『ACCA13区監察課』が11月舞台化決定!荒木宏文・丘山晴己の演じるジーンとニーノのビジュアルも公開

  • 2017-8-4

月刊「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)連載のオノ・ナツメによる漫画を原作とし、2017年1月より放送されたTVアニメ『ACCA13区監察課』が、ついに舞台化!

TVアニメ『ACCA13区監察課』が舞台化

TVアニメ『ACCA13区監察課』が舞台化

「もらいタバコのジーン」の異名を持つ謎多き男、ジーン・オータスを演じるのは、確かな演技力と独特の存在感を持つD-BOYSの荒木宏文さん。ジーンの友人で物語のカギを握るニーノを演じるのは、日本とアメリカを拠点に活動し、豊かな表現力で観客を魅了している丘山晴己さんという、実力派の2名がそろいました。

■『ACCA13区監察課』とは
月刊「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)に連載され、アニメ化(TOKYO MX ほか)もされたオノ・ナツメの大人気マンガ。
13の自治区に分かれた王国にある巨大統一組織“ACCA(アッカ)”。各自治区に不正がないか視察する監察課副課長のジーン・オータスは「もらいタバコのジーン」の異名を持つ組織きっての“食えない男”。そんなジーンのまわりに不穏な噂が流れはじめ、国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。
組織に生きる男たちの“粋”様(いきざま)がドラマチックに描かれた作品。

荒木宏文さん

荒木宏文さん

■ジーン・オータス役
荒木宏文(Hirofumi Araki)
1983年6月14日生まれ 兵庫県出身
<最近の主な出演作品>
ミュージカル『刀剣乱舞』にっかり青江 役
舞台「スマイルマーメイド」ケント 役
ミュージカル「黒執事」劉 役
ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」ジェラール・フェルナンデス 役

丘山晴己さん

丘山晴己さん

■ニーノ役
丘山晴己(Haruki Kiyama)
1985年1月10日生まれ 東京都出身
<最近の主な出演作品>
ミュージカル「RENT」エンジェル 役
ミュージカル「スタミュ」鳳樹 役
ブロードウェイ公演「The Illusionists」(初の日本人出演者として抜擢)
「マシューボンの 『ドリアン・グレイ 』」ドッペルゲンガー 役

追加キャストの発表など、今後の情報解禁に期待が高まります。この情報解禁とともに、公式HP、公式ツイッターも解説。下記Informationより、リンク先をチェックしてください。

©オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA製作委員会
©舞台ACCA製作委員会

☆Information

舞台『ACCA13区監察課』
2017年11月上演
《公式HP》
http://www.acca-stage.com/
《公式Twitter》
https://twitter.com/ACCA_stage

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る