桐山漣、最新写真集で『背面ヌード』に挑戦!「安心してください、穿いてないです」

  • 2015-12-27

俳優の桐山漣さんのフォトブック『キリヤマ レン』発売記念握手会が、12月12日東京・新宿の福屋書店新宿サブナード店にて開催されました。

8年ぶりの写真集をリリースした桐山さん

8年ぶりの写真集をリリースした桐山さん

この日の衣裳は全身迷彩柄!

この日の衣裳は全身迷彩柄!

桐山さんが青春時代を過ごした町田でのショット、愛犬と海で戯れる様子を収めた素の表情、和洋折衷のファッショナブルな衣裳を纏った姿などといった様々なショットが収められているだけでなく、幼少期から現在までの日々、仕事に対する思い、恋愛観、今感じることなどを赤裸々に語った超ロングインタビューや自身がこよなく愛するファッションや本、音楽、ライフスタイルなどを一挙紹介するスタイルページも収録。これまでに誰も見たことのない桐山さんの全てが詰まった1冊となっています。

「30歳になった節目の年に爪跡を残すような写真集が出来ました」と、納得の出来栄えをアピールした桐山さんは、本書の企画段階から携わったとのこと。

「僕のことを知らない人や初めて共演した方からは、見た目だとクールなイメージがあるみたいで。今回の写真集では、ハプニング的な写真もありますし、いろんな小細工を入れさせていただいたので、写真集を見ていただいて、「こういうことも考えている人なんだ」というのが提示できればいいかなと思います。インタビューでも赤裸々に語っているので、昔ファンだった方が見ても、『あの時こういう風に思っていたんだ』と思ってもらえるような一冊になっています」とPR。

写真集の見どころをについて「僕の発案ですが、正面がスーツで、後ろが裸の「背面ヌード」という衝撃的なショットを撮りました。僕は映画「パッチ・アダムス」のラストシーンをイメージしていたんですが、皆さんにわかりやすく説明すると、「貧ぼっちゃま(マンガ『おぼっちゃまくん』に登場するキャラクター)」になってしまう部分というのが残念ではあります」と苦笑い。
背面ヌードではお尻も出しているそうで、「もちろん(下着は)穿いていないので、『安心してください』とは言えないんですが、『安心してください、穿いてないです」って感じです」とお笑い芸人・とにかく明るい安村さんの持ちギャグを引用して、報道陣の笑いを誘いました。

桐山さんが選ぶベストショット 「自分でも知らないような気の抜いた表情が一番お気に入りです!」

桐山さんが選ぶベストショット
「自分でも知らないような気の抜いた表情が一番お気に入りです!」

また、タイトルをカタカナにした理由を聞いたところ、「たまにファンの方から『桐島くん、応援しています』『桐谷くん、大好きです』とか言われるのでカタカナにしたのと、「キリヤマ」と「レン」の間にスペースを入れたのは、苗字と名前が繋がっているのをパッと見た時に、「キマグレン」に見えるんじゃないかと思って(笑)。桐島さん、桐谷さん、キマグレンさんと被らないようにしました」とユーモアたっぷりに説明。

この日会場に集まった約1000人のファンとがっちり握手!

この日会場に集まった約1000人のファンとがっちり握手!

今年は、念願だった時代劇出演をはじめ、連続ドラマや映画の主演など、充実の一年を過ごした桐山さん。
年末ということで「今年を漢字一文字にするとしたら」という質問に、思わず「2~3分考えさせてもいいですか?」と想定外の質問に苦笑いするも、「発信・発展の“発”ですね。ゼロから写真集を作らせていただいただいたことで何かを発信すること、そして作品に出させていただくことで自分自身“発展”していくこと、という意味を合わせてこの文字を選びました」とこの一年を総括。
また、2016年の抱負については「来年でデビュー10周年になりますが、今、一番芝居が楽しいです。その気持ちを来年にも繋げていって、“まだ見たことのない桐山漣を表現したい」と更なる飛躍を誓いました。

桐山さんは来年1月にNEWS・加藤シゲアキさんの短編小説集をドラマ化した「傘をもたない蟻たちは」で主演を務めることが決定。2016年、桐山さんのさらなる活躍に期待です!!

☆Information

桐山漣PHOTO BOOK『キリヤマ レン』
定価:2,500円(税抜)
撮影:小松陽祐
発売日:2015年12月12日
A4変型/ソフトカバー/112頁

《桐山漣PHOTO BOOK『キリヤマ レン』詳細ページ》
https://www.wani.co.jp/event.php?id=4897

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る