舞台『熱海殺人事件』が開幕!味方良介・多和田秀弥・黒羽麻璃央が新世代のつか演劇に挑む

  • 2017-2-19

つかこうへい氏による代表作『熱海殺人事件』が、新世代のキャストによって生まれ変わる! 舞台『熱海殺人事件 NEW GENERATION』が2017年2月18日に新宿・紀伊國屋ホールにて公演開幕を迎え、その前日に公開ゲネプロと合わせて開催された会見で、演出の岡村俊一さん、キャストから味方良介さん、文音さん、多和田秀弥さん、黒羽麻璃央さんが今作への意気込みを語りました。

つか演劇の代表作が、新世代の役者によって紀伊國屋ホールに甦る!

つか演劇の代表作が、新世代の役者によって紀伊國屋ホールに甦る!

2010年にこの世を去った、日本演劇界が誇る演出・劇作家であるつかこうへい氏による代表作『熱海殺人事件』。今作は1973年に文学座に書き下ろされ、岸田戯曲賞を受賞。その後は紀伊國屋ホールを拠点に何度も再演を重ね、主演も三浦洋一さん、風間杜夫さんをはじめ、阿部寛さん、池田成志さん、山崎銀之丞さん、馬場 徹さんなど名だたる俳優陣が務め、その歴史を作ってきました。

タイトル、キャストを変えながら上演され続けてきた「熱海殺人事件」が、つかこうへい氏の遺志を引き継いだ作品として、つかこうへい復活祭の名のもとに紀伊國屋ホールで新たに生まれ変わる! 主要キャスト4名にはまさに新世代と言える全く新たなメンバーを迎え、舞台『熱海殺人事件 NEW GENERATION』と銘打ち、岡村俊一さん演出の元で上演となりました。

キャストには、木村伝兵衛部長刑事に『新・幕末純情伝』で桂小五郎を演じた味方良介さんが史上最年少24歳で挑み、対する犯人大山金太郎に、ミュージカル『刀剣乱舞』の主演などで注目を集める黒羽麻璃央さん。水野朋子婦人警官には、1986 年映画版でヒロインを演じた志穂美悦子の娘、文音さん。そして富山から来た田舎の刑事熊田留吉に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』などで活躍の多和田秀弥さんを迎え、まったく新しい「熱海殺人事件」を作り上げます。

公演前日、マスコミへの公開ゲネプロとともに、キャスト4名が岡村さんとともに開幕会見に登場。意気込みコメントと合わせて、公演ゲネプロでのステージ写真をお届けします。

(左から)文音さん、黒羽麻璃央さん、味方良介さん、多和田秀弥さん

(左から)文音さん、黒羽麻璃央さん、味方良介さん、多和田秀弥さん

【初日挨拶コメント】
■木村伝兵衛部長刑事役 味方良介さん
紀伊國屋ホールで『熱海殺人事件』という作品を、この若い世代でできるということが“NEW GENERATION”と言われる所以ですので、僕たちが新たにつかさんの遺志を背負い、岡村さんの元で後世に伝えていけたらと意気込んでいます。若いからと言って、なめられたくない。これだけできてればすごいよね、と言われるところで止まりたくないので、若いのにこいつらすごいな、と思われるような芝居を目指して、若さに甘えたくないと思っています。本気で作った、すべてが観る方にも僕たちにもプラスになる作品だと思っています。ぜひ劇場で体感してください。

■犯人大山金太郎役 黒羽麻璃央さん
昔から続いている歴史ある作品を、“NEW GENERATION”として僕たちが引き継がせていただくことに最初はプレッシャーもあったんですが、稽古が始まるととても楽しい日々を過ごせました。辛くもあり、だけどみんなで作り上げていく楽しさも感じていたことを忘れずに、僕らにしかできない『熱海殺人事件』で、紀伊國屋ホールに新しい風を吹かせられたらと思って頑張ります。若い僕たちがやることで、お客さんも『熱海殺人事件』を知らない若い方が観に来てくださると思うので、そうやって次世代に繋がっていく輪を伝えていきたいです。

■婦人警官水野朋子役 文音さん
『熱海殺人事件』はつかさんが紀伊國屋ホール専用に手掛けたと聞いたので、いま紀伊國屋ホールで上演することができるということを本当にうれしく思います。生きることの大切さを皆さんに感じ取っていただけたらいいなと思いながら、必死に演じさせていただきます。

■熊田留吉刑事役 多和田秀弥さん
『熱海殺人事件』は、僕たちと同世代の若い役者にとっては本当に“出たい、出たい”と熱望している作品ですので、いまこうして僕たちが各々の役割をもらって演じられることは、ひとつの使命だと感じています。みんなの想いを背負い、“NEW GENERATION”の想いを届けられたら。若いからこそできること、稽古場で岡村さんに言われた“若いやつは身体が動かせる、それしかないんだ!”という言葉がすごく胸に刺さったので、若い肉体でやることの意味を、エネルギーで届けていきたいです。

■演出・岡村俊一さん
つかさんが亡くなって7年、以来紀伊國屋ホールでの公演をやらせていただいていますが、今年ついにつかさんと全く関わりのないキャストでの公演となりました。『熱海殺人事件』を知らない人たちが集まって、どこまで昔のことを再現できるか、という時代に今後なっていくわけですから、“ちゃんとやってるな”という形に残せるように頑張ってみましたので、ぜひご期待ください。
若い肉体が一生懸命にやるのに一番適しているからこそ、40年以上も演じられている作品ので、彼らなりの世代で咀嚼して、再現するのではなく彼ら自身がどう楽しんで演じてくれるか期待しています。

【ゲネプロ舞台写真】

タキシード姿の部長刑事・木村伝兵衛役の味方良介さん

タキシード姿の部長刑事・木村伝兵衛役の味方良介さん

 
ある女性を殺した犯人・大山金太郎役の黒羽麻璃央さん

ある女性を殺した犯人・大山金太郎役の黒羽麻璃央さん


富山からきた田舎の刑事・熊田留吉役の多和田秀弥さん

富山からきた田舎の刑事・熊田留吉役の多和田秀弥さん


(写真左)木村伝兵衛の恋人の婦人警官・水野朋子役の文音さん

(写真左)木村伝兵衛の恋人の婦人警官・水野朋子役の文音さん


大音量による劇中歌の演出、中でも大山の登場シーンには注目

大音量による劇中歌の演出、中でも大山の登場シーンには注目


捲し立てるような口調で圧倒されるままに、物語は進行

捲し立てるような口調で圧倒されるままに、物語は進行


そして大山金太郎が殺人に至った経緯が明らかになっていく

そして大山金太郎が殺人に至った経緯が明らかになっていく

大きな部長机を囲む部屋の中、大山を自分好みの犯人に仕立て上げようとしていく木村伝兵衛部長刑事たち。つか作品ならではの早口の会話劇の中で、過去の『熱海殺人事件』に共通する数々の見せ場を残しつつも、新たに描かれる現代ならではの掛け合いには客席から大きな笑いがこぼれる場面も。転がるように展開していく、彼らの物語はぜひ劇場でお楽しみください。

舞台『熱海殺人事件 NEW GENERATION』は、2017年3月6日まで新宿・紀伊國屋ホールにて上演中。ほかチケット情報など、公演詳細はInformationより公式サイトにてご確認ください。

■黒羽麻璃央 出演動画はアプリで好評配信中↓■


☆Information

舞台『熱海殺人事件 NEW GENERATION』
作:つかこうへい
演出:岡村俊一
会場:東京・新宿 紀伊國屋ホール
期間:2017年2月18日(土)~3月6日(月)
チケット価格:全席指定 6,500円
《公式サイト》http://www.rup.co.jp/

関連商品

  • BA001k
    [バンビのアリス]桑野晃輔×黒羽麻璃央A4版ブロマイド
  • BA001g
    [バンビのアリス]黒羽麻璃央_L版ブロマイドB
  • BA001f
    [バンビのアリス]黒羽麻璃央_L版ブロマイドA
  • gcsb-018
    バンビのアリス~フィアンセが3人!?~
  • BA001e
    バンビのアリス_L版ブロマイド⑤
  • BA001d
    バンビのアリス_L版ブロマイド④
  • BA001c
    バンビのアリス_L版ブロマイド③
  • BA001b
    バンビのアリス_L版ブロマイド②

関連Movie

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る