《POWER PUSH》アミューズ 劇団プレステージ番外公演「PreFes.」座談会③

  • 2013-7-12

《POWER PUSH》5月のCBGKシブゲキ!!公演を大成功させたアミューズ所属の若手男性俳優による劇団プレステージが、今度は番外公演「PreFes.(プレフェス)」で、“女装オンリーのトーク劇『女戦』”と、“男だらけのコメディ『トーキョー・タイム・パラドクス』”と、両極端な演目にチャレンジ☆ キャストを代表して、猪塚健太さん&株元英彰さん、原田新平さん&高頭祐樹さんの4人に直撃! 5連続配信、第3回は……

【『トーキョー・タイム・パラドクス』は原点回帰!】

――では続いて男性チームの……、って『女戦』も全員男性キャストですが(笑)、PreFes.後半公演のプレイボーイ of Prestage Project『トーキョー・タイム・パラドクス』についてお聞きします。プロットでは、とある事件を阻止するために、タイムマシンを使って過去と現在を行き来するお話とありますね。

高頭 はい。脚本の福田晶平さんとは今回で2回目になるんですけど、前回やった『サイキックフライト~頑張る7人のエスパーとあと2、3人~』が超能力モノだったんですね。サイエンスものを得意としている方なので、今回のストーリーもタイムマシンを使った時間軸の面白さと、個々のキャラクターのぶっ飛んだ面白さとを両立させていく形になると思います。
もともとお笑い系の放送作家さんの作品上で、僕らは役者として、いかに笑いがとれるか? いかに面白いキャラクターを作り上げられるか? っていうところが勝負になると思いますね。

原田 そのキャラをいかに深く、どれだけ面白くできるか……でも、コントにならないように、ちゃんと芝居として成立させないといけない。なので僕ら6人も苦しんで、苦しんで……お客さんを巻き込みながら、たくさん笑いを取りに行こうって思っています。なんか『女戦』とは対称的な舞台になりそうだよね?

高頭 対称的っていうか、『女戦』はあまり劇団プレステージではやらない新たな”挑戦”だけど、こっちは俺たちが今までやって来た事とそんなに変わりがない、いわゆる”原点回帰”的な舞台になるんだろうね。
劇団プレステージの、男ばっかりでやって来た”泥臭さ”と”暑苦しさ”と”笑い”を、ガッツリ出来ればなっていう戦いが繰り広げられるんだろうなと思います。

猪塚さん(右)&株元さん出演の『女戦』は8/2~8/11上演!

――そして今回、演出が劇団員の今井隆文さん! 『ゴーストレイト』では座長をつとめての大活躍でしたが、今回は演出と聞いてビックリしました!

高頭 実は去年の12月の番外公演、プリン爆弾 of Prestage Project『んざんび君。』では、今井が作・演出・出演だったんです。

――すごい! 映画で言えば、脚本・監督・出演ですもんね。

高頭 だけどその時はやる事が多すぎて、彼の中で整理がつかなかったようです(笑)。完全にパンクしちゃってましたね。

猪塚 脚本を書き上げたら、プロデューザーに「ダメだ!」って言われて、書き直しになった翌日の今井さんは本気で凹んでた。

株元 あのモジャモジャ頭が、ボリュームダウンしてたもんね。

(一同、爆笑)

――精神的に凹むと、トレードマークのモジャモジャ頭も凹む!!! あの髪型は、今井さんの元気のバロメーターなんですね(笑)。今回は、演出に専念出来る分、「どう来るか?」って楽しみではありますね。

株元 なんか、みんなにキャラクターをとことん突き詰めさせるために、すごいチャレンジさせる演出をして来る気がする。もしかしたら”怖い今井さん”を見られるのかも? なぁんて思ったり。

高頭 劇団プレステージがまだユニットだった時代は、演出家がいなかったから脚本だけもらって、全員で話し合いながら「じゃあ、こここうしようか」って作って行く感じだったんですね。
あれから劇団になって、CBGKシブゲキ!!でやらせてもらえるようになったここ数年を経た今、果たして今井がどんな演出をするのか……。何かあった時に「俺がこうする!」って決断するのか? それとも以前のように俺たちの意見を聞き入れてくれるのか?

原田さん(右)&高頭さん出演の『トーキョー・タイム・パラドクス』は8/13~8/18上演!

――おぉ! なんだか劇団プレステージの新たな歴史を切り拓くような、それでいて原点回帰と言えるような?

高頭 そうですね。特に今回は、CBGKシブゲキ!!でやった後の、ホームグラウンドの千本桜ホールに戻っての公演だから、以前と何も変わっていなかったら、それはそれで残念なことになるよね(苦笑)。やっぱり大きな進化をしていかなくちゃイケナイ、その大きな壁があると思います。

――なるほど。そしてCBGKシブゲキ!!を成功させても、劇団プレステージは「赤字になったら即解散」なんですよね?

高頭 もちろん! それは変わらないです。

原田 揺るがない、原点的なルールなんで、それは(笑)。

(つづく)

【猪塚健太 プロフィール】
Iduka Kenta/1986年10月8日生まれ、愛知県出身。 CX「私が恋愛できない理由」(11年)、NTV「私立バカレア高校」(12年)、ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」(11年)、小倉久寛ひとり立ち公演「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト」(12年)などに出演。

【株元英彰 プロフィール】
kabumoto hideaki/1989年4月27日生まれ、福岡県出身。TBS「ブラッディ・マンデイ」(08年)、映画「ボクたちの交換日記」(13年)、舞台「いい日、僕なり」(12年)などに出演。

【高頭祐樹 プロフィール】
Takato Yuki/1982年5月20日生まれ、千葉県出身。TBS「深夜食堂2」、映画「サイタマノラッパー2~女子ラッパー☆傷だらけのライム」(11年)、「夜明けの街で」(11年)、舞台「READY,」(12年)などに出演。

【原田新平 プロフィール】
Harada Shinpei/1986年4月15日まれ、神奈川県出身。TBS「ヤンキー君とメガネちゃん」(10年)、BEE-TV「女をオトす恋愛心理学」(10年)、秦建日子舞台「比翼の鳥」「らん」(11年)などに出演。

☆Information

劇団プレステージ 番外公演『PreFes.』
■パンティーストッキング of Prestage Project
『女戦』
脚本・演出:舘 そらみ(ガレキの太鼓)
出演:猪塚健太、大村 学、春日由輝、株元英彰、園田玲欧奈
日程:2013/8/2(金)~8/11(日)
8/2(金) 19:00
8/3(土) 14:00 / 18:00
8/4(日) 14:00
8/5(月) 19:00
8/6(火) 19:00
8/7(水) 15:00
8/8(木) 19:00
8/9(金) 19:00
8/10(土) 14:00 / 18:00
8/11(日) 14:00 / 18:00
■プレイボーイ of Prestage Project
『トーキョー・タイム・パラドクス』
脚本:福田晶平
演出:今井隆文
出演:岩田 玲、小池惟紀、坂田直貴、高頭祐樹、長尾卓也、原田新平
日程:2013/8/13(火)~8/18(日)
8/13(火) 19:00
8/14(水) 19:00
8/15(木) 15:00
8/16(金) 19:00
8/17(土) 14:00 / 18:00
8/18(日) 14:00 / 18:00
■会場
千本桜ホール(学芸大学駅徒歩1分)
住所:東京都目黒区鷹番3-8-11 3F
Tel:03-3715-4019
地図:http://www.senbonzakura.jp/senbon/map/
■チケット料金
前売 3,000円/当日 3,500円(全席自由・整理番号付・税込)
※開場は開演の30分前。
※未就学児童はご入場いただけません。
※車いすでご来場のお客様は、チケットご購入後、アミューズチアリングハウスまでお知らせください。
■チケット取扱い
<チケットぴあ>
http://pia.jp/t/ (PC・ 携帯共通)
0570-02-9999
・パンティーストッキング(Pコード:429-590)
・プレイボーイ(Pコード:429-592)
<ローソンチケット>
http://l-tike.com/ (PC・携帯共通)
0570-084-003
・パンティーストッキング(Lコード:39938)
・プレイボーイ(Lコード:39939)
<イープラス>
http://eplus.jp/(PC・ 携帯共通)
■公演に関するお問合せ
アミューズチアリングハウス
TEL:03-5457-3476(平日15:00~18:30)
■劇団プレステージ 公式HP
http://amuse-gekipre.com/

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る