松田岳、2016年の漢字は「墨」!?初写真集『がく』発売記念イベントが開催

  • 2016-12-7

『仮面ライダー鎧武/ガイム』の仮面ライダーナックル・ザック役でブレイク、ミュージカル『薄桜鬼』新選組奇譚の土方歳三役などで人気の俳優・松田岳さんの初写真集「がく」の発売記念イベントが12月4日、東京・新宿の福屋書店新宿サブナード店にて行われました。

松田岳さん

松田岳さん

「写真集を出すということに、自分の中でイメージがなかったのですが、自分の生き方や仕事へのアプローチの仕方を写真で表現できたらいいなと考えていました。スタッフさんも僕がやりやすいように本当に協力していただいて、普段通りに自然とできました」と語った松田さん。
タイトルの「がく」は、松田さんアイデアだそうで、「いろいろな案がありましたが、初めての写真集ということで、シンプルに決めました」とコメント。

表紙の墨まみれショットは本人のアイデア

表紙の墨まみれショットは本人のアイデア

松田さんが全身墨を被っているインパクト十分な表紙が目に留まりますが、一番印象に残った撮影も表紙だったそうで、「打ち合わせの段階で要望を聞かれて、『僕は墨を被りたい』って行ったんです。追い詰められた時に思い出すような表現方法として、雨に打たれる様を墨で表現してみました。スタッフさんも喜んでくれて、互いの意見が合わさった印象に残った一枚でした。撮影では目に墨が入ってしまい、痛かったです。よく見ると左目に墨が入っているので、気付いてくれれば嬉しいです」と撮影時のエピソードを語った松田さん。
「松田さんの2016年を漢字一文字に表すとしたら?」との質問に、思わず「墨かな?」と答えてしまうほどの印象に残る一枚だったようです。

このシーンを撮影するため、大量の墨汁が使われたそう

このシーンを撮影するため、大量の墨汁が使われたそう

今年はブルーシャトルプロデュース「真田幸村」やミュージカル「薄桜鬼」新撰組奇譚で主演を務めるなど、大活躍の一年だった松田さん。「2016年は自分にとって新しいことに挑戦できた年でした。もともと写真集や歌を歌うことをなんとなく避けてきた部分があったんですが、実際に挑戦することって大事だなって学びましたし、自分の中に新しい感情が芽生えました」と振り返り、「今年はいろんなことに挑戦しましたが、来年はより一層自分のものして、活躍できるように頑張りたいです。熱くて真っ直ぐな男や身長の高いお兄さん的な役が多いので、悪役とかもやってみたいと思っています。舞台中心で活動していますが、映像や声の仕事にもどんどん挑戦したいです」と来年の目標を掲げてくれました。

初写真集リリースイベントに多くのファンが駆けつけました

イベントには多くのファンが駆けつけました

「松田岳 初写真集『がく』」は現在好評発売中。また、松田さんが主演を務める舞台「龍の羅針盤 第一部 幕末死闘篇」東京公演が12月10日より渋谷区文化総合センター伝承ホールにて行われます。詳細はInformationから公式ブログをチェックしてください。

■松田岳 出演動画はアプリで好評配信中↓■

※松田岳さんと滝口幸広さんが、弓道に恋と青春を賭けるドラマ『恋弓』はスマボアプリで好評配信中! DVDもスマボSHOPで好評発売中!

☆Information

松田 岳 初写真集『がく』
全国の書店、ネット書店、TOKYONEWS magazine&mook(http://zasshi.tv/)にて好評発売中
定価:¥2,800+税
判型:A4正寸、無線綴じ、帯、カバー、シュリンクあり
《松田岳公式ブログ》
http://ameblo.jp/8739taki/

関連商品

  • K3001b
    「恋弓」集合ブロマイドB
  • K3001a
    「恋弓」集合ブロマイドA
  • KM001b
    「恋弓」松田岳ブロマイドB
  • KM001a
    「恋弓」松田岳ブロマイドA
  • GCSB-016
    ≪通常版≫スマ恋第2弾『恋弓』

関連Movie

    • 2015-10-19

    恋弓

    『続きやらないか?あの日の勝負の続き…』 弓で認め合う先輩と後輩、恋の行方は...弓で決める!! 高校三年生の市宮眞人と二年生の柏木凛空は、弓道部の部長と後輩。弓を通し互いを認め合い固い信頼関係を築い…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る