廣瀬智紀「西条さんの思い以上のものを見せたい!」7/31開幕の主演舞台「HERO~2019夏~」SPインタビュー①

  • 2019-4-10

舞台「HERO~2019夏~」が7月31日より東京・有楽町のヒューリックホール東京にて上演されます。

今作は、「放送作家」「コント作家」として多数のお笑い芸人の作家を務め、多くの舞台で脚本・演出を手掛ける西条みつとしさんの脚本・演出によるハートフルコメディで、西条さんが代表を務める劇団「太陽マジック」の旗揚げ公演として2012年に上演され、今回「2019年・夏バージョン」としてリニューアル。

主演には、初演にも出演していた廣瀬智紀さん。共演には北原里英さんをはじめ、小松準弥さん、前島亜美さん、小早川俊輔さん、飛鳥凛さん、伊藤裕一さん、根本正勝さん、今立進さんらといった豪華キャストがズラリと揃いました。

≪INTRODUCTION≫
人はHEROに憧れる。
超人的な能力でどんな困難にも立ち向かい、弱きものを助け、華々しく活躍するHERO。
ただ、多くの人は思い描いたHEROには成れず、あきらめたり時には必要以上に自分を貶めてしまったり・・・。

HEROに必要なものってなんだろう?

それは勇気。はじまりは勇気をもって一歩前にでること。
この物語は、誰かのささやかな一歩が誰かに大きな幸せをもたらすハートフルコメディ。

スマートボーイズでは、主演の廣瀬智紀さんに単独インタビュー!! 前後編の2回に渡りお届けします。PART①では、出演が決まった時の感想や西条さんや共演者にまつわる話などを語ってもらいました。

飯塚広樹役の廣瀬智紀さん

飯塚広樹役の廣瀬智紀さん

――よろしくお願いします。7年ぶりに帰ってくる「HERO」の舞台に、再び出演が決まった時の第一印象を教えてください。

廣瀬 もともと西条さんの作品を自分と絡みつつ出来ないかというお話を以前から聞いていまして、それが実現したら本当に幸せなことだなと思っていました。それがこうやって形になったことに対して、いろいろと裏で動いてくださった方々への“感謝”が真っ先に浮かびました。

――前回から続投で出演となると、同じ役を引き続き演じるケースが多い中、今回は別の役を演じるのですね。

廣瀬 それこそ初演が上演された2012年は、まだまだお仕事の経験値も浅かったですし、その中でがむしゃらでどうやったらいいか、模索しながらやっていたころの自分と比べたら、今はたくさんの舞台をやらせていただいてきている中で、培ってきたものをプラスアルファで乗せられたらいいなという役です。

――あの頃からの7年というのは、廣瀬さんにとって長く感じられていますか?

廣瀬 デビューから今、10年目に差し掛かっていますが、役者人生の中でも、2012年というのは「デビューから~2012年」「2012年~」という風に区切られるくらい重要な年でもあって、初演をやらせていただいた時の情景や思い出がすごく蘇ってきます。

――「2019年・夏」が決まってから、西条さんとお話しする機会はありましたか。

廣瀬 まだないですが、今だったら自分が大人の会話ができるんじゃないかなって。お芝居に対して込み入った話は自分からは出来なかった気がするので、自分が年月を積み重ねてきたもの出していきたいですし、西条さんの思い以上のものを見せたいなと思っています。今回の役どころは、いらないものを削ぎ落したり、力を抜く作業の方が多いと思うので、その中から上手くブラッシュアップされたものをお届けしたいです。

――初演の時に西条さんから言われたことで、今も心に残っている言葉とかありますか?

廣瀬 あの頃の自分は凄く若かったって思うのは、仕事に対しての意識を持てていなくて、目の前の仕事をがむしゃらにやることしか考えていなかったという“学校の延長戦”のような印象でした。が、西条さんは仕事として自分と接してくださっていて、その頃の自分に戻ってもっと西条さんの期待に応えたかったなと。西条さんは小手先の技術ではなくて、内面から出るものを大事にされていたので、お芝居の中で基本的な下地を教えてくださったのは西条さんかなと思います。

廣瀬さんにとって節目となる作品に“主演”として帰って来ました!

廣瀬さんにとって節目となる作品に“主演”として帰って来ました!

――今回のキャストで過去に共演された方はいらっしゃいますか。

廣瀬 初演で共演させていただいたのは小築舞衣さんと中村涼子さんで、北原里英さんとはドラマで共演しました。

――北原さんの印象はいかがですか?

廣瀬 しっかりしている方だなって思いますし、アイドルとして積み上げてきたものを自分は尊敬しています。今回が2度目の共演になりますが、自分は控えめなところがあるんですけど、こっちが気持ちよく会話が出来るような空気を作ってくれているのを感じていて、いい関係性で臨めそうです。

――廣瀬さんが初演で演じた松島役を今回は小松準弥さんが演じます。小松さんから松島についていろいろな質問やアドバイスを求められる可能性もありますね。その時はアドバイスをされますか。

廣瀬 自分からアドバイスすることはないと思います。小松さんも数々の舞台を経験して信頼していますし、今回は自分が演じていた時の松島とは全く別物としてとらえることによって、新しい松島が生まれるんじゃないかなと思います。

――共演者の中には、西条さんが主宰を務める劇団「太陽マジック」所属の米千晴さんもいらっしゃいますね。

廣瀬 はい。劇団「太陽マジック」の公演は年に一回見させていただいて、小築さんと中村さんと米さんはほとんど出演されているんですが、「毎回ブレないな」って思いながら刺激をもらっています。それこそ「太陽マジック」は、自分の居場所というか、“自分の出生地”のような感覚でして、その頃の自分を知ってくれている人たちなので、ものすごく頼りになっています。

――先程「学校」という言葉がでていましたが、劇団「太陽マジック」は学校のような存在なのでしょうか。

廣瀬 ある意味、西条さんの“門下生”じゃないですけど、また戻ってきたい場所だなと思いますし、西条さんたちと一緒に小劇場の舞台を経験をしたいなって感じています。今回は広い会場ですけど、こういった機会をもらえたのは嬉しいです。

※PART②へ続く

舞台「HERO~2019夏~」は、8月4日まで上演。
また4月12日より「イープラス、ローソンチケット、カンフェティ先行チケット」、4月27日10時より一般チケットがそれぞれ発売されます。詳細はInformationから公式サイトをチェックしてください。

■廣瀬智紀 小松準弥 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

舞台「HERO~2019夏~」

日程:2019年7月31日~8月4日
会場:東京・ヒューリックホール東京

脚本・演出:西条みつとし

出演
廣瀬智紀
北原里英/小松準弥/前島亜美/小早川俊輔
小築舞衣/中村涼子/米千晴(TAIYO MAGIC FILM)/小槙まこ/加藤玲大/後藤拓斗/咲良七海
飛鳥凛、伊藤裕一、根本正勝、今立進(エレキコミック)

≪チケット≫
HEROシート:11,000円(税込)
※非売品お土産つき

一般席:8,600円(税込)

【チケット取り扱い】
チケットぴあ
[WEB] http://w.pia.jp/t/hero2019/
[電話]0570-02-9999(Pコード 492-613)

イープラス
[WEB] https://eplus.jp/hero2019/

ローソンチケット
[WEB] https://l-tike.com/hero2019/
[電話]0570-084-003 (Lコード 31463)
0570-000-407 (オペレーター対応 10:00~20:00)

カンフェティ
[WEB] http://confetti-web.com/hero2019
[電話]0120-240-540 (オペレーター対応 平日10:00~18:00)

≪公式サイト≫
https://www.mmj-pro.co.jp/hero2019/

関連商品

  • GCSB-034
    スマボMovie第10弾『regret~放課後の罠~』
  • SGK015
    [雪月花スクランブル]パンフレット
  • SGK010
    [雪月花スクランブル]クリアファイル3種セット
  • GCSB-011
    雪月花スクランブル

関連Movie

    • 2014-9-12

    雪月花スクランブル~学生寮は恋愛禁止!?~

    学生寮に暮らす女子は、アナタひとり! アナタが選ぶ、恋の相手は……誰? 学園の事務員として働きはじめた主人公(アナタ)が暮らすのは、寮生が減り、教師や職員にも入寮が認められた学生寮。 そこには、しっかり者のサ…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る