馬晃祐さん

まずは開幕に向けて、カラミア役の神永さんから「稽古の1ヶ月間、それぞれが演出の伊勢さんと試行錯誤をし、悩みながらキャラクターについて考えてきました」と話し、続けて「とにかく上を目指してやってきたカンパニーです。びっくりするぐらいキャストの仲も良いので、舞台上でのチームワークとして出せたらと思います」と意気込みを語ります。

するとキリエ役の谷さんも、「伊勢さんが作り上げる作品はスピード感があり、最初の稽古ではキャストのみんなにも戸惑いや、経験値の差が如実に出ることもありました。それが最終稽古へと進むにつれて仲の良さも現れた座組になり、年齢が上の方の僕も、みんなの稽古をしている姿を見て刺激を受けましたし、自分もこの座組の力になれたらいいなという心持ちで挑んできました。このキャストのフレッシュなパワーを後押しできるよう、僕もひとつのピースとなって戦っていけたら!」と、カンパニーについてコメント。

続いてアクセル役の遊馬さんは、「公演を観てもらえたら分かると思うんですが、それぞれのファミリーに見せ場があります。そこをみんなが決めていければ、最後には必ず良い形でこの物語が終わっていくと思います。僕自身もみんなに負けないように、自分が与えられた仕事を一生懸命やっていきたいと思います」と、熱意たっぷりに力強く語ります。

そして物語のヒロイン、フーカ役の一村さんは「2年前の初演と同じストーリーではあるんですが、キャスト全員に演出家さんも違うので、全然違う内容の濃い作品になっていると思います。様々な愛が描かれた作品でもあり、マフィアがテーマということでハラハラドキドキに胸キュンもあり……そういった人間ドラマを、私たちのチームワークを活かしてより濃くお伝えできたら」と、意気込みとともに再演ならではの変化を挙げます。

4人がそれぞれに思う見どころでは、神永さんから「僕はマフィアのボス役なので、その威厳をどう作っていくか、懐の広さを見せるという部分は伊勢さんとも話し合いました。悩んで作ってきた部分だからこそ、注目してほしいです」と、役作りについてコメント。
また谷さんは「新しい登場人物が増えているので、そこは初演とは違う色になっていると思います。初演をご覧になった方にはその違いを、初めてご覧になる方には物語の世界観や各キャラクターが何を考えているのか、それぞれの葛藤を見てほしいです」と続けます。

一方で遊馬さんは、「やっぱりキュンキュンでしょ!」と笑顔でひと言! さらに「キリエのあんなシーンや、カラミアのこんなシーン、そして僕の超絶濃厚なラブシーンも!?(笑)」と続ける遊馬さんに、神永さん&谷さんからも笑いながら「そんなにある!?(笑)」「言ったからには毎公演やらせるよ!?」とツッコミが。果たしてどんなシーンが見られるのか、舞台での胸キュンポイントにも注目です。

そして一村さんはヒロイン視点として、「私の役は、ゲームでのプレイヤーになるキャラクターです。かっこよくて個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるので、“私だったらこの人が好きだな”という推しキャラクターも見つけられると思います」とコメント。そこで“一村さんは誰推し?”という質問が飛ぶと、「一村すみれとしては……キリエが好きです」との回答が!
谷さんが「よっしゃ! じゃあ、カーテンコールは僕が真ん中に立ちます!(笑)」と喜ぶ一方で、一瞬で顔色を変えて「おつかれさまでした~」とそのまま会見の場から立ち去ろうとする神永さん&遊馬さん。その姿に、マスコミ&スタッフからも笑いが溢れます。

そこで観客からも“推しキャラ”として選んでもらうべく、男性キャストへ“演じるキャラクターの魅力をアピールして!”というリクエストが飛ぶと、遊馬さんはアクセルについて「最初は記憶のない女の子としてフーカを警戒しているんですが、それでもアクセルなりの優しさや、男気を見せて近づいていく。色々なドラマがある中で、次第に変化していく姿が魅力です」とコメント。さらに遊馬さんは「アクセルは落とそうと思っていないんです。落ちるんです!」と自信の言葉を続けます。

続く谷さんは、キリエについて「キリエはどこか掴めない存在。掴めない人って、追いかけたくなるじゃないですか? ヒロインを翻弄していく、何か気になるなと思っているうちに、最初は一推しじゃなく二推しくらいなんだけど、気付くと一推しになっている。そんな魅力があるキャラクターです」と熱弁! 「カーテンコールの頃には、『なんか谷佳樹が、キリエが気になる!』という気持ちで帰っていただければ」とこちらも自信たっぷりに聞かせてくれます。

そして最後に神永さんは、カラミアの魅力を「ボスであるカラミアは、臆病なライオンが勇気を手に入れたキャラクター。この曲者揃いのオズファミリーの中でも、唯一最初からフーカを温かく迎え、一番近いところで見守っていく存在です。とにかく大きな人間だと思っているんですが、そんな存在が『誰かのためにこれをやる』と決めた時の歯止めの効かない大きな力、そこもライオンならではの真っ直ぐさだと思います」とコメント。そして「頼れる安心感で落とします」と、こちらも力強く宣言しました。

IMG_1686

囲み取材の最後には、谷さんが「変化のある男、掴めない男、頼れる男。色んな種類のイケメンがいます!」とまとめたように、個性あふれるオズファミリーはもちろん、ほかファミリーに属するキャラクターたちも魅力がたっぷり! ファミリーごとに描かれるキャラクターたちの関係性や、それぞれのドラマにも注目です。

舞台「OZMAFIA!! sink into oblivion」は、2019年10月23日(水)~27日(日)まで東京・こくみん共済coopホール(全労済ホール)/スペース・ゼロにて上演中です。
チケット情報ほか、公演詳細は下記のInformationより公式サイトにてご確認ください。
©2019 T-ME合同会社

■遊馬晃祐 大薮丘 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

■こくみん共済 coop ホール(全労済ホール)/スペース・ゼロ 提携公演
舞台「OZMAFIA!! sink into oblivion」

公演日程:2019年10月23日(水)~27日(日)全 8公演
劇場:こくみん共済coopホール(全労済ホール)/スペース・ゼロ

出演:神永圭佑 谷佳樹 遊馬晃祐 一村すみれ / 川﨑優作 八島諒 橋谷拓玖 木下綾菜 / 星守紗凪 大見洋太 / 小島ことり 恵麻 / 須永風汰 白石康介 小鳥遊潤一 / 黒沢隆智 / 安東秀大郎 大薮丘 (ファミリー毎順)

坂本和基 橋本征弥 平澤佑樹 関根耀 深澤悠斗 辻村晃慶

原作:Poni-Pachet SY,HOBIBOX
監修:ゆーます(Poni-Pachet SY)
脚本:小日波著書
演出:伊勢直弘
主催・企画制作:T-ME合同会社

チケット価格:プレミアムシート8,500円 指定席7,000円
チケット販売:ローソンチケット、チケットぴあ、CN プレイガイド、楽天チケット、スペース・ゼロ チケットデスク

≪公式サイト≫
http://ozmafia-stage.com/
≪公式Twitter≫
https://twitter.com/ozmafia_stage ( @ozmafia_stage )

関連商品

  • 2019asuma_clB
    [遊馬晃祐]《通常・配送版》 「2019.04-2020.03 カレンダー」【B】A3大判カレンダー
  • 2019asuma_clA
    [遊馬晃祐]《通常・配送版》 「2019.04-2020.03 カレンダー」【A】卓上カレンダー
  • SM08-08
    [スマチャレ!!第8弾]大薮丘×大隅勇太L版ブロマイドB
  • SM08-07
    [スマチャレ!!第8弾]大薮丘×大隅勇太L版ブロマイドA
  • SM08-03
    [スマチャレ!!第8弾]大薮丘L版ブロマイドC
  • SM08-02
    [スマチャレ!!第8弾]大薮丘L版ブロマイドB
  • SM08-01
    [スマチャレ!!第8弾]大薮丘L版ブロマイドA
  • KA17
    [隠れ家で夜ふかし]DVDイベ_集合A4版ブロマイド

関連Movie

    • 2018-3-8

    大薮丘2018.04-2019.03カレンダー Making Movie

    大薮 丘(おおやぶ たか)さんはミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン・立海 丸井ブン太役でブレイク! スマボから3月に発売される大薮丘2018.04-2019.03カレンダーの撮影に密着したメイキング映像…
    詳細を見る
    • 2018-2-28

    スマボMovie第9弾「隠れ家で夜ふかし」

    『隠れ家で夜ふかし』(全6話) 出演:高橋健介 遊馬晃祐 小坂涼太郎 / 横田龍儀 平田裕一郎 【あらすじ】主人公(あなた)の結衣は華やかな大学生活を夢見て上京したものの、趣味もカレシもなく退屈な日常をおくっ…
    詳細を見る
    • 2017-5-26

    スマ恋第3弾「夏空の君と」

    本作は"スマホみたいに身近な恋"を描いた「スマ恋」シリーズ第三弾。主演は、舞台「あんさんぶるスターズ on stage」の山本一慶さん。共演に演劇「ハイキュー!!」の遊馬晃祐さん、ミュージカル「ヘタリア」の上田悠介さん、…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る