谷佳樹と輝馬が火花散らすスピンオフ!音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky Prelude of 至誠館』開幕

  • 2016-9-29

通称“コルステ”こと、音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky』シリーズがおくる最新公演、音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Prelude of 至誠館』が、9月28日にシアター1010にて開幕。今作は、昨秋上演された前作『First Stage』に登場した、至誠館高校のキャラクターを中心に描くスピンオフ公演。この初日公演直前、主演の谷佳樹さん、輝馬さんらキャスト陣8名が登場した開幕会見、そして公開ゲネプロが開催されました。

吹奏楽部とブラスバンド部が激突! 音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky』、至誠館を舞台にしたスピンオフ開幕

吹奏楽部とブラスバンド部が激突! 音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky』、至誠館を舞台にしたスピンオフ開幕

この音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky』は、室内楽を題材に、高校生たちの青春を描いた大人気アニメ作品『金色のコルダBlue♪Sky』を原作にしたステージ作品。
昨秋上演された初演『金色のコルダBlue♪Sky First Stage』では、物語本編の主人公・如月響也たちの属する星奏学院を中心に全国学生音楽コンクールでの戦いが描かれましたが、今作ではその対戦校として登場した仙台の強豪校・至誠館高校の吹奏楽部、そして彼らに対抗する至誠館高校のブラスバンド部の面々による、コンクール前日譚が描かれます。

【ストーリー】
長い歴史を誇る至誠館高校の吹奏楽部において、部の存続を揺るがす事件が起こる。事件の収拾を巡って、かつて互いを高め合い全国を目指して部を盛り立ててきた八木沢雪広と長嶺雅紀は決別してしまい、吹奏楽部は分裂することに。
その事件から一年後、八木沢雪広を含む、吹奏楽部に残ったのはたったの4人。一方、吹奏楽部を辞めた長嶺雅紀が新たに設立したブラスバンド部は大勢の部員を擁し、校内の主流としてその勢いを増大させていた。
5人以上でないと部としての活動を認めてもらえないため、吹奏楽部の4人は何とか5人目を確保すべく新入生歓迎演奏会を試み、救世主ともいえる新入部員の獲得に成功する。しかしその後、部室を追い出された上に、トランペット奏者の火積が負傷。さらにはコンクールの出場権を得るために学内での壮行会でブラスバンド部と対決することに。危機に直面した吹奏楽部とかつての仲間であったブラスバンド部、それぞれの想いをのせて今、舞台の幕が上がる―。

いよいよこのスピンオフ公演の初日を迎え、公開ゲネプロ直前に開催された開幕会見には谷 佳樹さん、輝馬さんらキャスト8名が登場。演じる役柄、そして公演への意気込みを語ったコメントを、ステージショットとともにご紹介します。

(左から)瀬戸祐介さん、小林 涼さん、中村祐志さん、谷 佳樹さん、輝馬さん、大平峻也さん、碕 理人さん、上田堪大さん

(左から)瀬戸祐介さん、小林 涼さん、中村祐志さん、谷 佳樹さん、輝馬さん、大平峻也さん、碕 理人さん、上田堪大さん

【開幕会見コメント】
■至誠館高校 吹奏楽部部長・八木沢雪広役の谷 佳樹さん
ファーストステージでは描かれなかった、八木沢の部員に対する思いが描かれています。音楽とは何か、なぜ部員を守るのか、その八木沢の思いを感じて頂ければと思います。今回、吹奏楽部とブラスバンド部、両方信念をもっていて、どっちが善でどっちが悪ということではなく、互いの信念を守ろうとした結果、バトルになってしまうのですが、そのぶつかりあう熱さは、生の舞台でしか感じてもらえないと思います。さらに生演奏による後ろから“圧”が、バトルを後押ししてくれる。部員たちの熱さと、生演奏の魅力を楽しんで頂ければ嬉しいです。
よく2.5次元舞台の上をいく舞台を2.75次元舞台という言い方しますが、残りの0.25次元はお客様だと思っております。お客様も一体となって、一つの舞台を作りあげましょう!

■吹奏楽部 火積司郎役の中村祐志さん
前回、涙して仙台に帰った至誠館の吹奏楽部がファーストステージに向かうまでの、火積含め、色んな葛藤が描かれています。
火積は高校生では抱えきれないくらいの苦悩を抱えているのですが、火原や信じ続けてくれる部長や、ブラスバンド部との熱いバトルによって、変わっていく火積の心の動きに注目してもらいたいです。

■吹奏楽部 水嶋 新役の小林 涼さん
本当なら前回負けて舞台に立てないはずなのに、今回プレリュードという形で舞台に立たせてもらえて、さらにブラスバンドも集まって、楽しくやっていければと思っています。新(あらた)としては、「ビバ!」というセリフを何回言ったかも、数えて楽しんでみてください(笑)。

(左から) 存続の危機に瀕した吹奏楽部・火積司郎役の中村祐志さん、狩野 航役の富田大樹さん、伊織浩平役の小島ことりさん、八木沢雪広役の谷 佳樹さん、水嶋 新役の小林 涼さん

(左から) 存続の危機に瀕した吹奏楽部・火積司郎役の中村祐志さん、狩野 航役の富田大樹さん、伊織浩平役の小島ことりさん、八木沢雪広役の谷 佳樹さん、水嶋 新役の小林 涼さん

■至誠館高校 ブラスバンド部部長・長嶺雅紀役の輝馬さん
長峰というのは常に広い視野でものを見ている冷静沈着な静かな男なのですが、だんだんヒートアップして、感情があらわになるシーンが見どころです。
同じ方向を見ていたはずなのに、いつの間にか違う方向を見ていて、その錯誤や葛藤をわかりやすく描かれていますので、楽しんで頂ければと思います。

■ブラスバンド部 江波紫音役の大平峻也さん
俗に言われる2.5次元舞台なのですが、この作品はファンタジーでもSFでもなく、現代に近い作品なので、3次元を目指します!
江波は一番高校生らしくて、人に裏切られたり、裏切ったり、色んな葛藤があって、ブラスバンド部としては、原作であまり描かれていないのですが、実はこういうこと考えていたんだとか、こういう一面があるんだ、と楽しんで頂きたいです。

■星奏学院オーケストラ部OB 火原和樹役の瀬戸祐介さん
今回、八木沢と長峰の恩師という役なのですが、火積とのからみも多く、火積に公園でアドバイスをするシーンがあって、頑固な火積を“押しつけがましくなく”、導いていく姿を是非見てほしいです。

教え子たちの姿を見守る火原和樹役の瀬戸祐介さん(中央奥)と、ブラスバンド部の江波紫音役の大平峻也さん(手前左)、長嶺雅紀役の輝馬さん(手前右)

教え子たちの姿を見守る火原和樹役の瀬戸祐介さん(中央奥)と、ブラスバンド部の江波紫音役の大平峻也さん(手前左)、長嶺雅紀役の輝馬さん(手前右)

■神南高校管弦楽部 部長・東金千秋役の碕 理人さん
ファーストステージより、さらに熱いステージをしっかりサポートできればと思っています。今回はユキとの関係も描かれていますので、そこも注目してみてください。
そして今回も僕たちの演奏シーンがあるので、皆さん声を出してください! 一つとなって舞台を作りあげましょう。
あとは、僕たちが何回クロス(交差)するかを数えながら見てもらえたら(笑)。

■神南高校管弦楽部 副部長・土岐蓬生役の上田堪大さん
方向性のちょっとしたくい違いというか、ちょっとしたバランスの違いでそれぞれの信念を守るためにぶつかりあう、その男くさいところに、“神南”というスパイスとして、作品を盛り上げています。そして、いま、日本で一番クロス(交差)してると思います(笑)。

(左から)土岐蓬生役の上田堪大さんと、東金千秋役の碕理人さん

(左から)土岐蓬生役の上田堪大さんと、東金千秋役の碕理人さん

今回上演される音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Prelude of 至誠館』に続いては、いよいよ前作『First Stage』の続編として、星奏学院と新たなライバル・神南高校との戦いを描く音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』が12月に上演決定。今作のキャストからも、引き続き至誠館・八木沢雪広役の谷佳樹さん、神南高校・東金千秋役の碕理人さん&土岐蓬生役の上田堪大さんが出演することが発表されています。

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Prelude of 至誠館』は、2016年9月28日~10月2日まで全8公演がシアター1010にて上演中。当日券販売情報ほか、音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky』シリーズに関する最新情報は、Informationから公式サイトをチェックしてください。

©星奏学院オーケストラ部 ©音楽劇『金色のコルダBS』製作委員会

■大平峻也 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

■音楽劇『金色のコルダBlue♪Sky Prelude of 至誠館』
2016年9月28日(水)~10月2日(日)全8公演
会場:東京 シアター1010
チケット料金:全席共通 7,800円(税込)
原作・監修:アニメ「金色のコルダBlue♪Sky」・ルビーパーティー
演出:吉谷光太郎
脚本:米山和仁・吉谷光太郎
■音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』
2016年12月8日(木)~12月18日(日)
会場:東京 全労済ホール/スペース・ゼロ
《公式サイト》
http://corda-stage.com
《公式Twitter》
@corda_stage

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る