鎌苅健太&長江峻行がツッコミまくる!舞台『ギャグマンガ日和』再演がデラックスに開幕

  • 2016-4-7

昨年9月に舞台化された、大人気ギャグマンガ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』の衝撃が再び! 再演にあたる『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』が4月6日にAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕、前作でも主演を務めた鎌苅健太さん、今作から加わった新キャスト・長江峻行さんらがさらにバージョンアップした舞台への意気込みを語った会見コメントとあわせてステージ模様をご紹介します。

(左から)増井みおさん、根岸愛さん、鎌苅健太さん、西山丈也さん、長江峻行さん

(左から)増井みおさん、根岸愛さん、鎌苅健太さん、西山丈也さん、長江峻行さん

東京 銀座・博品館劇場にて昨年9月に上演された前作『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』は衝撃の舞台化発表から話題騒然、公演チケットは即日完売! その公演では、抱腹絶倒のナンセンスギャグが連発する舞台版オリジナルストーリーを、主演・鎌苅健太さんほか、宮下雄也さん、磯貝龍虎さんら人気の若手イケメン俳優たちがまさに体当たりで熱演し、大きな衝撃と笑いを巻き起こしました。

そんな初演の大成功もあり、劇場もAiiA 2.5 Theater Tokyoへと大きくスケールアップしての再演が早くも決定! 今回からサブタイトルに『デラックス風味』と追加され、単なる再演ではなく新キャラクターなども加わり、さらに美味しくなった今作。前作から引き続き出演する鎌苅健太さん、磯貝龍虎さん、西山丈也さん、宮下雄也さん、ボン溝黒さんらに加えて、今作からの新キャストにはガールズロックユニット・PASSPO☆の根岸愛さん&増井みおさんほか、昨年ミュージカル『ヘタリア』でタイトルロールを務めた若干17歳の若手俳優・長江崚行さんが原作の人気キャラクター・小野妹子役を熱演します!

いよいよ迎えた再演初日、公演開幕を前に鎌苅健太さん、根岸愛さん、増井みおさん、西山丈也さん、長江峻行さんの5名がマスコミ会見へと登場。
まずは売れないアイドル・テンテン役の新キャスト・根岸さんから「誰もが知っている作品で、初演の評判もすごかったので出演へのプレッシャーはありましたが、コメディ作品に挑戦してみたいとずっと思っていたので公演がすごく楽しみです!」と出演の喜びを笑顔でコメント。同じく新キャストとして、鎌苅さん演じる普通田ふつおの妹・ふつ子を演じる増井さんは「まず台本を見て、場面転換がすごく多くて! 細かく場面が変わっていくので、覚えるのが大変でした(笑)」と、目まぐるしく展開していく今作ならではの苦労をあげます。

そして前作に引き続き、原作の人気キャラ・聖徳太子を演じる西山さんは、今回新たに迎えた相方・小野妹子役を演じる長江さんについて「僕30歳なんですけど、長江くんは17歳で! 未成年なので、お酒での語らいができなくて…」と話し始めると、すかさず鎌苅さんから「えっ、キャスティング批判!?(笑)」とツッコミが。慌てた西山さんは「今回はファミレスで一緒に携帯ゲームをして親睦を深めて、ネタ合わせしてきました」と話し、「長江くんは関西の人なので、バシッとエッジの効いたツッコミを見せてくれますよ!」と、新たな相方の魅力を語ってくれます。

そんな弱冠17歳、期待の新キャストである長江さんは「初演での妹子、そして原作での妹子のイメージを、いかに崩さずに、僕の妹子と西山さんの太子での新たなコンビも見せられるか。そのことを考えながら稽古してきました」とマジメにコメント。その冷静な語り口は、むちゃくちゃな太子に振り回されながらも軽くあしらう妹子にぴったり!? さらに長江さんは「太子と妹子と、舞台オリジナルキャラクターの鶴と3人の飛鳥時代組で、僕たちのアドリブも作り上げてきたので、見逃さないでください」とアピールします。

個性的なキャラクターぞろいの中、恋に家族に地球の危機にと振り回されまくる主人公・普通田ふつお役を演じる鎌苅さんは、今回の再演にあたって「飛び道具が増えました(笑)。インパクトのあるキャラクターが増えて、僕は振り回される役ですけど楽しいです。前回同様、稽古場は芝居の戦いでしたけど、大人たちがバカなことを真剣にやっているのを見ていただければ」と、型破りな笑いを生み出す今作を語ります。

(写真中央)今回も濃いキャラに振り回されっぱなしの普通田ふつお役・鎌苅健太さん

(写真中央)今回も濃いキャラに振り回されっぱなしの普通田ふつお役・鎌苅健太さん

今作への期待を込めて、根岸さんが「稽古場でもみんな毎回違うアクセントを入れてくるので、どの回を見ても違う楽しみがあると思います。ぜひ2回は観てほしいです」と話すと、増井さんも「こんなに笑うことないってぐらい面白いので、3回は観て!」とかぶせてコメント。すると西山さんが「デラックス風味ということで、演出のなるせさんを筆頭に“デラックスにしようぜ”とスタッフさんも意気込んでいるのを感じますし、どのシーンも、どの舞台装置もデラックスになっています。4回は観てください(笑)」と回数をさらに増やします。

そして最後に、鎌苅さんが「前作で増田先生がすごく楽しんでくださって嬉しかったです。原作ファンの方も前作を観て受け入れてくださって、今回の再演につながったと思うので今回もいい意味で期待を裏切りたいです」と話した後、「僕は全然、一回だけ観てくれるお客様も大事にしたいなと思っていますし、一回でも十分楽しんでいただけるので、そういう方を大切にしたいなと思っています」と、ほかキャストを横目にすまし顔。「私たち悪者になっちゃった(笑)」とこぼす増井さんたちを見てニヤリ、座長らしくしっかりオチをつけてくれました。

その後行われたゲネプロでは、大きく広がったステージでも強烈キャラたちが駆け回る! テンテンへの恋に奔走する凡人・普通田ふつおを中心に、父の暴走でバラバラになっていく普通田家、なにか関係があるらしい飛鳥時代の聖徳太子&小野妹子の旅、そして地球に迫る宇宙規模の危機と、物語は複雑に絡み合い・・・。外国人女性の霊・アマンダほか多くの役で登場する磯貝龍虎さんの体を張った姿に、大劇場になっても目力で客席を圧倒する父之介役の宮下雄也さんと、初演ではいろんな意味で世間をザワつかせた彼らの活躍も見逃せません。

飛鳥時代、聖徳太子(左・西山丈也さん)&小野妹子(右・長江峻行さん)の旅路の行方は…

飛鳥時代、聖徳太子(左・西山丈也さん)&小野妹子(右・長江峻行さん)の旅路の行方は…

さらに注目の新キャラとして、原作の読者による人気キャラクター投票で見事ランキング1位を獲得した“松尾芭蕉”と、同4位の“河合曽良”も登場。演劇集団キャラメルボックス所属の実力派俳優・阿部丈二さん演じるしょんぼりしたスランプ中の芭蕉、そして小笠原健さん演じる弟子・曽良の師弟コンビが、まさかのあのペアと遭遇!? 彼らがどんな場面で出てくるのか、舞台ならではの展開をお楽しみに。

時空を超えて俳人・松尾芭蕉(右・阿部丈二さん)と芭蕉の弟子・河合曽良(左・小笠原健さん)も乱入!

時空を超えて俳人・松尾芭蕉(右・阿部丈二さん)と芭蕉の弟子・河合曽良(左・小笠原健さん)も乱入!

舞台版でインパクト最強のキャラ、宮下雄也さん演じる父之介は今回も健在!

舞台版でインパクト最強のキャラ、宮下雄也さん演じる父之介は今回も健在!

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』は、4月10日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演中。チケット情報など詳細はInformationから舞台公式ブログをご確認ください。なんでもありのギャグマンガ、どうデラックスになったのか!? 初演を見逃してしまった方も、さらにスケールアップした抱腹絶倒のステージを体感してください!

※鎌苅健太さんが永山たかしさん、桑野晃輔さんらと共演するスマボMovie最新作『バンビのアリス』は、スマボアプリで好評配信中!プレゼントキャンペーンも実施中。

■鎌苅健太 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』
・日程:2016年4月6日~4月10日
・劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
《舞台公式サイト》
http://butai-gagmanga.com/
《公式Twitter》
@butai_gagmanga

関連商品

  • gcsb-018
    バンビのアリス~フィアンセが3人!?~
  • BA001e
    バンビのアリス_L版ブロマイド⑤

関連Movie

    • 2016-3-25

    バンビのアリス~フィアンセが3人!?~

    彼氏いない歴=年齢の主人公・有須 沙菜の元に、ある日3人のイケメン大和、朝陽、颯太が訪ねてきた。彼らは父の助手でもある有須家の居候、男鹿 光の息子達だと紹介されるが、同時に父と、光の間で約束を交わした沙菜のフィア…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る