テニミュ3rd青学vs山吹が開幕!8名になった山吹ほか全校ゲネ画像&古田一紀ら会見レポUP!

  • 2015-12-25

2014年11月の始動から2度目の冬を迎えたミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン、青学(せいがく)テニス部が、新たな強豪・山吹中と都大会優勝の座を争う最新公演がクリスマスイブに開幕!

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs山吹が、12月24日にTOKYO DOME CITY HALLにて公演初日を迎えました。
越前リョーマ役を演じる古田一紀さんら、キャスト4名が登場した開幕直前会見レポートとあわせて、ゲネプロでのステージ模様を速報でご紹介します。

亜久津とリョーマ、負けられない2人の戦いの行方は!?

亜久津とリョーマ、負けられない2人の戦いの行方は!?

ミュージカル『テニスの王子様』とは、「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画「テニスの王子様」を基に2003年に公演がスタート。舞台化不可能と思われたテニスの試合をピンスポット照明とラリー音でステージ上に再現、完成度の高い斬新な振付、漫画のセリフをもとに作られた心に刺さるキャッチーでつい口ずさみたくなるような楽曲が話題を呼び、12年に渡って”テニミュ”の愛称で人気を集め、観客を魅了し続けている大ヒットシリーズです。

前作「3rdシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ」では、これまで凝縮して描かれてきた聖ルドルフ戦のストーリーがより鮮明に描かれ、新曲が追加されたほか、出演キャラクターに聖ルドルフのテニス部副部長・野村拓也(通称:ノムタク)がテニミュへ初登場。さらにチームカラーが濃くなり、新たな聖ルドルフの魅力を堪能できる公演となっていました。

そして迎えた最新作では「3rdシーズン 青学(せいがく)vs山吹」と題し、聖ルドルフら強豪を下し勝ち上がった青学(せいがく)と、“ラッキー千石”の異名を取る千石清純、圧倒的な素質を持つ悪童・亜久津 仁らを擁する名門校の山吹中がぶつかる、熱き都大会決勝戦を描きます!
今作でも前作での聖ルドルフ・ノムタクの初登場に続き、山吹中の新渡米稲吉、喜多一馬という2人の新キャラクターがテニミュへ初登場。今作から全8名となった、山吹中を演じるキャストは以下の通り。

【山吹中キャスト】
南 健太郎役/北川尚弥、千石清純役/森田桐矢、亜久津 仁役/川上将大、東方雅美役/辻 凌志朗、新渡米稲吉役/登野城佑真、室町十次役/仁科祐二、喜多一馬役/蒼木 陣、壇 太一役/佐野真白(敬称略)

初日公演の直前に行われた会見には、今作で熱きシングルスマッチを繰り広げる青学(せいがく)・越前リョーマ役の古田一紀さん、桃城 武役の眞嶋秀斗さん、山吹・千石清純役の森田桐矢さん、亜久津 仁役の川上将大さんの4名が登場しました。

(写真左より)会見に登場した千石清純役の森田桐矢さん、越前リョーマ役の古田一紀さん、桃城 武役の眞嶋秀斗さん、亜久津 仁役の川上将大さん

(写真左より)会見に登場した千石清純役の森田桐矢さん、桃城 武役の眞嶋秀斗さん、越前リョーマ役の古田一紀さん、亜久津 仁役の川上将大さん

まずは座長・リョーマ役の古田さんから「亜久津とリョーマの試合は、原作を読んですごく感動したシーンだったので、自分が演じることで、あの初めて読んだときの気持ちを伝えられたら」と、今作への意気込みをコメント。さらに、リョーマの対戦相手となる亜久津役の川上さんを横目に「亜久津って、個人的にはこんなのが横にいたら怖いですけど(笑)、でもリョーマは臆せずに向かっていくので、その姿も見どころです」と、体格も大きく違う2人のプライドがぶつかり合う熱戦を語ります。

続いて桃城役・眞嶋さんは「不動峰戦では補欠、聖ルドルフ戦ではダブルスだった桃城が、今回はシングルス3で千石と対戦します! 青学(せいがく)の中で立場を確立させていく姿を見せて、桃城の熱いパワーで皆さんの心を揺さぶりたいです」と、桃城に負けない熱さでコメント。また眞嶋さんは、今作から描かれる山吹中との試合前の青学(せいがく)校内戦のシーンに触れ「あっけらかんと楽しく明るく、でも競い合うことで、お互いを高め合っていくのが青学(せいがく)らしい」と話しつつ、「青学(せいがく)は1曲目に新曲もあるので、そこにも注目です」とさわやかな笑顔をみせます。

青学(せいがく)は、リョーマvs不二、桃城vs手塚の戦いが描かれる校内戦のシーンも

青学(せいがく)は、リョーマvs不二、桃城vs手塚の戦いが描かれる校内戦のシーンも

一方、今作でテニミュ初出演となる千石役・森田さんは、「曲者の桃城と、食わせ者の千石、この2人がだましだまされる、駆け引きがある試合なので原作に忠実に演じたいと思います。そして千石のメイン曲も楽しんでもらえたら!」と、山吹のキーマン・千石についてコメント。そして他のテニミュ・キャラとは一線を画す悪童ぶりを見せる亜久津を演じる川上さんは「3rdシーズンの亜久津は、悪いです! すっごい悪いです! 悪さを全面に出していこうと思うので、怖いです! ソロでの新曲もあるので、迫力を見せます」と、とにかく”悪い&怖い”を強調。大きな体に鋭い目つき、ステージで暴れる姿に注目です。

対戦校はラッキー千石、南&東方の地味'S、そして亜久津と個性派ぞろいの名門校・山吹中

対戦校はラッキー千石、南&東方の地味’S、そして亜久津と個性派ぞろいの名門校・山吹中

そんな川上さんが「新渡戸と喜多が増えて、原作では描かれていない2人の姿も描かれています。そこを含めて素晴らしいものになったので、8人になった新しい山吹を観てください」と山吹をPRすると、森田さんは「アンコールソングで、新曲『シャカリキ・ファイト・ブンブン』をみんなで踊ります! 振付動画が公式サイトで公開されているので、皆さんぜひ覚えて一緒に踊りましょう」と千石らしく、楽しいアンコールについてPRします。

そして眞嶋さんが「年末から年明けにかけての42公演、テニミュで盛り上がるぞ!」と意気込み、最後は「リョーマの誕生日のクリスマスイブにスタートして、これからクリスマス、大晦日、お正月、節分、バレンタインと、冬の行事を総ざらいできる期間の公演になっていますので、それぞれその日にはなにかあるかも? そこも楽しみにしていてください!」と、リョーマとしての誕生日を迎えた古田さんの、期待が高まるコメントで会見は終了となりました。

新たな仲間が加わり、ますますカラーが濃くなった山吹中を演じる8名の新キャストはもちろん、前作に引き続き出演する青学(せいがく)キャスト、そしてストーリーを盛り上げるライバル校・聖ルドルフキャストの活躍ぶりも必見! 新たに7曲が加わった3rdシーズンの山吹公演で、この冬も熱く盛り上がれること間違いナシです。

前回の対戦相手、聖ルドルフの面々も登場して新曲を披露!

前回の対戦相手、聖ルドルフの面々も登場して新曲を披露!

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs山吹は、12月27日まで上演中の東京公演を皮切りに全国5都市で上演、そして2016年2月12日から再び東京凱旋公演が上演です。留まることを知らないテニミュの進化と勢いに、これからも目が離せません! 最新情報は、Informationから公式サイトをチェックしてください。

(c)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
(c)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

☆Information

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs山吹
【東京公演】2015年12月24日~12月27日 TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】2015年12月30日~2016年1月10日 大阪メルパルクホール
【愛知公演】2016年1月15日~1月17日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【福岡公演】2016年1月29日~1月31日 キャナルシティ劇場
【宮城公演】2016年2月6日~2月7日 多賀城市民会館 大ホール
【東京凱旋公演】2016年2月12日~2月21日 TOKYO DOME CITY HALL
《公式サイト》
http://www.tennimu.com/
《テニミュ・モバイル》
http://tennimu.jp

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る