極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』納谷健、深澤大河ら待望のキャストビジュアル発表!

  • 2017-11-27

納谷 健さん、深澤大河さんらの出演で、2018年3月8日~13日 紀伊國屋ホールにて上演される本格文學朗読演劇 極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』より、待望のキャストビジュアルが発表されました。

【読み師 キャストビジュアル】

又三郎役 納谷健さん(劇団patch)

又三郎役 納谷健さん(劇団patch)

又三郎役 深澤大河さん

又三郎役 深澤大河さん

よだか役 藤原祐規さん

よだか役 藤原祐規さん

よだか役 三浦海里さん

よだか役 三浦海里さん

一郎/鷹役 鈴木裕斗さん

一郎/鷹役 鈴木裕斗さん

一郎/鷹役 白粕寿大さん

一郎/鷹役 白粕寿大さん

喜助/弟役 松本祐一さん

喜助/弟役 松本祐一さん

喜助/弟役 市瀬秀和さん

喜助/弟役 市瀬秀和さん

【具現師 キャストビジュアル】

美木マサオさん

美木マサオさん

福島悠介さん

福島悠介さん

濱仲 太さん(ナイスコンプレックス)

濱仲 太さん(ナイスコンプレックス)

萩原 悠さん

萩原 悠さん

百瀬友水さん (ナイスコンプレックス)

百瀬友水さん (ナイスコンプレックス)

極上文學は日本文學の上質な世界観を立体的に表現し、ワンランク上のこだわり、“読み
師”と“具現師”からなる構成でビジュアルと音楽、動いて魅せるスタイルが人気の本格文學朗読演劇シリーズ。マルチキャスティング制により、組合せを日替わりで上演し変化のある公演も魅力です!

第12弾となる今作では、幻想的な童話の世界を描いた宮沢賢治の『風の又三郎』『よだかの星』を上演。さらに8名の読み師に加え、今作から誕生した新たなパート、語り師の6名が極上文學の世界へ観客を誘います。
毎作品、豪華スタッフが描くことで話題のキービジュアルは、宮沢賢治作品の漫画・アニメなどでお馴染みのますむらひろしさん描き下ろしです!

キービジュアルは、ますむらひろしさんによる描き下ろし

キービジュアルは、ますむらひろしさんによる描き下ろし

本格文學朗読演劇 極上文學 第12弾『風の又三郎・よだかの星』は、2018年3月8日〜13日 紀伊國屋ホールにて全11ステージ上演されます。11月22日11:00~チケットぴあにて追加抽選先行のチケット受付がスタート! その他、公演の最新情報は下記Informationより公式サイトをご確認ください。
ⓒますむらひろし
ⓒ2017 CLIE/MAG.net

☆Information

本格文學朗読演劇 極上文學 第12 弾『風の又三郎・よだかの星』
【日程】2018年3月8日(木)~3月13日(火)
【劇場】紀伊國屋ホール
【原作】宮沢賢治
【演出】キムラ真(ナイスコンプレックス)
【脚本】神楽澤小虎(MAG.net)
【キービジュアル】ますむらひろし
【音楽・演奏】橋本啓一
【コレオグラファー】美木マサオ(マサオプション)
【出演】
≪読み師≫
又三郎:納谷 健(劇団patch)、深澤大河
よだか:藤原祐規、三浦海里
一郎/鷹:鈴木裕斗、白柏寿大
喜助/弟:松本祐一、市瀬秀和
≪語り師≫
赤羽根健治、折笠富美子、竹内順子、田丸篤志、三浦祥朗、山口智広(五十音順)
≪具現師≫
美木マサオ、福島悠介、濱仲 太(ナイスコンプレックス)、萩原 悠、百瀬友水 (ナイスコンプレックス)

【舞台公演チケット情報】
・極上シート:8,800円(税込)
※特典付き・前方エリアシート
※特典:ますむらひろしさん描き下ろしキービジュアルトートバッグ付(非売品)
・一般席:5,900円(税込)

≪追加抽選先行(抽選)≫
2017年11月22日(水)11:00~11月26日(日)23:59
・チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/kaze-yodaka/
≪一般販売(先着)≫
2017年12月2日(土)12:00~
・チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/kaze-yodaka/
・カンフェティ
http://confetti-web.com/12th-kaze-yodaka/
0120-240-540*通話料無料
(受付時間平日10:00~18:00※オペレーター対応)
・イープラス
http://eplus.jp/gokujo/
・キノチケットカウンター
新宿駅東口・紀伊國屋書店新宿本店5F
(店頭販売 10:00〜18:30)
・キノチケオンライン
https://www.kinokuniya.co.jp/

≪公式サイト≫
https://www.gekijooo.net/
≪公式Twitter≫
@MAG_play

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る