舞台『警視庁抜刀課 vol.1』5/26開幕SP☆井上正大「中村優一くん=切通とのポップなシーンが楽しみ!」

  • 2017-5-5

月刊バーズ誌上で連載中の人気コミック『警視庁抜刀課』(斎藤岬 作)を原作とする舞台『警視庁抜刀課 vol.1』が5月26日より東京・CBGKシブゲキ!!にて開幕!

人を惑わす不思議な力を秘めた”憑き刀(つきがたな)”を取り締まるため、警視庁に設立された銃刀特別対策課(通称”抜刀課”)の刑事、切通 弥(きりどおし わたる)と架光隼人(かけみつ はやと)。
市民を守るために自ら刀を取り、憑き刀を回収する職務を行う彼らの前に、義経と弁慶と名乗る怪異的な2人組が現れ――。

切通役の中村優一さん(『仮面ライダー響鬼』『仮面ライダー電王』)と、架光役の井上正大さん(『仮面ライダーディケイド』)。
平成ライダーのW主演という、特撮ファンにはたまらないキャスティングに加え、2.5次元作品にも多く出演する若手の実力派・山本一慶さん、『特捜戦隊デカレンジャー』デカグリーン・江成仙一役でブレイクし音楽活動も行うなどマルチに活躍する伊藤陽佑さん、中性的な魅力で人気急上昇中の星元裕月(ほしもと ゆづき)さんという注目の俳優陣でおくる舞台『警視庁抜刀課 vol.1』。

スマートボーイズでは、この男性キャスト5名に意気込みや見どころを直撃! 中村優一さんのインタビューに続いては、切通の幼馴染でライバルで相棒・架光隼人役を演じる井上正大(まさひろ)さんに直撃!

切通のライバルで相棒、架光隼人(かけみつ はやと)

切通のライバルで相棒、架光隼人(かけみつ はやと)

●舞台『警視庁抜刀課』に出演が決まった時の気持ちを聞かせてください。

本格的な殺陣をやるということを聞いて、観に来ていただけるお客様に新しい作品を見せられるということで嬉しい気持ちでいっぱいでした。

●原作コミックを読んだ印象や、作品の世界観について現段階でイメージしていることは?

原作コミックを現代に寄せて本読みから役作りしていきます。
リアルな世界観を目指したいと思います。

●ご自身が演じるキャラクターの魅力は? また自分自身と似ている点はありますか?

架光さんと似ている点ですか…。考え事があると上の空になるところですかね。(笑)

●架光隼人のキャラクタービジュアル撮影時のエピソードなどはありますか?

中村優一くんとの”タッグ感”が出るように意識して撮りました。
刀の扱い方は、特に気をつけてご指導を受けながら撮影しました。

●共演者について、共演経験や顔合わせの時の第一印象などお聞かせください。
【中村優一さん】
ストイックで優しそうな人。

【星元裕月さん】
キレイなお顔だなぁ。。髪綺麗だなぁ。。(笑)

●本作は”抜刀”シーンが最大の見せ場になりそうですね。

本作には『暴れん坊将軍』シリーズ、『子連れ狼』など、東映京都撮影所で30年近く時代劇作品に出演している青木哲也さんが殺陣師として参加されていますが、とても優しく、とても厳しく指導してくださっています。
少しでも吸収できるよう、心がけます。
この間、真剣を使った稽古をやらせていただいたんです。
前からやってみたかったのですが、かなり興味が出ました。
終わってからも殺陣を習い続けているかもしれませんね。

●刀が消えるなど、イリュージョン的な演出もあるようですが、ほかにも楽しみにしているシーンや「原作のこのシーンがあるといいな」と思っていることなどありますか?

中村優一くんが演じる切通さんとのポップなシーンが楽しみです。

●最後に、上演を楽しみにしている皆様にメッセージをお願い致します。

舞台『警視庁抜刀課』、エンターテイメント寄りの舞台というより、リアルに近づけた舞台を目指し皆さんと作り上げていきます。
約1ヵ月の稽古を経て、どのような作品になるか僕も楽しみです。
是非、会場に足を運んで観に来てください!

公演は、5月26日より東京・CBGKシブゲキ!!にて。各公演終了後(※6/4を除く)には、アフターイベントを開催!
内容や登壇者など、詳細は下記Informationから公式サイトをチェックしてください。

(c)SAITOH MISAKI, GENTOSHA COMICS 2016

☆Information

舞台『警視庁抜刀課 vol.1』
日程:2017年5月26日~6月4日(14公演)
場所:CBGKシブゲキ!!
出演:中村優一、井上正大、星元裕月、岩田華怜、伊藤陽佑、山本一慶 ほか
≪公式サイト≫
http://battoka-stage.jp/≪公式Twitter≫
@battokastage

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る