廣瀬智紀&川栄李奈によるラブファンタジー、舞台『カレフォン』が開幕!戸塚純貴ら会見コメント&胸キュン熱演ショットをお届け

  • 2018-10-4

廣瀬智紀さんと川栄李奈さんのW主演、そして、鈴木おさむさん作・演出の新作舞台『カレフォン』が、10月4日に東京・オルタナティブシアターにて開幕しました。

【物語】
派遣OLの茜は、上司に嫌味ばかり言われ、何をしてもうまくいかない。「生きていても楽しくない」そんなことを思ったある日、古いスマホが突然鳴り出す。2年前に亡くなった恋人・駿から電話がかかってくる。彼のことを忘れようと必死だった茜の前に、スマホとなって現れた元カレ。彼のおかげで、茜は少しずつ前を向き、茜を取り巻く人々が一歩ずつ動き出す…!

切なく泣けるラブファンタジーとなる本作には、廣瀬智紀さんが藤原駿役、川栄李奈さんが結城茜役としてW主演!
その他、会社の社長の息子である桐生陸役を戸塚純貴さんが、茜の同僚・花田裕美役を柳美稀さんが、そして、嫌みな上司・玉木健一役など複数の役柄を山崎樹範さんが演じます。
さらに、大塚愛さんの書き下ろし主題歌『Dear, you』が、“泣き恋”舞台をグッと盛り上げます。

初日公演の直前に行われた囲み取材には、5名のキャストと作・演出の鈴木おさむさんが登壇。本番に向けての心境や稽古中のエピソードなどを語ってくれました。

(左より)山崎樹範さん、戸塚純貴さん、川栄李奈さん、廣瀬智紀さん、柳美稀さん、鈴木おさむさん

(左より)山崎樹範さん、戸塚純貴さん、川栄李奈さん、廣瀬智紀さん、柳美稀さん、鈴木おさむさん

藤原駿役/廣瀬智紀さん
「一ヶ月みっちり稽古してきたので、カレフォンの世界観をどれだけお客さんに届けられるかなって。ワクワクとドキドキでいっぱいです!」

結城茜役/川栄李奈さん
「5人しかいないので、稽古でもみんなで意見を言い合ったり、表情がわかんないですって言ったら、やましげさん(山崎樹範さん)がやってくれたりとか。和気あいあいと且つ、団結しながらできたので、それがみなさんに伝わればいいなと思います」

桐生陸役/戸塚純貴さん
「今回は原作の方もありますので、そのファンの方々にも楽しんでいただける作品にもなっていると思います。5人にしかできない、5人だからできる舞台になっていると思います」

花田裕美役/柳美稀さん
「初舞台なので、思考回路が停止するほど緊張してるんですが、自分の出せるものを出していけるように頑張ります」

玉木健一役/山崎樹範さん
「柳さんは初舞台なんですが、僕は今年に関して言うと、これが5本目の舞台。なので、多少の温度差はあります(笑)」

作・演出/鈴木おさむさん
「今回は女性が見に来て絶対になけるラブストーリーを作ろうと思いまして。昨日もリハをやったんですけど、女性スタッフが爆泣きしてる様子を見て、これはけっこういけるんじゃないかなって感じました。キュンとするようなシーンもあります。ただ、一ヶ月稽古してみて、川栄さんがこう見えて、意外と心の中におじさんが住んでいまして(笑)。心の中のおじさんを捨てて、恋愛を思いっきりやっていただけたら大成功するんじゃないかと思ってます!」

鈴木さんの言葉を受けて、川栄さんは「このキャスト、男性陣が女性っぽくて、女2人が男っぽいんです。だから、逆にバランスいいなって思ってます」と返答。
鈴木さん自身が昔の携帯電話を取っておくタイプで、そこから今作の発想を得たそう。同じく男性キャスト3名も「正直、取っておいてます」と告白する中、川栄さんと柳さんは「ポイって捨てる!」ときっぱり。川栄さんから「女々しい(笑)」と笑われた男性陣は「それはちょっと違う」と、反論していました。

また、稽古中の雰囲気を尋ねられると、廣瀬さんが「キャストみんなでごはんに行ったんですけど、そういうのきっかけに仲良くなれたのかな」コメント。川栄さんからは「稽古が終わった後に、胸キュンシーンを戸塚くんとやましげさんがやってくれて。こうしたほうがいいぞっていうのを、2人で抱きしめ合ったりとか」という暴露が! 山崎さんが川栄さん役、戸塚さんが廣瀬さん役で胸キュン指導をしていたそう。

どんな人に見てもらいたいかという質問には、廣瀬さんが「最近泣いてない人やほっこりしたいなって人達もそうなんですが、ラブファンタジーというテーマ以上に人間ドラマ。キャラクターの生き方が妙にリアルなんです。登場人物の誰かに感情移入して、こういう瞬間あるなって思えることがたくさん出てくるはずなので、何か1つ気づいて1歩前に進める作品になればいいなと思います」と話し、最後に「この舞台を見て存分に泣いて、存分に笑って、明日からの活力になればいいなと思います。ぜひ劇場に遊びに来てください」という挨拶で締めくくりました。

【ゲネプロショット】

ヒロイン・茜を演じる川栄李奈さん

ヒロイン・茜を演じる川栄李奈さん

茜の亡くなった恋人・駿を演じる廣瀬智紀さん

茜の亡くなった恋人・駿を演じる廣瀬智紀さん

茜が勤める会社の御曹司・陸を演じる戸塚純貴さん

茜が勤める会社の御曹司・陸を演じる戸塚純貴さん

上司の玉木(山崎樹範さんが、)嫌味ったらしく茜に絡んでくる

上司の玉木(山崎樹範さん)が、嫌味ったらしく茜に絡んでくる

昔のスマホにかかってきた駿から電話に、茜は動揺を隠せない

昔のスマホにかかってきた駿から電話に、茜は動揺を隠せない

高校球児だった駿

高校球児だった駿

高校球児だった駿の回想シーン

高校球児だった駿の回想シーン

陸はいつでも笑顔でポジティブ!

陸はいつでも笑顔でポジティブ!

病気を告白した駿が、茜をギュッと抱き寄せる……

とある告白をした駿が、茜をギュッと抱き寄せる……

前を向けない茜の背中を押す駿

前を向けない茜の背中を押す駿

舞台「カレフォン」は、2018年10月4日~21日 東京・オルタナティブシアターほか、27日・28日 大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、31日 広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ、11月3日 埼玉・ウェスタ川越 大ホール、6日 仙台・電力ホール、11日 北海道・七飯町文化センター パイオニアホール、13日 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)の全国7都市で上演。
また、本作のDVD&Blu-rayが発売決定。インターネットショッピングサイトや全国の販売店、舞台の劇場にて予約可能です。公演の詳細は下記Informationより公式サイトをご確認ください。

■廣瀬智紀 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

舞台「カレフォン」
【出演】廣瀬智紀  川栄李奈 / 戸塚純貴  柳 美稀  山崎樹範
【作・演出】鈴木おさむ 【音楽】大塚 愛
【公演日時】
2018年10月4日(木)~21日(日)東京・オルタナティブシアター
10月27日(土) 13:00/18:00開演・28日(日)12:00/17:00開演 大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
10月31日(水) 19:00開演 広島・はつかいち文化ホールさくらぴあ
11月3日(土) 18:00開演 埼玉・ウェスタ川越 大ホール
11月6日(火) 19:00開演 仙台・電力ホール
11月11日(日) 18:00開演 北海道・七飯町文化センター パイオニアホール
11月13日(火) 19:00開演 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

【チケット】全席指定 8,500円(税込)
※東京・大阪・広島公演 ※他、都市によって異なる

【企画・製作】エイベックス・エンタテインメント

≪公式サイト≫
https://www.krph.jp
≪公式twitter≫
@krph_jp

■舞台「カレフォン」DVD&Blu-ray
◇発売日:2019年2月27日(水)
◇商品形態:【DVD】¥8,800(税込) AVBD-92731
【Blu-ray】¥9,800(税込) AVXD-92732

◇収録内容
<本編>東京公演本編映像
<特典映像>
・カレフォン舞台裏オフショット映像
・男性キャストによる居酒屋反省会(ダイジェスト版)
・鈴木おさむ×キャスト対談
・アフタートーク
・キャストによる副音声

インターネットショッピングサイト、全国の販売店、舞台「カレフォン」会場にて予約受付中です。

関連商品

  • GCSB-014
    スマ恋「きみいろえがお」≪初回限定版≫
  • SGK015
    [雪月花スクランブル]パンフレット
  • SGK010
    [雪月花スクランブル]クリアファイル3種セット
  • SGK002
    [雪月花スクランブル]廣瀬智紀L版ブロマイドB
  • SGK001
    [雪月花スクランブル]廣瀬智紀L版ブロマイドA
  • GCSB-011
    雪月花スクランブル

関連Movie

    • 2014-9-12

    雪月花スクランブル~学生寮は恋愛禁止!?~

    学生寮に暮らす女子は、アナタひとり! アナタが選ぶ、恋の相手は……誰? 学園の事務員として働きはじめた主人公(アナタ)が暮らすのは、寮生が減り、教師や職員にも入寮が認められた学生寮。 そこには、しっかり者のサ…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る