染谷俊之がインパルス板倉らと熱演!舞台『ジーザス・クライスト・レディオスター』公開稽古レポUP!共演に安川純平

  • 2018-12-2

ラジオ局を舞台にしたシチュエーションコメディー『ジーザス・クライスト・レディオスター』が、12月12日から紀伊国屋ホールにて上演されます。

多彩な才能が結集するシチュエーションコメディが開幕!

多彩な才能が結集するシチュエーションコメディが開幕!

本作は映画初監督となる「ONLY SILVER FISH」が公開中、舞台「戦国BASARA」シリーズや舞台「ジョーカー・ゲーム」シリーズの人気舞台演出家・西田大輔氏と、吉本ブサイクランキングで3年連続1位で殿堂入りを果たしたことでも有名な、元お笑い芸人で気鋭の脚本家の家城啓之(マンボウやしろ)氏のコラボ作品です。

2004年に西田氏のオリジナル作品として初演され、以来、今まで4回の再演を行ってきた人気作品。その原作を、本多劇場で上演した『魔王コント』などの舞台の脚本・演出を手掛け、TOKYO FM「Skyrocket Company」のラジオDJとしてラジオ番組の裏側を知る家城氏が脚色・アレンジし、西田氏が演出をするというコラボで、新たな作品としてお届けします。

その内容は、生放送のラジオの特番のOA直前になっても現れないカリスマDJ・ジーザスの穴を埋めるため、ディレクター、放送作家、音響たちレギュラースタッフに加え、ゲストやスポンサー企業の社長、演歌歌手など様々な人間を巻き込んで、様々なトラブルを起こしつつもなんとか乗り越えながらOAを進めていくシチュエーションコメディー。

【あらすじ】
10代を中心に絶大な支持を集めるカリスマDJ・ジーザスが持つ番組は伝説的な聴取率を誇っていた。
今日は特番で生放送。いつもより気合いを入れて生放送に臨むスタッフたち。
スポンサー社長が来たり、特番のゲストが来たりといつもより準備が大変だ。
しかし、OA直前になってもジーザスは現れない。
番組を止めるわけにはいかないとプロデューサーはジーザス不在のままOAを指示する。
ジーザスの穴を埋めるため奔走するディレクター、放送作家、音響たちレギュラースタッフ。に加え、なぜかゲストやスポンサー企業の社長、…演歌歌手など様々な人間を巻き込んで番組が始まってしまう。
様々なトラブルに巻き込まれながら、ジーザス不在で無事に生放送を終えることができるのか?

出演するキャスト陣も多彩のひとこと。カリスマDJ・ジーザスとその弟の二役を演じるのは、結成20年目になるお笑い芸人インパルスのボケ担当、板倉俊之さん。
ディレクター役には数々の人気舞台に出演し、最近では『HUGっと!プリキュア』でプリキュア史上初の男性プリキュア・キュアアンフィニ/若宮アンリ 役の声優をつとめ話題を呼んだ染谷俊之さん。
ラジオ作家役には劇団EXILEの八木将康さん。
新米AD役には昨年解散したアイドルグループ℃-uteのメンバー・中島早貴さん。
特番のゲストである演歌歌手役には世界エア・ギター選手権に優勝し、NHK紅白歌合戦への出演経験もある大地洋輔さん(ダイノジ)。
プロデューサー役にはテレビドラマなどでバイプレイヤーとして活躍する山崎樹範さん。
その他、舞台「若様組まいる」シリーズに出演の安川純平さん、松居大悟×J-WAVE舞台「みみばしる」のオーディションを勝ち抜き出演が決まっている宮平安春さん、西田大輔の舞台&映画『ONLY SILVER FISH』にも出演していた小槙まこさん、数々の舞台公演で、唯一無二の怪演を魅せる女優の小野寺ずるさん、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月にも出演の肘井美佳さん、そして小林賢太郎プロデュース公演ではおなじみの辻本耕志さんらが、トラブルに巻き込まれる人々を演じます。

公演を半月後に控えた11月30日に、この魅力的なキャストたちによる公開稽古が行われ、その公式レポートと、板倉さん、染谷さんらキャストの意気込みコメントが届きました。

【公開稽古レポート】
・場所:都内某所(山崎樹範、小槙まこは不参加)

染谷俊之さんがディレクター役で、八面六臂の大活躍!

染谷俊之さんがディレクター役で、八面六臂の大活躍!

公開稽古は、まず、カリスマDJ・ジーザス吉田(板倉俊之)と新米AD・清水(中島早貴)がラジオの特番のリハーサルを行っているシーンから。板倉演じるジーザスが、「カリスマ」と呼ばれながらも、適当な様子が見て取れる。

次に、全く当たらないと有名な占い師・山下(宮平安春)に、「今日は吉兆と出ています。トラブルもなく、いい事ずくめです」と言われ、ディレクター・長谷部(染谷俊之)、構成作家・江戸川(八木将康)、新米AD・清水、ミキサー・安室(小野寺ずる)が顔を見合わせるシーン。そこに、「社長」と呼ばれることになる桑原(辻本耕志)が登場。

インパルスの板倉俊之さんとダイノジの大地洋輔さんが共演

インパルスの板倉俊之さんとダイノジの大地洋輔さんが共演

安川純平さんが体当たりな演技!

安川純平さんが体当たりな演技!

安川純平さんが体当たりな演技!!

安川純平さんが体当たりな演技!!

スタッフが、本番前の最終確認を行う中、ディレクターの長谷部が、「さっきから数を数える時にだけ出てくる奴がいるんだ」と言い出す。実際に数を数えてみると、ドアを開け、挨拶だけしてまた出て行く男がいるが、長谷部以外は気づかない。追いかける長谷部。

次は、構成作家・江戸川が、長谷部を呼び戻すためには、また誰かが数を数えて、幻の原住民を呼び寄せればいいと思いつくシーン。SM嬢・ハヤ子(肘井美佳)と占い師・山下の協力を得て、無事、大谷(安川純平)を確保する。ハヤ子が、構成作家の江戸川真之介は、「コナンとクレヨンしんちゃんでコナシン」などと、ニックネームをつけていき、急に仕切り始めたハヤ子のことが気に入らないディレクター・長谷部と睨み合いになる。

オンエアまで15分を切っても戻ってこないDJジーザスに電話をしても、留守電になるばかり。全く当たらないと有名な占い師・山下の、「建物の中にいます」という占いの結果を聞き、外を探しに行くスタッフたち。
そこに、生放送のゲストとして呼ばれた全く売れてない演歌歌手・氷川金次郎(大地洋輔)が登場。誰もいないのをいいことに、新曲の「窓際の二重跳び」をかけ始めるが、CDデッキが壊れてしまう。もう1つのデッキでもトライするが、そちらも詰まってしまう。そこに、大谷がやってきて、氷川をジーザスと勘違いし、「リストラにあって死のうと思っていたけれど、この番組の一般参加者に当選した」と思いの丈をぶつけるが、氷川の演歌のポスターに気づき、泣き始める。そこにやってくる、ジーザスの弟・吉田(板倉俊之)。「吉田」と名乗る弟をジーザスと勘違いし、追いかける大谷。

そして最後に公開されたのは、DJジーザスなしで始まってしまう、ラジオの特番の冒頭部分。番組が始まったと思ったら、CDが詰まっていて、音が出ない。慌ててAD清水が、男風の声でごまかす。と、次々とトラブルが起こりそうな予感を残しながら、公開稽古は終了した。

染谷・肘井

中島・染谷

公開稽古は、稽古着で行われた。インパルス・板倉は、全く違う2役を見事に演じ分け、ディレクター役の染谷俊之、ラジオ作家役の八木将康、新米AD役の中島早貴は、DJが放送前に帰ってこない焦りを体も使って表現。演歌歌手役の大地洋輔(ダイノジ)は、アドリブ満載で、稽古場に笑いの渦が巻き起こった。稽古着でも迫力満載だった肘井美佳演じるSM嬢が、SM嬢の衣装を身にまとったら、どれほどの迫力になるのかも楽しみな作品である。

<DJ・ジーザス吉田&弟・吉田健康役:板倉俊之 コメント>
舞台は初出演なのですが、俳優の方たちが皆おもしろく、コント畑と芝居畑は違うけれど、『この人とコントをやっても面白いだろうな』と思い、勉強になっちゃいました。コントとコメディの違いは難しいけれど、本作は長いコントとも言えるので、お笑いが好きな人も、本作が芝居を見るきっかけになればいいなと思います。

<ディレクター・長谷部役:染谷俊之 コメント>
本作は、演歌歌手、占い師など、ラジオをやったことがない個性豊かなキャラクターがラジオをやるという面白さが魅力です。
共演者の皆さんはお芝居がお上手で、セリフっぽくなく、観客の皆さんも、見ていて、自分もこのラジオ番組に参加している気分になれると思います。

<構成作家・江戸川役:八木将康 コメント>
緊迫感があるストーリーで、僕達も神経を研ぎ澄してやっているので、稽古をやっていてもめちゃくちゃ疲れる程です。
コメディなので、幅広い年代の方に楽しんでもらえると思います。

<新米AD・清水役:中島早貴 コメント>
時間が戻ったり、飛び飛びになったりして、観るほうも考えなくてはいけない舞台もあるけれど、本作はワンシチュエーションコメディで、時系列通りで、本当に何も考えずに楽しめる舞台なのではないかと思います。
その中でキャラの濃い人たちのドラマが繰り広げられます。
ぜひ、2018年の笑い締めとして観に来て頂ければと思います。

公演は12月12日(水)から24日(月・祝)まで、全16公演。公演詳細はInformationをチェックして下さい。

■染谷俊之 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

【公演概要】
■タイトル:舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
■原作・演出:西田大輔
■脚色:家城啓之
■出演:板倉 俊之(インパルス) 染谷俊之 八木将康(劇団EXILE)  中島早貴 安川純平 宮平安春 小槙まこ/大地洋輔(ダイノジ)/小野寺ずる 肘井美佳 辻本耕志/山崎樹範
(声の出演) 清水らら、藤田晋之介(Wキャスト)、薮内大河(Wキャスト)

■場所:紀伊国屋ホール
■公演日程:2018年12月12日(水)~24日(月・祝) 全16公演
12月12日(水)19時
12月13日(木)14時 
12月14日(金)19時
12月15日(土)13時30分/17時
12月16日(日)13時30分/17時
12月17日(月)19時
12月18日(火)休演
12月19日(水)14時
12月20日(木)19時
12月21日(金)14時
12月22日(土)13時30分/17時
12月23日(日)13時30分/17時 
12月24日(月・祝)14時
※藤田晋之介は12/12~17、薮内大河は12/19~24の公演に出演となります。
【アフタートーク】
・12月14日(金)19時の回
登壇者:板倉俊之、染谷俊之、宮平安春、肘井美佳、山崎樹範、西田大輔
・12月15日(土)17時の回
登壇者:板倉俊之、八木将康、安川純平、小野寺ずる、山崎樹範、家城啓之
・12月17日(月)19時の回
登壇者:染谷俊之、中島早貴、宮平安春、辻本耕志、大地洋輔
・12月20日(木)19時の回
登壇者:板倉俊之、八木将康、安川純平、小槙まこ、辻本耕志
・12月22日(土)17時の回
登壇者:中島早貴、小槙まこ、小野寺ずる、肘井美佳、大地洋輔

【観劇特典】
■4回観劇でお好きな出演者の直筆生サイン入りポストカードプレゼント

■毎公演ポストカードプレゼント(メッセージ入り)
12/12(水)19:00公演 板倉俊之ポストカード
12/13(木)14:00公演 中島早貴ポストカード
12/14(金)19:00公演 肘井美佳ポストカード
12/15(土)13:30公演 辻本耕志ポストカード
12/15(土)17:00公演 小野寺ずるポストカード
12/16(日)13:30公演 小槙まこポストカード
12/16(日)17:00公演 染谷俊之ブロマイド
12/17(月)19:00公演 宮平安春ポストカード
12/19(水)14:00公演 メインビジュアルポストカード
12/20(木)19:00公演 安川純平ポストカード
12/21(金)14:00公演 染谷俊之ポストカード
12/22(土)13:30公演 八木将康ポストカード
12/22(土)17:00公演 大地洋輔ポストカード
12/23(日)13:30公演 4種ランダムポストカード
12/23(日)17:00公演 4種ランダムポストカード
12/24(月・祝)14:00公演 山崎樹範ポストカード

■チケット代:全席指定 8,600円(税込)

■チケット情報
・チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:489-448)
http://w.pia.jp/t/jcrs/(パソコン・携帯)
セブンイレブン、チケットぴあ店舗
・ローソンチケット:0570-000-407、0570-084-003(Lコード: 35344)
http://l-tike.com/jcrs/(パソコン・携帯)
ローソン、ミニストップ(店内Loppi)
・イ-プラス:http://eplus.jp/jcrs/(パソコン・携帯)
ファミリーマート店内(Famiポート)
・キノチケオンライン:https://www.kinokuniya.co.jp
・キノチケットカウンター:新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店5F(店頭販売10:00~18:30)
・チケットよしもと:http://ticket.yoshimoto.co.jp0570-550-100(Yコード:107321、24時間受付)
・ファミリーマート店舗(Famiポート、トップメニュー「チケットよしもと」ボタンをタッチ)
■チケット担当:サンライズプロモーション東京
■企画・製作:メディアミックス・ジャパン
■チケットに関するお問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10時~18時)
■公演に関するお問い合わせ :メディアミックス・ジャパン 03-6804-5456(平日12時~18時)

《公式HP》
https://www.mmj-pro.co.jp/jesus-christ-radiostar/《Twitter》
@jesus_radiostar

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る