GW公開の映画『恋するふたり』主演、染谷俊之インタビュー特集・前編「カタギリは、かなりパンチの効いたキャラクター!」

  • 2019-4-3

人気俳優の染谷俊之さんと、“次世代のミューズ”と注目を集める女優・芋生悠さんがW主演する、こじらせ男女のロードムービー! 映画『恋するふたり』が5月3日(金・祝)よりシネ・リーブル池袋にて公開されます。
いよいよ予告編も公開された今作について、スマートボーイズでは芋生さん演じるヒロイン・“サチコ”を振り回す、“超”自己チュー男の“カタギリ”こと片桐駿介役を演じる染谷さんにインタビュー! その模様を2日連続更新、まずは前編からお届けいたします。

映画『恋するふたり』主演・染谷俊之さんに見どころ&撮影の思い出をインタビュー!

映画『恋するふたり』主演・染谷俊之さんに見どころ&撮影の思い出をインタビュー!

稲葉雄介監督による映画『恋するふたり』は、自己チュー男と引っ込み思案な女、この不器用で痛々しい“恋するふたり”の姿をロードムービーとして描いたノンストップ ラブコメディ。
映画に舞台に大活躍中のイケメン俳優・染谷俊之さんが、自由で無職の“超”自己チュー男・カタギリ(片桐駿介)を演じ、カタギリに振り回される優柔不断なヒロイン・サチコ(吉澤幸子)には、数々の話題作に出演する次世代のミューズ・芋生悠さんが登場。ほか、幸子と付き合っているバンドマン・小嶋真広役に井澤勇貴さん、真広のバンドメンバー・パプリカ役に西川俊介さんも共演する注目作です。

lop_1+_jp

【作品概要】
映画『恋するふたり』
5月3日(金・祝)GWよりシネ・リーブル池袋にて公開

キャスト:
染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一
高木 渉 山下容莉枝
星野真里(特別出演)

監督:稲葉雄介

main

【ストーリー】
特に夢も希望もない23歳のサチコ(芋生悠)はバンドマンのマヒロ(井澤勇貴)と付き合っていることだけが、唯一のアイデンティティー。そんな彼女の前に突然、ナルシストで自己中心的なフリーター(?)カタギリ(染谷俊之)が現れる。
「サチコの男が俺の婚約者と浮気しているんだよね。」
互いの恋人を取り戻すべくサチコとカタギリは、マヒロのいる湖畔のスタジオへとレンタカーを走らせる。
まさか、この旅が”ふたり”の人生を変えるキッカケへとなるとは思うはずもなく・・・空気を読めない男と、読みすぎる女の不器用で痛々しい恋の物語が走り出した、果たして2人は“恋するふたり“になることが出来るのか?

sub1

sub2

sub3

sub4


※Androidの方はタイトルをタップしてYouTubeでご覧ください。

染谷さんへのインタビュー特集・前編では、一風変わったロードムービーかつ、クセのある役柄・カタギリを演じた今作について、撮影中の思い出や注目ポイントを聞かせてくれました!

■染谷俊之さん インタビュー前編
「カタギリは、かなりパンチの効いたキャラクター!」

IMG_5977

――映画『恋するふたり』は、“不器用で痛々しい「恋するふたり」のロードムービー”。これまで主演してきた映画『カニを喰べる。』に始まる『田宮・青島』シリーズでは、男性の友人たちとの珍道中を繰り広げてきた染谷さんですが、今作では初対面の女性との連れ立つ姿が描かれています。

染谷俊之(以下、染谷) 確かに、ジャンルは同じロードムービーですが『田宮・青島』シリーズとは真逆の設定ですね! しかも芋生ちゃん(吉澤幸子役の芋生 悠さん)と一緒のシーンがすごく多かったので、撮っている時も新鮮な感覚がありました。

――そんな今回の旅のお相手、“サチコ”こと吉澤幸子役の芋生さんはどんな印象でしたか?

染谷 とにかく一緒のシーンが多いので、芋生ちゃんがイヤな子だったらどうしようと思っていたんですけど(笑)。すごくいい子で、まだ若いのにしっかりしていて。僕としては、“なんだか気が合ってるな”と感じられる子でした。

――撮影されたのは約2年前と伺ったんですが、現在21歳の芋生さんは、今よりさらに若い年齢で。

染谷 そうだ、まだ20歳になる前でした! 僕のちょうど10歳下なので、今は21歳になっているのか~(しみじみ)。

――すっかりお兄さん気分ですね(笑)。

染谷 劇中でも僕が演じる片桐駿介は29歳、芋生ちゃんの演じる幸子は23歳で、僕が6歳上という設定なんです。まあまあ年上なのに、自己中でダメなヤツという(笑)。

――そんな“自己チュー男”と“引っ込み思案な女”の2人が、出会ってすぐさま、ある場所を目指して旅立つ今作。このお話を最初に聞いた時、どんな印象を持ちましたか?

染谷 まずは僕の演じる片桐駿介という役柄が、かなりパンチの効いたキャラクターだなと! 無職で、破天荒で、自己中心的で……でも間違ったことは言っていないという、絶妙な感じがすごく難しい役柄だと思いました。その対比として、吉澤幸子という役はどこにでもいるような女の子で、悩みもありきたりで、仕事の退屈さとかも抱えていて。そんな2人が一緒にいるうちに、幸子は色んなことに気付いていくし、駿介も少しずつ成長していく。この関係性が、とても素敵だなって思いました。

――撮影では、大変だったことはありましたか?

染谷 稲葉雄介監督のこだわりで、ワンカットずつが結構長かったんです。それで、いわゆる“長台詞”というやつが、台本のほぼ全部のページに散りばめられていて……(台本をめくりながら)。ほら見てください、この量!(笑)

――1ページまるごと、駿介のセリフですね!

染谷 こういうのが、随所にあるんです(笑)。それは僕にしろ、芋生ちゃんにしろ、大変だったと思います。

――それに駿介は、周りの人をどんどん言いくるめていくような口の立つ役柄で、そのテンポ感も重要だったのでは?

染谷 そうですね。言葉に詰まってはいけないというか、論破していかないといけないので(笑)。でも芋生ちゃんとのお芝居は、セリフの量としては大変だったんですけど、苦労したという感覚はなくて、すごくやりやすかったです。この掛け合いはぜひ、映画で観ていただきたいです!

IMG_5935

――今までにも個性的な役柄を演じてきた染谷さんですが、駿介はその中でもかなり、強烈な個性を持った存在では?

染谷 でも、間違ったことは言っていない!(笑) 正論を言いすぎる人って、嫌われてしまう面もあるじゃないですか? 「それ言う?」みたいなことまで言ってしまう、だけどどこか憎めない。そのギリギリのラインを狙うのは、役作りの中で難しいところでした。

――映画を一足先に拝見させていただきましたが、正体不明の男として登場した駿介が、どんどん人をイライラさせる力を発揮していて(笑)。

染谷 駿介は自分に正直に生きているがゆえに、周りの人からも嫌われちゃうような面があって。でもそれを全く気にしていないのかと言ったら、本当はちょっと気にしているんですよね(笑)。

――ひょうひょうとしている一方で、そんな姿はとても人間臭く見えました。

染谷 駿介が弱い部分や本音を吐露するシーンもあって、実はすごく人間性に溢れているキャラクターなのかなと。器用そうで、本当はすごく不器用な男なんだと思います。

(インタビュー後編へ続く)

明日更新の後編では、カタギリのように染谷さんが“こだわり”を持っていることや、これまでの出演作品に隠された共通点の話題も。インタビュー後編も要チェックです!

映画『恋するふたり』は、5月3日(金・祝)GWよりシネ・リーブル池袋にて公開!
そして公開初日の5月3日(金・祝)には、染谷俊之さん、芋生悠さん、稲葉雄介監督による舞台挨拶も開催決定。舞台挨拶回の上映チケットは4月5日(金)午前11:00まで先行プレリザーブが受付中、4月6日(土)午前10:00より一般発売となります。
ほか作品に関する最新情報は、下記Informationから公式サイトをご確認ください。

(C)2018「恋するふたり」製作委員会

■染谷俊之 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

【作品情報】
■映画『恋するふたり』
5月3日(金・祝)GWよりシネ・リーブル池袋にて公開

キャスト:
染谷俊之 芋生 悠
井澤勇貴 笠原崇志 西川俊介 石井智也 岡野陽一
高木 渉 山下容莉枝
星野真里(特別出演)

監督:稲葉雄介
脚本:大浦光太 音楽:Paranel
製作:菅谷英一 佐藤宙史 橋本大輝 兼田哲二
企画:村田 亮 プロデューサー:江良 圭 長田安正
撮影:葛西幸祐 照明:谷本幸治 録音:光地拓郎 編集:早野 亮 助監督:浜潟 尚
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ アシスタントプロデューサー:打田まりか
制作プロダクション:GFA  宣伝・配給:ユナイテッド エンタテインメント

「恋するふたり」製作委員会
GFA リバプール 代々木アニメーション学院 ユナイテッドエンタテインメント プレフィス

【初日舞台挨拶 開催決定!】
■日程/会場
5月3日(金・祝) シネ・リーブル池袋
■実施時間
・10:30の回上映終了後
・13:05の回上映開始前
■登壇者(予定)
染谷俊之さん、芋生悠さん、稲葉雄介監督
※登壇者は、予告なく変更となる場合がございます
■チケット料金
2,000円(税込)均一
■チケット販売
「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様4枚までの購入とさせていただきます。
■販売スケジュール
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
3月30日(土)AM11:00~4月5日(金)AM11:00まで
・インターネット購入:http://w.pia.jp/t/love2/ ※PC・モバイル共通
※抽選は、4月5日(金)夕方となります。
※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。
※支払い方法はクレジット決済のみとなります。ご了承ください。

◆一般発売
4月6日(土)AM10:00~
・インターネット購入:http://w.pia.jp/t/love2/ ※PC・モバイル共通
・店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗/セブン-イレブン
・電話予約:0570-02-9999

©2018「恋するふたり」製作委員会

≪公式サイト≫
http://love2.united-ent.com/ja/
≪公式Twitter≫
https://twitter.com/lovein_para

関連商品

  • GCSB-034
    スマボMovie第10弾『regret~放課後の罠~』

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る