山本一慶&小松準弥が池波正太郎の本格時代劇に挑む、舞台『黒雲峠』上演中!舞台写真UP

  • 2017-6-10

池波正太郎作、笠原 章さんが演出を手掛ける本格時代劇の舞台『黒雲峠』が、6月9日東京・カメリアホールにて公演開幕を迎えました。第一部の時代劇「黒雲峠」では、敵討ちで敵対する2人の若侍・鳥居文之進役に山本一慶さん、玉井伊織役に小松準弥さんが扮し、続く第二部「殺陣 花・月・雪」ではキャスト陣がショーアップされた殺陣を披露する今作。初日公演直前に行われたゲネプロから、舞台ショットをお届けいたします。

現代によみがえる、池波正太郎作の本格時代劇に山本一慶さん、小松準弥さんが挑む!

現代によみがえる、池波正太郎作の本格時代劇に山本一慶さん、小松準弥さんが挑む!

『鬼平犯科帳』『剣客商売』など数多くの名作を生み出し、時代小説作家の第一人者として没後27年を迎えた今なお絶大な人気を誇る池波正太郎。元は劇作家であった池波正太郎自らの演出で、昭和32年に新国劇の中堅・若手が出演できる演目として初演された『黒雲峠』が、この度、かつて新国劇の俳優であり、現在は劇団若獅子の代表を務める笠原 章さんの演出で現代によみがえりました。

第一部「黒雲峠」は、江戸末期の頃、北国のとある峠沿いの街道を舞台にした敵討ちの物語。父を亡くし、藩主からその敵討ちの令を受け、叔父・玉井惣兵衛(笠原 章さん)や仲間とともに敵を待ち構える侍・玉井伊織(小松準弥さん)。一方、伊織の父を討った敵となった鳥居文之進(山本一慶)は、天野平九郎(正木慎也さん)とともに街道を進んでいた。それぞれ争いへの不服な想いを抱きながら、敵を討つ方と討たれる方として敵対することになってしまった2人。敵討ちに纏わる人々の思惑も交差する中、ついに相まみえた2人が迎える結末とは…。

藩主の命令により、強者を連れて父の敵を討つ旅に出ている玉井伊織(小松準弥さん)

藩主の命令により、強者を連れて父の敵を討つ旅に出ている玉井伊織(小松準弥さん)

伊織は国政を乱した父を正義のために討った文之進を討つ気になれないが、出世を狙う叔父の玉井惣兵衛(左・笠原 章さん)に説得される

伊織は国政を乱した父を正義のために討った文之進を討つ気になれないが、出世を狙う叔父の玉井惣兵衛(左・笠原 章さん)に説得される

そんな中、玉井家に仕える伊之助(左・滝口奏介さん)から、文之進らがまもなく通ることを知らされる

そんな中、玉井家に仕える伊之助(左・滝口奏介さん)から、文之進らがまもなく通ることを知らされる

藩のために凶行に及んだものの、その責を背負わされ命を狙われる鳥居文之進(山本一慶さん)

藩のために凶行に及んだものの、その責を背負わされ命を狙われる鳥居文之進(山本一慶さん)

失望した文之進は脱藩し、叔父のいる加賀藩に向かう中で伊織の待つ街道に差し掛かる

失望した文之進は脱藩し、叔父のいる加賀藩に向かう中で伊織の待つ街道に差し掛かる

文之進と従兄の天野平九郎(手前右・正木慎也さん)は、伊之助を脅し嘘の情報を伝えさせる

文之進と従兄の天野平九郎(手前右・正木慎也さん)は、伊之助を脅し嘘の情報を伝えさせる

文之進と伊織、周囲の思惑も交錯する中でついに2人は相まみえる!

文之進と伊織、周囲の思惑も交錯する中でついに2人は相まみえる!

続く第二部では「殺陣 花・月・雪」と題し、松村湧太さんによる尺八演奏に合わせショーアップされた殺陣をキャスト陣が披露。第一部とは衣装も変え、美しい所作で魅せる殺陣を凛々しくも鮮やかに繰り広げます。

第二部では力強くしなやかな刀さばきを見せる山本一慶さん

第二部では力強くしなやかな刀さばきを見せる山本一慶さん

扇子を手に、美しい立ち振る舞いを披露する小松準弥さん

扇子を手に、美しい立ち振る舞いを披露する小松準弥さん

IMG_5953
IMG_5972

(左から)尺八演奏の松村湧太さん、小松準弥さん、笠原 章さん、山本一慶さん、正木慎也さん

(左から)尺八演奏の松村湧太さん、小松準弥さん、笠原 章さん、山本一慶さん、正木慎也さん

舞台『黒雲峠』は6月11日までカメリアホールにて上演中。当日券販売情報など、公演詳細はInformationより公演主催のアーティストジャパン公式サイトをご確認ください。
また、2017年8月11日~13日までカメリアホールにて上演される『夏の夜の夢』にも山本一慶さんがハーミア役で出演決定! こちらの公演チケットは6月10日より発売開始、合わせて要チェックです。

■山本一慶 出演動画はアプリで好評配信中↓■

※山本一慶さんが、神楽坂をおさんぽデート♪ 「東京スマートさんぽ 山本一慶~神楽坂編~」MOVIEがスマボアプリで配信中! DVD発売記念イベントが7/9開催、チケット一般発売がスマボSHOPで6/21まで受付中!

☆Information

■『黒雲峠』
作・池波正太郎
演出・笠原 章
出演:山本一慶、小松準弥/正木慎也、笠原 章 ほか
尺八演奏:松村湧太
公演日時:6月9日(金)19時、10日(土)13時/17時、11日(日)13時/17時
会場:カメリアホール(江東区亀戸文化センター)
料金:5,800円(税込、全席指定)
主催・製作:アーティストジャパン
共催:公益財団法人江東区文化コミュニティ財団
■『夏の夜の夢』
作:ウイリアム・シェイクスピア
演出・振付:中村龍史
出演:山本一慶、和合真一、木村敦、松村泰一郎、塩澤英真、古谷大和 ほか
公演日時:8月11日(金・祝)19時、12日(土)13時/17時、13日(日)13時/17時
会場:カメリアホール(江東区亀戸文化センター)
料金:S席6,800円、A席4,800円 6月10日10時より前売りチケット発売
《公式サイト》
http://artistjapan.co.jp/

関連商品

  • YI07
    [山本一慶さんぽ]A4版ブロマイド③
  • YI06
    [山本一慶さんぽ]A4版ブロマイド②
  • YI05
    [山本一慶さんぽ]A4版ブロマイド①
  • YI04
    [山本一慶さんぽ]L版ブロマイドD
  • YI03
    [山本一慶さんぽ]L版ブロマイドC
  • YI02
    [山本一慶さんぽ]L版ブロマイドB
  • YI01
    [山本一慶さんぽ]L版ブロマイドA
  • NZ08
    [夏空の君と]山本一慶×遊馬晃祐×上田悠介L版ブロマイドB

関連Movie

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る