ミュージカル『ハートの国のアリス』が開幕!吉岡佑、磯貝龍虎らがアリスに甘い言葉を囁く

  • 2015-2-5

2007年2月14日にQuinRoseから発売されたパソコン用恋愛アドベンチャーゲーム『ハートの国のアリス』。「不思議の国のアリス」をモチーフとした人気作品シリーズで、2011年には映画「劇場版ハートの国のアリス」が公開。他にも、コミック、小説、ドラマCDとさまざまなジャンルでメディアミックス展開が行われている話題作が、ついにミュージカル化!
東京 新宿の全労済ホール/スペース・ゼロにて、2月4日から開幕しました。

(後列左から)石井美絵子、磯貝龍虎、吉岡祐、碕理人、成松慶彦、高﨑俊吾 (前列左から)尾関陸、松本妃代、小西成弥

(後列左から)石井美絵子、磯貝龍虎、吉岡祐、碕理人、成松慶彦、高﨑俊吾
(前列左から)尾関陸、松本妃代、小西成弥

物語の舞台のなるのは、銃撃戦が日常茶飯事という世界”ハートの国”。この世界の主たちは、全員危険人物ばかり。すぐに乱闘騒ぎを起こし、殺し合いに発展させてしまいます。
帽子屋とハートの女王と遊園地が、三つ巴の争いをする世界。ペーターから無理矢理に飲まされた”ハートの小瓶”の中の鍵と薬によって、”ハートの国”に閉じ込められてしまったアリス。
元の世界に戻るために、この世界のルールに従ったゲームに参加し、”ハートの国”の住人と出会い、交流する内に芽生える感情が何であるのか探していくストーリー。
さらに、恋愛アドベンチャーゲームの特徴を活かし、7つのマルチエンディングを採用しています。

ゲネプロ後には囲み会見が行われ、主人公のアリス=リデル役・松本妃代さん、ブラッド=デュプレ役・吉岡佑さん、エリオット=マーチ役・磯貝龍虎さん、ビバルディ役・石井美絵子さん、ペーター=ホワイト役・尾関陸さん、エース役・碕理人さん、ボリス=エレイ役・小西成弥さん、ユリウス=モンレー役・成松慶彦さん、ナイトメア役・髙﨑俊吾さんの総勢9名が、不思議の国の住人たちの衣装のまま登壇。各自見どころを語ってくださいました。

松本「今回はエンディングが7パターンあります。それぞれのエンディングでの人の思いや気持ちがいっぱい詰まってるので、どのエンドもすごくいい作品に仕上がっていると思います」

小西「本当にいい音楽ばかりで、すごく楽しい作品になっていると思います。今日はブラッドエンドだったんですが、6日と11日はボリスエンドなので、是非そちらも見てください(笑)」

尾関「7つエンディングがあるので、どのキャラクターに感情移入しても本当に楽しめる作品になっていると思いますし、原作を忠実に再現しつつ、役者それぞれの思い入れがあって、それぞれのキャラクターができあがってると思うので、そこが見どころだと思います」

高﨑「見ていただいたらわかると思うんですけど、みなさん大きいので、舞台がすごく映えるというか、華々しさがあると思います。隅々まで見ていただいて、ひとつひとつのキャラクターの動きも見ていただけたらいいなと思います」

成松「やっぱりミュージカルですので華やかに、とても素敵なハートの国のアリスという世界観に、みなさまをお届けできればなと思っております。お楽しみください」

碕「今回は本当にダンスや歌の世界観がすごくて、ステージ上のキャラクターが僕も含めて個性が強いんです。しかも今回は初めての殺陣だったので、全力で稽古を駆け抜けてきました。歌もダンスも殺陣もひとつひとつを、お客さんに届けられるようにがんばっていきたいと思います。今日はブラッドエンドですけど、5日と10日はエースエンドなのでそちらも見に来てください(笑)」

吉岡「原作ファンの方々もいっぱい見に来ると思うので、期待を裏切らないような舞台にしたいと思います。みんな言ってますが、7つエンドがあるところが見どころなんじゃないかと思ってます。今日はブラッドエンドですけど、8日にもブラッドエンドがありますので、どうぞその日もよろしくお願いします。帽子屋ファミリー最高です!」

磯貝「本編にはですね、可愛らしいウサミミを付けたキャラクターだとか、猫をモチーフにしたキャラクター、そして剣士、そしてハットをかぶった人などなど、可愛い感じのキャラクターもいたり、格好いいキャラクターもいたりするんですけど……本編には残酷なシーンも含まれていたりして、やっぱり7通りエンディングがございます。一体誰が最後に生き残るか、楽しみにしていてください!(終わった瞬間、周りから総ツッコミが!(笑))」

石井「役付き全員が対峙するシーンがあるんですけど、稽古場から『なんて貴重なシーンなんだろう』ってずっと思ってたんです。ゲームをプレイしたり、マンガを読んでても、役付全員がそろって対峙するシーンってあまりないのですごく貴重だなと思って、心していつも演じさせていただいてます。そこはハートの国のアリスファンの方は是非見てほしいなと思います。エンドがないチームも一生懸命アリスを愛してるのでそこも見て欲しいです」

凝った衣装に身を包み、イケメンたちがかわるがわる甘い言葉をささやいてくれるステージは、まさに乙女系の楽しみにあふれていました。
ブラッド、エース、ボリスのエンドは各2回。エリオット、ペーター、ユリウス、ナイトメアのエンドは各1回となっているので、気になるエンドはすべてチェックしたいところだ。
公演は2月11日まで。

☆Infomation

ミュージカル「ハートの国のアリス」
2015年2月4日(水)~2月11日(水)/8日間全10公演
会場:新宿 全労済ホール/スペース・ゼロ
原作:QuinRose ゲーム「ハートの国のアリス」
脚本:桜木さやか(異空間ステージ「花咲ける青少年」シリーズ)
演出:吉谷光太郎(ミュージカル「AMNESIA」、超歌劇「幕末Rock」)
出演:松本妃代/吉岡佑/磯貝龍虎/桝井賢斗/櫻井圭登/石井美絵、尾関 陸/碕 理人/林野健志/小西成弥/成松慶彦/髙﨑俊吾 ほか
チケット:プレミアムシート:8,500円(税込) ※良席&非売品グッズ付
一般席:6,500円(税込)
主催:ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会
《公式サイト》
http://www.musical-hatoari.com

(c)QuinRose/ミュージカル「ハートの国のアリス」製作委員会

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る