※画像追加!※演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞いよいよ開幕!須賀健太が秋公演にも想いを繋ぐ会見コメント&ゲネプロ画像UP!

  • 2018-4-28

古舘春一氏の大人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)を舞台化した、演劇「ハイキュー!!」シリーズの新作公演、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞が4月28日より東京・日本青年館ホールにていよいよ開幕! 前日27日には公開ゲネプロとともに囲み取材が行われ、主演・須賀健太さんらが公演への意気込みを語りました。

囲み取材登壇者: (後列左より)脚本・演出のウォーリー木下さん、和久谷南高校・中島 猛役の柳原 凛さん、条善寺高校・照島遊児役の船木政秀さん (前列左より)烏野高校・縁下 力役の川原一馬さん、日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の影山達也さん

囲み取材登壇者:
(後列左より)脚本・演出のウォーリー木下さん、和久谷南高校・中島 猛役の柳原 凛さん、条善寺高校・照島遊児役の船木政秀さん
(前列左より)烏野高校・縁下 力役の川原一馬さん、日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の影山達也さん

2015年の初演より、これまでに4作品を上演してきた演劇「ハイキュー!!」シリーズ。
前作〝進化の夏〞では、インターハイ予選で惜敗した烏野高校排球部が、夏の東京合宿で各々進化を遂げていく姿が描かれましたが、今作〝はじまりの巨人〞では、絶対王者・白鳥沢学園も出場する春高予選に挑む烏野高校が、変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、和久谷南高校と対決します!
主人公・日向翔陽役の須賀健太さんら烏野高校キャストは、2018年秋公演として上演される次作〝最強の場所(チーム)〞にて演劇「ハイキュー!!」からの卒業が発表されており、彼らと共にこの秋公演へとつながる春高予選の白熱した戦いを、条善寺高校キャスト、和久谷南高校キャスト、そして次作への登場も決定している白鳥沢学園高校・牛島若利役の有田賢史さんと、今作より登場の新キャストを含む、シリーズ史上最多となる33名のキャストが描き出します。

公演ゲネプロ直前に行われた囲み取材では、今作の脚本・演出を務めるウォーリー木下さんとともに、烏野高校・日向翔陽役の須賀健太さん、影山飛雄役の影山達也さん、縁下 力役の川原一馬さん、そして今作での対戦校として初出演する条善寺高校・照島遊児役の船木政秀さん、和久谷南高校・中島 猛役の柳原 凛さんが登場。

_82T1124

まずは、シリーズ初演より座長を務める烏野高校・日向翔陽役の須賀健太さんから、「早いもので、演劇「ハイキュー!!」の物語としては5作目を迎えました。〝進化の夏〞で、僕は雨男から進化を果たそうと思っていたんですが…今回も、僕が劇場入りした日から曇天が続いていまして、いい初日を迎えられそうだなと(笑)」と、冗談を交えて場を笑わせつつ、「今作では新たに、条善寺高校、和久谷南高校、そして白鳥沢学園が登場しました。原作でもなくてはならないストーリーがまた演劇「ハイキュー!!」に入ってきて、毎日本当に刺激的な日々を送っています。一人でも多くの方に楽しんでいただけたら!」と語ります。

そして前作より烏野高校・影山飛雄役を務める影山達也さんは、「春高をかけた、絶対に負けられない戦いが始まります。カンパニー全員で、勝ちに行きたいと思います! かいてきた汗は嘘をつかないと思うので、全力で最後まで駆け抜けていきます」と、熱い意気込みを真っ直ぐにコメント。シリーズ初演から烏野高校・縁下 力役を務める川原一馬さんは「今回は原作上でも、縁下というキャラクターがすごくドラマをつくる作品。そこを見ていただきたいのはもちろんですが、“僕らの世代がつくる新しい演劇の形を見せる”という想いも、僕らは根底に持っています。その意気込みも、作品を通して感じていただけたら」と話し、仲間と共に演劇「ハイキュー!!」という作品を築いてきた上での想いも覗かせます。

また新キャストとして加わった、条善寺高校・照島遊児役の船木政秀さんは「(初演作の再演を含め)6作目にして初参加ということで、プレッシャーがすごくかかっていました。ですが、明日からいよいよ本番が始まりますので、全力で条善寺高校らしく! 楽しんで、盛り上げていきたいと思います」と、元気に意気込みます。同じく新キャストにして、自身もバレーボール経験者だという和久谷南高校・中島 猛役の柳原 凛さんは、「1年生の頃は本当に練習がキツくて、毎日泣いて。そして、練習をずる休みしてしまったんです」と自身の過去を振り返った上で、それに重なるエピソードも登場する和久谷南戦について「ずる休みをした罪悪感より、やっぱりバレーがしたいという想いが勝つこと。ピンチサーバーに選ばれたときの手の震え。そういったことが和久谷南戦では本当に鮮明に描かれています。その試合で、エース役を務められることを本当に嬉しく思います」とコメント。演じる役柄に合わせての坊主頭にも「人生初めての坊主はちょっと抵抗があったんですが(笑)、その分思い入れはあるのでお客様にしっかりと届けられたら」と、意気込みを滲ませました。

脚本・演出を手掛けるウォーリーさんは、〝はじまりの巨人〞と題された今作について「初演で日向が憧れた“小さな巨人”という存在を中心に描いてみようと。なので、自然と初心に帰ったというか…これまでやってきた演劇「ハイキュー!!」の面白いエッセンスを詰め込みつつも、次の秋公演へとつながる、未来のある作品にしたいと思いました」と、語ります。

そんな今作では、新たなチームのそれぞれ個性的かつ強力なプレイスタイルを、条善寺高校はアクロバット、和久谷南高校はダンスを中心としたパフォーマンスで表現! 熱心に自主練習も重ねているという新キャストたちの言葉に、須賀さんも「和久谷南キャストが休みの日もダンスの練習に集まっていたり、条善寺キャストが稽古場で一番に集まってアクロバットの練習をしている姿は、“烏野も負けていられないな”という想いにさせてくれます」とコメント。さらに、「僕たち烏野高校は、みんなで一緒に食事に行き、同じ釜の飯を食べることを大切にしています」と、チームカラー作り出すために心がけていることを明かしてくれました。

またキャスト陣の仲を聞かれた須賀さんは、「ただの仕事仲間でも、友だちでもなく…同志というか。特に同じ学校のメンバーは、言い表せない絆で繋がっています」とその関係を語る一方、烏野高校キャストの中でダンス番長とされる川原さんが、仲間から“カウントおじさん”というあだ名で呼ばれているというエピソードも! さらに「最近ではウォーリーさんがひどくて、“カウント”を省略して、ただの“おじさん”って呼び出して(笑)」と明かし、場内を笑わせました。

また囲み取材の最後には、須賀さんが「秋公演〝最強の場所(チーム)〞をもって、僕ら烏野高校は卒業を迎えます。次の公演が見えている状態で開幕を迎えるのは今回が初めてですが、春公演は春公演としてしっかり演じるとともに、秋公演が決まっているからこそ出せる色があるはず。〝はじまりの巨人〞を見ていただいたら、より〝最強の場所(チーム)〞が楽しめるようになっているので、両方見て楽しんでいただけたら」と話し、「僕らの秋公演への想いも感じていただきつつ、3年やってきたからこその演劇「ハイキュー!!」になっていると思いますので、ぜひ劇場に遊びに来てください!」と、観客にメッセージを送りました。

会見後にはゲネプロが公開。その熱演シーンをお届けします。

【ゲネプロ画像】

合宿を経て烏野バレー部の進化した戦いぶりが今作の見どころ

合宿を経て烏野バレー部の進化した戦いぶりが今作の見どころ

月島や山口、そして縁下が自分の殻を破ろうと葛藤

月島や山口、そして縁下が自分の殻を破ろうと葛藤

音駒vs梟谷の戦いも絶妙なエッセンスとしてからみあう

音駒vs梟谷の戦いも絶妙なエッセンスとしてからみあう

今作でもプロジェクション映像が冴え渡ります

今作でもプロジェクション映像が駆使され、青城の及川徹や伊達工の青根高伸らも“参戦“!

白鳥沢のエーススパイカー、牛若こと牛島若利が圧倒的存在感を発揮!

白鳥沢のエーススパイカー、牛若こと牛島若利が圧倒的存在感を発揮!

【公演概要】
■ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞

<公演期間・劇場>
東京:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 日本青年館ホール
兵庫:2018年5月12日(土)~13日(日) あましんアルカイックホール
福岡:2018年5月18日(金)~20日(日) 福岡国際会議場 3F メインホール
宮城:2018年5月25日(金)~27日(日) 多賀城市民会館 大ホール
大阪:2018年6月1日(金)~3 日(日) オリックス劇場
東京凱旋:2018年6月8日(金)~17 日(日) TOKYO DOME CITY HALL

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左 HIDALI
共同脚本:入江おろぱ

キャスト:
■烏野高校
日向翔陽……須賀健太/
影山飛雄……影山達也/
月島 蛍……小坂涼太郎
山口 忠……三浦海里
田中龍之介……塩田康平
西谷 夕……渕野右登
縁下 力……川原一馬
澤村大地……田中啓太
菅原孝支……田中尚輝
東峰 旭……冨森ジャスティン/

■条善寺高校
照島遊児……船木政秀
母畑和馬……森永彩斗
二岐丈春……鈴木遥太
沼尻凛太郎……荒田至法
飯坂信義……安川集治
土湯 新……松原 凛/

■和久谷南高校
中島 猛……柳原 凛
川渡瞬己……正田尚大
白石優希……木村優良
花山一雅……Goku
鳴子哲平……本川翔太
秋保和光……蓮井佑麻/

■白鳥沢学園高校
牛島若利……有田賢史/

■音駒高校
孤爪研磨……永田崇人
黒尾鉄朗……近藤頌利/

■梟谷学園高校
木兎光太郎……吉本恒生
赤葦京治……髙﨑俊吾/
※木兎光太郎役 吉本恒生降板のため、代役として東 拓海が木兎光太郎として出演いたします。

■烏野高校 OB・OG
嶋田 誠……山口賢人
田中冴子……佐達ももこ/

■烏野高校 マネージャー
清水潔子……長尾寧音
谷地仁花……斎藤亜美/

■烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄……内田 滋
烏養繋心……林 剛史/

≪あらすじ≫
幼い頃に見た〝小さな巨人〟に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。
しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。
インターハイ予選で惜敗した烏野は春高出場を目標に夏の東京合宿で各々進化を遂げた。
春高予選を目前にした日向と影山は、白鳥沢学園高校の超高校級エース・牛島若利と遭遇する。
絶対王者・白鳥沢を倒さなければ全国出場は果たせない。
そして、いよいよ始まる春高予選。変幻自在な攻撃スタイルの条善寺高校、和久谷南高校との次世代〝小さな巨人〟対決!!

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない。
3度のボレーで攻撃へと〝繋ぐ〟球技、バレーボール。
再び全国の舞台を目指して、熱戦、開幕!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞は、2018年4月28日に開幕する東京公演を皮切りに、兵庫、福岡、宮城、大阪の5都市を巡り、東京凱旋公演まで上演。また、6月17日に迎える東京凱旋公演 大千秋楽では、ライブビューイングの開催も決定しています。各詳細は、Informationから公式サイトをチェックしてください。
またスマートボーイズでは、今作の公演ゲネプロでのステージショットも追加掲載予定! こちらもお楽しみに。
Ⓒ古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

☆Information

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人〞

<公演期間・劇場>
東京:2018年4月28日(土)~5月6日(日) 日本青年館ホール
兵庫:2018年5月12日(土)~13日(日) あましんアルカイックホール
福岡:2018年5月18日(金)~20日(日) 福岡国際会議場 3F メインホール
宮城:2018年5月25日(金)~27日(日) 多賀城市民会館 大ホール
大阪:2018年6月1日(金)~3 日(日) オリックス劇場
東京凱旋:2018年6月8日(金)~17 日(日) TOKYO DOME CITY HALL

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:左 HIDALI
共同脚本:入江おろぱ

<キャスト>
須賀健太/影山達也/小坂涼太郎 三浦海里 塩田康平 渕野右登 川原一馬
田中啓太 田中尚輝 冨森ジャスティン/
船木政秀 森永彩斗 鈴木遥太 荒田至法 安川集治 松原 凛/
柳原 凛 正田尚大 木村優良 Goku 本川翔太 蓮井佑麻/
有田賢史/
永田崇人 近藤頌利/
吉本恒生 髙﨑俊吾/
山口賢人/佐達ももこ/長尾寧音 斎藤亜美/内田 滋 林 剛史

<チケット情報>
東京・兵庫・東京凱旋公演 S席:8,800 円 A席:6,800 円(全席指定・税込)
福岡・宮城公演 8,800 円(全席指定・税込)
大阪公演 S席:8,800 円 A席:6,800 円 B席:4,800 円(全席指定・税込)

<チケットに関するお問い合わせ>
サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337 (全日 10:00~18:00)

<公演に関するお問い合わせ>
ネルケプランニング TEL:03-3715-5624 (平日 11:00~18:00)

<公式サイト>
http://www.engeki-haikyu.com/

関連商品

  • 2019kageyama_clB
    [影山達也]《通常・配送版》 「2019.04-2020.03 カレンダー」【B】A4壁掛けカレンダー
  • 2019kageyama_clA
    [影山達也]《通常・配送版》 「2019.04-2020.03 カレンダー」【A】卓上カレンダー

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る