青学キャスト11人が卒業!ミュージカル『テニスの王子様』青学vs立海がスタート

  • 2012-7-27

ミュージカル『テニスの王子様』青学(せいがく)vs立海が、7/13(金)TOKYO DOME CITY HALLにて幕を開けた。“テニミュ”の愛称で親しまれる、大人気マンガの舞台版で、若手俳優の登竜門とも呼ばれる注目の公演。2003年の1stシーズン初演から2ndシーズンの現在まで、9年間の累計動員数は130万人を超える。

左から幸村精市役・神永圭佑、真田弦一郎役・小笠原健、越前リョーマ役・小越勇輝、手塚国光役・和田琢磨

今作では関東大会の決勝戦が描かれ、主人公・越前リョーマ役の小越勇輝を除く11人の青学キャストが卒業となる。公演直前に行われたゲネプロでは、青学と全国2連覇を成し遂げた常勝の王者・立海との戦い、屈指の名勝負全5戦が一気に、そして熱く繰り広げられた。

マスコミ会見には、小越をはじめ青学から部長・手塚国光役の和田琢磨、立海から副部長・真田弦一郎役の小笠原健、部長・幸村精市役の神永圭佑が出席。
小越演じる越前と対戦する小笠原は「今回、立海は王者として青学に挑むので、全公演、青学を叩きのめすという気持ちで戦いたい」と意気込む。神永は「部員を見守りつつ、自分も病気という別の“闘い”をしている役どころ。他のキャストと違うことをやるので演技に幅ができれば」と語った。

東北出身の和田は仙台公演について「2ndシーズンが始まってから初めての仙台公演。震災以降、東北に行くことも初めてなので、重要な公演になると思う」と地元での公演を喜んだ。また、本公演以降も続投する小越に対し「彼は色々背負うことになるけれど、卒業する僕たち11人で彼の背中を押すので、彼には12人で越前リョーマを演じるつもりで頑張って欲しい」とエールを送った。小越は「実感はまだ湧いていませんが、11人全員の気持を背負って次に向けて頑張ります」と物語同様“青学の柱”になるにふさわしい力強さを見せた。

公演は7/29(日)までTOKYO DOME CITY HALLにて上演され、福岡・大阪・仙台・名古屋での公演を経て、東京凱旋公演で幕を下ろす。9/23(日)の大千穐楽には、全国の映画館へ同時生中継されるライブビューイングも予定されている。

☆Information

◇舞台/ミュージカル『テニスの王子様』青学 vs 立海
▼東京:7/13(金)~29(日)TOKYO DOME CITY HALL
▼福岡:8/4(土)~5(日)福岡サンパレス
▼大阪:8/9(木)~19(日)大阪メルパルクホール
▼仙台:8/25(土)~26(日)名取市文化会館
▼名古屋:9/6(木)~9/9(日)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
▼東京凱旋:9/20(木)~23(日)TOKYO DOME CITY HALL
※大千秋楽ライブビューイング有り
問合:ネルケプランニング(tel:03-3715-5624/平日10:00~18:00)

※ミュージカル『テニスの王子様』2nd シーズン→
http://www.tennimu.com/
※テニミュ・モバイル→
http://m-tenimyu.jp
※テニミュブログ
PC→http://www.tennimu.com/blog/tb/
携帯→http://www.tennimu.com/mblog/tb/

☆関連商品

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る