鎌苅健太主演の舞台『ギャグマンガ日和』再演に新キャスト、長江崚行が小野妹子に!

  • 2016-1-22

昨年9月に衝撃の舞台化がされた、大人気ギャグマンガ『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』(集英社「ジャンプSQ.」連載)が早くも今年4月に再演決定! 原作コミックス累計600万部を誇る人気作が、『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』のタイトルになって、主演・鎌苅健太さんのもと帰ってきます。新たなキャストに長江峻行さんも加わった、最新情報をご紹介します!

gag2_logo_fix

東京 銀座・博品館劇場にて昨年9月に上演された前作『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』では、衝撃の舞台化発表から話題騒然となり、公演チケットは即日完売に! その公演では、抱腹絶倒のナンセンスギャグが連発する舞台版オリジナルストーリーを、主演・鎌苅健太さんほか、宮下雄也さん、磯貝龍虎さんら人気の若手イケメン俳優たちが体当たりで熱演し、大きな衝撃と笑いを巻き起こしました。

そんな舞台化の大成功もあり、原作の連載15周年にふさわしい記念すべき年となった2015年に引き続き、早くも今春の舞台再演が決定! 劇場もAiiA 2.5 Theater Tokyoへと大きくスケールアップし、4月6日から4月10日までの上演が発表されました。サブタイトルに『デラックス風味』と追加されたとおり、単なる再演ではなく新たな要素が加わり、さらに美味しくなった舞台になるとのこと!?

そんな今作、前回から引き続き出演する鎌苅健太さん、西山丈也さん、宮下雄也さん、僕溝黒さんらに加えて、今作から加わる新キャストも続々と発表に。先日、新キャスト第1弾としてガールズロックユニット『PASSPO☆』の根岸愛さん&増井みおさんの出演が発表され、新たなヒロイン誕生と話題を呼びました。

そこへ続いて、原作の人気キャラクター・小野妹子役に若干17歳の若手俳優・長江崚行さんの出演も発表に! 青ジャージを着た聖徳太子と、なぜかノースリーブの赤ジャージを着させられている小野妹子。この原作での人気コンビが、今回の舞台上でどんなかけあいを見せてくれるのか期待されます。

赤ジャージがトレードマーク、太子に振り回される妹子を演じる長江峻行さん

赤ジャージがトレードマーク、太子に振り回される妹子を演じる長江峻行さん

長江崚行さんコメント
「再演からの参加で緊張もしていますが、ギャグマンガ日和の持つ独特な雰囲気を表現できるよう、頑張ります! よろしくお願いします!」

また、昨年12月に大好評のうちに閉幕したミュージカル『ヘタリア~Singin’in the World~』で、イタリア役を演じた長江崚行さんとともにアメリカ役で共演した、磯貝龍虎さんの出演も決定! 初登場となるフレッシュな長江さんと、舞台『ギャグマンガ日和』初演ではアマンダ役ほか随所で破壊力抜群の熱演を見せた磯貝さん、早くも実現した『ヘタリア』以来の2人の再共演にも注目です。

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』は、4月6日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。プレイガイド先行販売は現在受付中、続いて一般発売が2月6日よりスタートです! 最新情報は、Informationから舞台公式ブログをご確認ください。なんでもありのギャグマンガ、どうデラックスになるのか!? 抱腹絶倒のステージを、前回は逃してしまった方も今度はお見逃しなく!

(c)増田こうすけ/集英社
(c)「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味」製作委員会

※鎌苅健太さんが、桑野晃輔さん・黒羽麻璃央さん・矢田悠祐さんと共演するスマボMovie第7弾『バンビのアリス』が、この春スマボアプリで配信開始! お楽しみに♪

☆Information

『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』
・日程:2016年4月6日~4月10日
・劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo
《舞台公式サイト》
http://butai-gagmanga.com/
《公式Twitter》
@butai_gagmanga

関連商品

  • gcsb-018
    バンビのアリス~フィアンセが3人!?~
  • BA001e
    バンビのアリス_L版ブロマイド⑤

関連Movie

    • 2016-3-25

    バンビのアリス~フィアンセが3人!?~

    彼氏いない歴=年齢の主人公・有須 沙菜の元に、ある日3人のイケメン大和、朝陽、颯太が訪ねてきた。彼らは父の助手でもある有須家の居候、男鹿 光の息子達だと紹介されるが、同時に父と、光の間で約束を交わした沙菜のフィア…
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る