佐藤大樹&増田俊樹W主演「錆色のアーマ」、永田崇人・平田裕一郎・崎山つばさら熱演ソロ画像UP!

  • 2017-6-11

前代未聞、舞台からメディアミックス展開がスタートする“逆2.5次元”プロジェクトとして話題の舞台「錆色のアーマ」が、6月8日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて東京公演を上演中!
今作でW主演を務める孫一役の佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS)、織田信長役の増田俊樹さんほか、孫一が率いる雑賀衆の面々を演じる荒木健太朗さん、永田崇人さん、平田裕一郎さん、章平さん、神里優希さん、崎山つばささん、そして明智光秀役の栩原楽人さん、数珠坊役の市瀬秀和さん、顕如役の輝馬さんとメインキャスト11名のソロ熱演カットをご紹介します。

孫一役の佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS)

孫一役の佐藤大樹さん(EXILE/FANTASTICS)

■孫一 (マゴイチ)
…刀と銃の一体型アーマ 『麒麟殺し』
異国の血を引く、青き目をした山の衆。戦いの天才。その才で傭兵集団雑賀衆を率い、姉の仇である信長を狙う。信長に近づき殺そうとするも、その生き方に惹かれ、また自身も多くのことに気付いていく。よく笑い、よく怒り、よく泣く感情型。本来は穏やかな暮らしを望む心優しい性格。

織田信長役の増田俊樹さん

織田信長役の増田俊樹さん

■織田信長
…神剣・天羽々斬を自分用に鍛え直した、ふた振りの刀『天羽々斬拵え直し・神断ち』
冷静冷酷さは、平将門の怨念が取り憑いているという噂されるほど。壮絶な家督争いの末、多くの犠牲の上で織田家を継ぐ。天に選ばれし者。覇道を征く者。

鶴首役の荒木健太朗さん

鶴首役の荒木健太朗さん

■鶴首 (ツルクビ)
…長尺のアーマ 『鳳凰落とし』
雑賀衆の中では最年長で、孫一を影で支える存在。元来雑賀衆を束ねる正当な血統を持つが、数多の暗殺集団を渡り歩くなど経歴は謎。数十間先の的を確実に仕留める雑賀随一の名手。蛍火を息子のように可愛がっている。

蛍火役の永田崇人さん

蛍火役の永田崇人さん

■蛍火 (ホタルビ)
…舞うように制圧する特殊な形状の二丁拳銃のアーマ 『烏天狗封じ』
小柄な体で小型の銃を操る。忍のような身体能力。どこぞの落胤であるとの噂もある。
捨てられ、命を失いかけている所を鶴首に拾われて雑賀衆の仲間になった。

黒氷役の平田裕一郎さん

黒氷役の平田裕一郎さん

■黒氷 (クロヒョウ)
…その時の新作武器を右手に仕込むアーマ 『白虎薙ぎ』
義手と義足、五臓六腑のあらゆる場所が銃で仕上がっている、半分機械仕掛けの男。銃マニアで自身で銃を考案しては、自分の身に組み込む奇人。

木偶役の章平さん

木偶役の章平さん

■木偶 (デク)
…破壊する大筒のアーマ 『玄武砕き』
巨漢。その巨躯と怪力で、大筒やその戦に必要な装備を運んでおり、いつも黒氷の武器も運ばされている。もともと真言宗の僧であったが、とある事情から破戒僧になり、孫一に拾われ雑賀衆に入る。

アゲハ役の神里優希さん

アゲハ役の神里優希さん

■アゲハ
…人を惑わせ殺すアーマ 『朱雀惑い』
見た目は女のような美少年。変装の達人で、暗闇でも見える視力の持ち主で雑賀衆の暗殺業務を担っている。部門の名家の出で、幼いころに双子の姉を失くして以来姉の人格を背負っている。

不如帰役の崎山つばささん

不如帰役の崎山つばささん

■不如帰 (ホトトギス)
…怨念を操り撃つ妖銃のアーマ 『青龍穿ち』
幼いころに雑賀衆に拾われ、戦闘訓練を受けた雑賀衆のエリート。天台宗の名家の生まれであったが、権力争いに敗れ、家族を失っている。若いが落ち着きがあり、一団をリードする。

明智光秀役の栩原楽人さん

明智光秀役の栩原楽人さん

■明智光秀
少年のような顔だちと人懐っこさを持ち併せているが、子供のような無邪気さゆえその裏側に残酷さも秘め、信長の完璧な強さ、理念、人間性に憧れて心酔する一方、誰よりも認められたいという野心を秘めている。

数珠坊役の市瀬秀和さん

数珠坊役の市瀬秀和さん

■数珠坊 (ジュズボウ)
比叡山延暦寺が戦闘の精鋭集団、四聖がひとり。元は浅井氏に仕えし軍師であり、軍略にも長けている。織田信長に対抗する包囲網として、一向宗と手を組み信長に襲い掛かる。

顕如役の輝馬さん

顕如役の輝馬さん

■顕如 (ケンニョ)
長い髪をなびかせる美形僧侶で一向宗の長。戦国の世を救う救世主として民の信仰を集める。その法力は死者をも操り、自らも400年以上生きている不老不死の身とも言われている。

今作「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を携え天下統一を夢見た男たちが、企て、惹かれ、裏切り、葛藤していくそれぞれの生き様を描きだす、史実に基づいた完全オリジナルストーリーの作品。今や世界に誇る日本文化のひとつとなりつつある、漫画・アニメ・ゲームなどを原作とした“2.5次元舞台”。 その流れとは逆に、まず舞台版が生まれ、そこからアニメをはじめとするメディアミックスを図っていくという“逆2.5次元”とでもいうべき前代未聞のプロジェクトとして、まずは東京・大阪の2都市で上演される舞台版が開幕を迎えました。

W主演を務めるのは、EXILE最年少パフォーマーとして活躍する傍ら、数々のドラマや映画、ミュージックビデオ等に出演、高い演技力でも評価を得ている佐藤大樹さんと、洋画・アニメ・ゲームを中心に声優としてその存在感を発揮している増田俊樹さんという異色のタッグ。それぞれの分野の第一線で目覚ましい活躍をみせている2人が、新プロジェクトでのW主演という大役に挑み、個性豊かな俳優陣と共にそれぞれのキャラクターを彩り豊かに演じています。

【公演情報】
■「錆色のアーマ」
原案:「錆色のアーマ」プロジェクト
脚本:なるせゆうせい
演出:元吉庸泰
キャスト:
孫一役:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 織田信長役:増田俊樹
鶴首役:荒木健太朗 蛍火役:永田崇人 黒氷役:平田裕一郎
木偶役:章平 アゲハ役:神里優希 不如帰役:崎山つばさ
穴沢裕介 井上 圭 KEN 小南竜平 西田健二 宮垣祐也 鮫嶋 樹 山口拳生
明智光秀役:栩原楽人 数珠坊役:市瀬秀和 顕如役:輝馬

【あらすじ】
鉄砲ひとつで戦乱の世に名乗りを上げた孫一という男がいた。その鉄砲技術を手中に収め、天を食らおうとする信長という男がいた。始めのうち、信長は孫一たち雑賀衆を警戒し、孫一もまた雑賀衆の村を襲った信長を嫌い憎んだ。
信長暗殺を企み、信長の支配下に置かれた孫一率いる雑賀衆は、次第に信長の思惑を知り、悲しみを知り、やがて信長とともに天下統一の夢を抱きだす。
信長は、孫一たちの才能に惹かれ、孫一は信長の求心力に惹かれていた。
そこに忍び寄る第三の目、一向宗という存在。救済信仰を傘に、織田家内部に謀反計画の種を蒔いたのは実は一向宗たちだった。
明智光秀もまたその一向宗の懐にいた。孫一は光秀と一向宗の罠に陥り、信長と完全に分断される。次第に進む信長暗殺計画。
すべてがその場所、本能寺へと集約されていく。
果たして、孫一と信長は、各々が目指す”天”に辿り着くことができるのか?

「錆色のアーマ」は、東京公演が2017年6月18日までAiiA2.5 Theater Tokyoにて上演中、続いて大阪公演が6月22日より森ノ宮ピロティホールにて上演です。チケット情報など、公演に関する最新情報はInformationから公式サイトをご確認ください。

■荒木健太朗 市瀬秀和 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

「錆色のアーマ」
【東京公演】2017 年6月8 日(木)~18日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo
【大阪公演】2017 年6月22日(木)~25日(日) 森ノ宮ピロティホール
チケット価格 8,500円(前売・当日共/税込・全席指定)
《公式サイト》
http://www.nelke.co.jp/stage/rusted_armors/

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る