主演・石黒英雄の結婚観が!?舞台『黒薔薇アリス』公開稽古&囲み取材レポUP!

  • 2017-5-9

『失恋ショコラティエ』『脳内ポイズンベリー』など、次々と作品がドラマ化・映画化される人気漫画家・水城せとなさんの話題作『黒薔薇アリス』(小学館)の舞台化作品・舞台『黒薔薇アリス』が、舞台初主演の石黒英雄さんを迎え、いよいよ5月12日から21日までZeppブルーシアター六本木にて上演されます。
今回は、先日都内スタジオで行われた公開稽古と囲み取材の様子をたっぷりお届けします!

(左から)柏木佑介さん、杉江大志さん、石黒英雄さん、入来茉里さん、秋元龍太朗さん、野嵜豊さん

(左から)柏木佑介さん、杉江大志さん、石黒英雄さん、入来茉里さん、秋元龍太朗さん、野嵜豊さん

『黒薔薇アリス』は、吸血樹(ヴァンパイア)の館で彼らの繁殖に協力することになったアリスの物語で、水城せとな作品としては初の舞台化作品。
稽古は、オープニングから、アリスがディミトリと出会い、吸血樹の館にやってくる経緯となる前半のシーン、吸血樹たちが営むカフェ静寂館(しじまかん)のシーンなどが行われました。

参加した石黒英雄さん、入来茉里さん、秋元龍太朗さん、杉江大志さん、柏木佑介さん、野嵜豊さん(劇団番町ボーイズ☆)、名塚佳織さん、蜂谷晏海さん、藤原亜紀乃さんら全キャストと10人のアンサンブルが、映像ではなく、人間の身体で見せる原作の世界観を披露。

②Kurobara Keiko

公開稽古後に行われたメインキャスト6人の囲み取材では、初主演・初座長を務める石黒英雄さんをはじめメンバーが舞台への意気込みを語り、素顔が垣間見えるコメントも飛び出しました。

【質疑応答】
Q「石黒英雄さんは今作が舞台初主演で、初座長で、この座組みは、今まで練習されてきていかがですか?」

ディミトリ・レヴァンドフスキ役 石黒英雄さん

ディミトリ・レヴァンドフスキ役 石黒英雄さん

石黒さん「本当に雰囲気がいいカンパニーで、毎日稽古してても、時間があっという間に過ぎてしまう、そんな空間でして、自分自身、もっとみんなで上手くなる自信があります。僕だけではなく、横にいる(杉江)大志や(柏木)佑介も場を盛り上げてくれて、非常に助かってます」

Q「セリフとかでも結構セクシーな言葉が飛び交ってますが・・・」

石黒さん「100年前のウィーンの昔のお話で、今回(の稽古で)はお見せできなかったですが、僕の成り上がりの芝居が印象的で、見どころかと思います。あと、ディミトリの奥に潜んでいる野心が舞台に非常にマッチしていて、力強さが舞台で表現できるので、その辺も観にきていただきたいです」

Q「入来さんは、美しいヴァンパイアや年下の男の子に囲まれるという羨ましい役ですが、いかがですか?」

男性陣に囲まれるアリス/アニエスカ役 入来茉里さん

男性陣に囲まれるアリス/アニエスカ役 入来茉里さん

入来さん「観にきてくださった女性のお客様がアリスを通して、私だったらこの人かなというか、ドキドキ感を一緒に味わってもらえたらうれしいなと思います。先週、演出のキムラさんが、入来が演じるアリスを芝居中でそれぞれのキャラクターが本気で落としに行こうとおっしゃっていたので、皆さんそれぞれのセンスになると思いますが(笑)、皆さんがどうアリスを落としに来てくれるのかがとても楽しみです!」

杉江さん「プレッシャーだね(笑)」

双子の兄 櫂(かい)役 杉江大志さん

双子の兄 櫂(かい)役 杉江大志さん

Q「原作者の水城せとな先生が稽古を観にいらしたということですが、先生からいただいたアドバイスとかあれば教えてください」

石黒さん「いっぱいいただきましたね。とても熱心に、僕たち一人一人にキャラクターを伝えてくださって。1時間ぐらいでお帰りになるかと思ったんですが、5時間ぐらいいらっしゃいました。詳しくは言えないんですが、描ききれていないキャラクターのことや、『黒薔薇アリス』のこの後の展開のことまで教えてくださいました。水城先生のおかげで『黒薔薇アリス』の世界がより深まり、舞台の内容がいいものになるという確信ができましたね」

Q「この舞台への意気込みをお願いします」

生島光哉(いくしまこうや)役 野嵜豊さん(劇団番町ボーイズ☆)[]

生島光哉(いくしまこうや)役 野嵜豊さん(劇団番町ボーイズ☆)[]

野嵜さん「すごく素敵な原作なので、一人一人の個性を大切にして、僕は僕の色で生島光哉をしっかり印象付けられるように皆さまに届けられるようにしっかり頑張ります。ぜひ観に来てください!」

全員「かわいい!!」

柏木さん「今回、杉江君と一緒に双子の役をやらせていただくんですが、二人が抱えているすごい内側の葛藤を舞台上でみなさんに受け取っていただけたらなと思います。ただ明るいだけじゃない玲二を観ていただけたらうれしいです」

双子の弟 玲二(れいじ)役 柏木佑介さん

双子の弟 玲二(れいじ)役 柏木佑介さん

杉江さん「双子なので2人のシーンはもちろんなんですけど、原作がとても綺麗な世界観で描かれている中に、綺麗じゃない人間模様がマッチした作品だと思っています。素敵な世界観をアンサンブルの方々が彩ってくださっているので、その空気感を十分に活かして、素敵な舞台をお届けできたらと思っています」

秋元さん「水城せとな先生の原作では、『黒薔薇アリス』が初めての舞台化ということで、それに意味があって僕たちがやらせていただいているなと思います。ヴァンパイアという非日常的な題材ですが、そこにある生々しい人間模様をすごく大事に、僕らが必死に演じていますので、ぜひ劇場にお越しいただけたらうれしいです!」

レオ役 秋元龍太朗さん

レオ役 秋元龍太朗さん

入来さん「秋元さんが言ったように、人間とヴァンパイアたちという、一見ファンタジーも入ったような非現実の世界なんですが、女の子にとって恋愛は綺麗になれる材料だったりするし、切ないときもあるけれど、誰かを愛するというのはとても素敵なことだと思うので、観に来ていただいたお客様にも一緒に楽しんでいただけたらいいなと思います」

石黒さん「『黒薔薇アリス』しか出せない色、『黒薔薇アリス』でしか表現できない愛が、この舞台にはたくさん詰まっています。ぜひ劇場にお越しください。僕たちもみんな待ってます」

Q「石黒さんに質問です。座長として心がけていることはありますか?」

石黒さん「みんなの心を裸にしていくことですかね。率直な意見が欲しいので。お互いが気を使って芝居をしていくのではなくて、舞台の上って格闘技のリングのようなものですから、ガチンコ勝負なので、本音や本心を出して本気でやらないと戦えないと思ってるんです。柔らかい雰囲気で、全員一丸となっていきたいので、最初はそういう、みんなの心を裸にするということをしました。一人一人とちゃんと会話をすることが大事だったので、自分から積極的に取り組みました」

Q「座長として食事を奢ったりは?」

全員「ごちそうさまです!(笑)」

石黒さん「みんなでよくご飯には行きますね。(稽古)初日もみんなで行って、キャストだけでなくアンサンブルの皆さんも、舞台をよりよくしていこうと、初日なのにすごくディスカッションして、頼もしいメンバーが集まってくれましたね」

⑨kurobara ishiguro2

Q「他のみなさんは、座長としての石黒さんはいかがですか?」

杉江さん「空気づくりは本当にしていただいていて、緊張していたのが初日で一切なくなり、気さくで、全員が本音を出せる空気感を作ってくださっているなと感じます」

柏木さん「素敵な方なので、その人柄でみんなが好きになるんじゃないかと思います」

石黒さん「うれしいですね。豊もそう思う?」

野嵜さん「あ、はい! すごく優しくしてくれて、皆さんそうなんですけど、お芝居のことでもご指導してくださるので、いい経験になっています」

Q「皆さんは、アリスを落とす役ですが、もし入来さんを落とすとしたら、どういうふうにしますか?」

杉江さん「食べ物ですかね。おいしい食べ物をいっぱい持っていきます」

石黒さん「とりあえず焼酎から攻めるかな。鹿児島出身なので」

柏木さん「芋からですかね(笑)」

杉江さん「おいしいご飯と芋焼酎(笑)」

石黒さん「佑介は?」

柏木さん「ご飯にいっぱい連れていきますね。宝石なんかよりもおいしいご飯だと思うので。体育会系な女性なので、「おいしい!」って言って食べてくれそう(笑)」

入来さん「豊は?」

野嵜さん「デートに何度か誘います。散歩とか…。お花畑に」

全員「かわいい(笑)」

石黒さん「龍ちゃんは?」

秋元さん「僕は手料理を施す」

杉江さん「施すんだ(笑)」

Q「今回は(アフタートークの)ゲストに先日、神田沙也加さんとの結婚が発表された村田充さんが出演されるとのことですが共演されたことは?」

柏木さん「僕はあります。(今回のことを)連絡もありました」

秋元さん「僕もゲスト出演が決まったことで連絡があり、楽しもう、って言ってくれてました」

石黒さん「マスコミさんに対して答えている姿が真摯で素敵だなと思いました」

Q「(村田さんに)何か聞きたいことはありますか?」

石黒さん「結婚っていいものなのかなって(笑)」

入来さん「興味あるんですか?」

石黒さん「そうですね。結婚はしたいじゃないですか。どういうふうに結婚に至ったのか、聞きたいですよね」

Q「結婚するならやっぱり綺麗に掃除してくれる人ですか?」

石黒さん「一緒に家事ができる女性がいいね」

公演は、2017年5月12日(金)Zeppブルーシアター六本木にていよいよ開幕。気合いの入る実力派キャストたちの熱演にご期待ください!

【公演概要】
公演日時:2017年5月12日(金)~5月21日(日)全14回
会場:Zeppブルーシアター六本木(東京都港区5-11-12)
原作:水城せとな(「黒薔薇アリス」小学館刊)
出演:石黒英雄 入来茉里 秋元龍太朗 杉江大志 柏木佑介 野嵜豊(劇団番町ボーイズ☆) 名塚佳織 蜂谷晏海 藤原亜紀乃
料金:静寂館シート…\8,500(税込)
※最良席保障+非売品オリジナル特典
S指定席・・・・・・・・・・・・\6,500(税込)
A指定席・・・・・・・・・・・・\4,500(税込)
未就学児童の入場不可

舞台終演後、アフタートークとプレゼント抽選会が予定されています。アフタートーク出演キャストのサイン入りビジュアルポスター(非売品)を1名様にプレゼント! アフタートークの登壇メンバーやチケット情報など、詳細は下記informationより公式サイトを確認してください。

(C)水城せとな/「黒薔薇アリス」小学館フラワーコミックスα/舞台「黒薔薇アリス」製作委員会

■杉江大志 村田充 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

舞台『黒薔薇アリス』
公演日時:2017年5月12日(金)~5月21日(日)全14回
会場:Zeppブルーシアター六本木(東京都港区5-11-12)
料金:静寂館シート…¥8,500(税込)
※最良席保障+非売品オリジナル特典
S指定席・・・・・・・・・・・・¥6,500(税込)
A指定席・・・・・・・・・・・・¥4,500(税込)
公演に関するお問い合わせ:東京音協03-5774-3030(平日11:00~17:00)

一般発売
【チケットぴあ】(Pコード:456-578)
≪WEB受付≫http://w.pia.jp/t/kurobara/
≪電話受付≫ 0570-02-9999 ※Pコード必要
≪店頭受付≫チケットぴあ店舗/セブン-イレブン店内『マルチコピー機』
サークルK・サンクス店内『Kステーション』にて直接購入

【ローソンチケット】(Lコード:34069)
≪WEB受付≫http://l-tike.com/kurobara/
≪電話受付≫0570-084-003※Lコード必要 / 0570-000-407※オペレーター対応
≪店頭受付≫ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入

【イープラス】
≪WEB受付≫http://eplus.jp/kurobara/
≪店頭受付≫ファミリーマート設置『Famiポート』にて直接購入

【Zeppブルーシアターチケット】
≪WEB受付≫http://www.blue-theater.jp/
≪電話受付≫03-5414-3255(10:00~18:00)

【カンフェティ】
≪WEB受付≫http://www.confetti-web.com/kurobara/

≪公式サイト≫
www.cornflakes.jp/kurobara/

関連商品

  • SG001d
    杉江大志L版ブロマイドD
  • SG001c
    杉江大志L版ブロマイドC
  • SG001b
    杉江大志L版ブロマイドB
  • SG001a
    杉江大志L版ブロマイドA
  • SG002c
    杉江大志A4版ブロマイド③
  • SG002b
    杉江大志A4版ブロマイド②
  • SG002a
    杉江大志A4版ブロマイド①
  • GCSB-015
    『東京スマートさんぽ 杉江大志〜原宿編〜』

関連Movie

    • 2015-12-11

    東京スマートさんぽ杉江大志

    スマートボーイズに新たなバラエティ番組が誕生!! さんぽを通じ、訪れた街の魅力に触れながら、何かに初挑戦したり、カフェタイムでまったりインタビュー! などなど、旬のイケメンキャストの新たな魅力に迫った、バラ…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る