荒牧慶彦らが球児を演じる朗読劇『雲は湧き、光あふれて』が上演中!ステージ画像UP

  • 2016-3-31

須賀しのぶさんによる青春小説を初舞台化、日替わりメインキャストが3つの物語を繰り広げるオムニバス朗読劇『雲は湧き、光あふれて』が、3月30日に東京・紀伊國屋サザンシアターにて公演初日を迎えました。4月3日まで上演中の今作、荒牧慶彦さん、和田雅成さんら初日キャストによって行われた公演直前のゲネプロステージ画像をお届けします。

時代を超えて球児たちの姿が描かれる、3作のオムニバスストーリー

時代を超えて球児たちの姿が描かれる、3作のオムニバスストーリー

集英社オレンジ文庫より刊行された原作『雲は湧き、光あふれて』は、須賀しのぶさんによる青春小説。発売1ヶ月で2度の重版がされた話題作です。甲子園を目指す球児たちの姿を描いた3つの物語を、今回の舞台化では脚本:葛木英さん、演出:伊勢直弘さんのタッグで朗読劇として上演しています。

今作では、注目の若手俳優陣が日替わりメインキャストとして公演ごとに異なる組み合わせで6名ずつ登場。そして3つの物語で、日替わりメインキャスト6名からそれぞれ2人ずつがメインキャラクターを演じます。さらに、各話の脇を固めるキャラクターたちを全公演出演キャストが務め、声のみの出演として豪華声優陣も登場しています。

【日替わりメインキャスト(50音順)】※各公演へ6名ずつ登場
鮎川太陽・荒牧慶彦・石渡真修・稲垣成弥・井深克彦・うえむらちか・大沢ひかる・大野未来・小西成弥・反橋宗一郎・輝馬・戸谷公人・畠山遼・平田雄也・八神蓮・和田雅成
【全公演出演キャスト】
増田裕生・芳村宗次郎・天野周平・白石康介
【声のみの出演キャスト】
速水奨・甲斐田ゆき・久山卓也・杉宮孝洋

初日公演直前に行われたゲネプロでは、3月30日の開幕公演キャストの鮎川太陽さん、荒牧慶彦さん、大沢ひかるさん、小西成弥さん、平田雄也さん、和田雅成さんが登場。男性キャスト陣はそれぞれメインキャラクターを務めた物語で野球のユニフォームに身を包み、球児に扮して白球にかける青春を熱演しました。この初日公演キャストのステージ画像とあわせて、各ストーリーをご紹介します。(キャスト、配役は公演により異なります)

■第1話『ピンチランナー』
プロも注目するスラッガーの益岡が、最後の甲子園を前に故障した。

足の速さだけが取り柄の須藤はなんと「益岡専用の代走」に抜擢される。
しかし前代未聞の作戦への戸惑い、益岡への反発、そしてベンチ入りできないメンバーへの遠慮などで悩む須藤はついに益岡と喧嘩になってしまう…!

鋭いまなざしで、故障してしまったスラッガー・益岡役を演じた和田雅成さん

鋭いまなざしで、故障してしまったスラッガー・益岡役を演じた和田雅成さん

 

益岡の代走として試合に臨むことになる、須藤役を演じた平田雄也さん

益岡の代走として試合に臨むことになる、須藤役を演じた平田雄也さん

■第2話『甲子園への道』
新人スポーツ記者の泉は、強豪校のエースの取材を命令される。
だが彼女が目を引かれたのはなぜか対戦相手の弱小高校のピッチャーで…。
彼との交流の中で、泉はくじけかけていた仕事への情熱を思い出していく。

新人女性記者の目線で、彼女自身と球児たちの奮起を描いた第2作

新人女性記者の目線で、彼女自身と球児たちの奮起を描いた第2作

 

野球への思いを秘める、シニカルな球児を演じた小西成弥さん

野球への思いを秘める、シニカルな球児を演じた小西成弥さん

■第3話『雲は湧き、光あふれて』
昭和17年。戦火が拡大し学徒動員も目前となる世情の中、それでも甲子園を目指して努力を続ける少年たちがいた。
時に衝突を繰り返しながらも彼らは必死に野球を続けるのだが、やがて彼らも徴兵される
こととなってしまい…。
原作の表題ともなっている感動作。

体格と才能に恵まれながらも、環境に苦しむ選手を演じた鮎川太陽さん

体格と才能に恵まれながらも、環境に苦しむ選手を演じた鮎川太陽さん

 

バッテリーを組む相手と、心が通う瞬間を感動的に演じた荒牧慶彦さん

バッテリーを組む相手と、心が通う瞬間を感動的に演じた荒牧慶彦さん

それぞれ異なる情景で描かれる球児たちの熱い青春は、友情だけではなく、嫉妬や挫折、チームプレイならではの人間関係など、様々な感情が織りなす物語を感動的に届けてくれます。また朗読劇として上演される今作では、野球の試合シーンもより鮮明に言葉で刻まれており、野球を愛する人にはもちろん、野球のルールや用語をよく知らない方でも、物語の世界へ入り込みやすい作品となっています。

さらに大きな特徴として、各話の主人公であるメインキャストが日替わりとなっている今作。公演回によって異なるキャストの組み合わせ、異なる配役で、違った印象となった作品を何度も楽しむことができます。各公演のキャスト出演スケジュールは下記のとおり。

【各公演に出演するメインキャスト(※キャスト表記はすべて50音順)】
・3月30日(水)19:00~ (※公演終了しました)
鮎川太陽・荒牧慶彦・大沢ひかる・小西成弥・平田雄也・和田雅成
・3月31日(木)14:00~/19:00~ (※公演終了しました)
鮎川太陽・荒牧慶彦・うえむらちか・小西成弥・畠山遼・平田雄也
・4月1日(金)19:00~
石渡真修・稲垣成弥・井深克彦・大野未来・輝馬・八神蓮
・4月2日(土)14:00~
石渡真修・井深克彦・大野未来・反橋宗一郎・戸谷公人・八神蓮
・4月2日(土)19:00~
石渡真修・稲垣成弥・井深克彦・大野未来・戸谷公人・八神蓮
・4月3日(日)13:00~/17:00~
稲垣成弥・井深克彦・大沢ひかる・反橋宗一郎・輝馬・戸谷公人

3月31日19時~、4月1日19時~、4月2日19時~公演では、終演後のアフタートークショーも開催決定! さらに公演DVDも早くも発売決定、キャストが異なる公演で収録された、A・Bの2パターンで発売されます。公演中の劇場予約ほか、4月29日までにトライフルエンターテインメントの通販サイトより予約申込みを行うと希望キャストの2L版写真が特典プレゼントに。ほか、パンフレットや生写真セットなどの劇場販売グッズにも要注目です。

朗読劇『雲は湧き、光あふれて』は、4月3日まで東京・紀伊國屋サザンシアターにて上演中。当日券は劇場にて、必ず全公演販売とのこと。リピートしても異なるキャスト・配役で楽しめる今作、何度も胸を熱くしてください! ほか公演詳細、チケット情報はInformationから公式サイトをチェックしてください。

☆Information

朗読劇『雲は湧き、光あふれて』
公演:2016年3月30日(水)~4月3日(日)
劇場:東京・紀伊國屋サザンシアター
原作:須賀しのぶ (集英社オレンジ文庫刊)
イラスト:河原和音
演出:伊勢直弘
脚本:葛木英
≪公式サイト≫
http://blog.livedoor.jp/kumowawaki/

関連商品

  • WA013
    和田雅成A4版ブロマイド③
  • WA012
    和田雅成A4版ブロマイド②
  • WA011
    和田雅成A4版ブロマイド①
  • WA010
    和田雅成L版ブロマイドD
  • WA007
    和田雅成L版ブロマイドA
  • GCSB-017
    ≪通常版≫東京スマートさんぽ和田雅成~浅草編~

関連Movie

    • 2016-6-17

    東京スマートさんぽ 和田雅成~浅草編~

    和田雅成さんとデート気分♪「東京スマートさんぽ 和田雅成~浅草編~」が6/24配信開始! 舞台『K』周防尊役や、舞台『刀剣乱舞』へし切長谷部役、さらに6月29日開幕の舞台『戦国無双4』での大谷吉継 役などでの演技が…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る