劇団プレステージ10周年記念公演『ブラックパールが世界を動かす』再演特集①稽古場レポ

  • 2014-8-17

2005年よりAmuse-Prestage project-unitとして活動をスタートさせて来た劇団プレステージが10周年を迎え、そのアニバーサリー企画として2009年に上演された『ブラックパールが世界を動かす』を再演することに!
第5回公演から渋谷シブゲキCBGK!!に進出した劇団プレステージが、ついに夏休みの渋谷のど真ん中で、全18公演に挑みます。
劇団プレステージを応援するスマボが、3回に渡り特集。第1弾は稽古場密着レポをお届けします!!

稽古場には爆笑とツッコミが飛び交い激アツでした!

稽古場には爆笑とツッコミが飛び交い激アツでした!

――8月のうだるような真夏の暑さの中、稽古場に到着するとそこは……男の園!(笑)

現在、メンバー数が総勢20名の大所帯である劇団プレステージだけに、それなりに広いはずの稽古場も、劇プレのメンバーでぎっしり。Tシャツや思い思いの稽古着で、二人一組でストレッチやセリフ合わせをしているコンビも多ければ、一人で台本と向き合っている姿も多く、様々です。でも全員共通しているのは、冷房をものともしない熱い汗のほとばしり!

猪塚健太さん(右)は今までにないおバカキャラに挑戦!

猪塚健太さん(右)は今までにないおバカキャラに挑戦!

【ストーリー】
ある夜、マフィアのボスの邸宅で、時価3,000万円相当の宝石「ブラックパール」が盗まれた。
疑いの目が向けられたのは、その場に居合わせた一人の冴えない探偵。
容疑を否認する探偵に、マフィアたちは無情にも、「殺し屋に抹消を依頼する」と告げる。
助かる道はただ一つ、殺される前に3,000万円を用意すること――!?

太田将熙さん(左)は新加入ながら重要キャラで出演!

太田将熙さん(左)は新加入ながら重要キャラで出演!

スマボがお邪魔した時は、探偵がマフィアに脅されている序盤のシーンと、終盤のシーンを稽古中。本番前なので詳しい内容はまったく書けませんが(笑)、今井隆文さんが演じる探偵と、大村学さん演じる助手とが、テンポよくマフィアと対峙してはやり過ごし、対峙しては事件が起きるさまは、まさに劇団プレステージらしさの真骨頂!
シーンを切り取って見ているだけでも笑える現実に、本作が絶賛されている土台の奥深さを感じました。

今井隆文さん(右)と大村学さんのインタビューは特集第2回でUP!

今井隆文さん(右)と大村学さんのインタビューは特集第2回でUP!

そして笑いあふれる稽古場……なのですが、劇プレの皆さんは、ただ面白くて笑っているのではないのです!
シーン毎の稽古では絶妙なツッコミが入ったりすると、爆笑とともに「いいわ~」「やりやすい!」と言った声が。お互いの間を探りながら稽古をつめていきます。

猪塚健太さんと太田将熙さんのインタビューは特集第3回でUP!

猪塚健太さんと太田将熙さんのインタビューは特集第3回でUP!

全員でもっと面白い作品に仕上げてやろう、そして「あいつには負けられない!」「いつでも代わりに出てやるぞ!」という、役付でステージに上がるメンバー、裏方に回るメンバー、それぞれの思いが笑い声として交差する空間は、とても真剣で、心地よかったです。

新メンバーも加入して、いま劇団としてもさらなるパワーアップを見せようとしている劇団プレステージが、仲がいいだけじゃ辿りつけない、極上のコメディーをこの夏、シブゲキCBGK!!で魅せつけてくれます!

※特集第2回に続く

☆Inforamtion

劇団プレステージ 第8回公演『ブラックパールが世界を動かす』(再演)
日程:8/20(水)~31(日)
場所:CBGKシブゲキ!!
脚本:小峯裕之
演出:福島カツシゲ
出演:猪塚健太、今井隆文、岩田 玲、太田将熙、大村学、春日由輝、株元英彰、小池惟紀 向野章太郎、坂田直貴、園田玲欧奈、髙頭祐樹、高橋秀行、原田新平、山下銀次
チケット料金: 前売4,800円 / 当日5,300円(全席指定席・税込)
※未就学児童はご入場いただけません。
【チケット取扱い】
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、Confetti
【公演に関するお問い合わせ】
アミューズチアリングハウス 03-5457-3476(平日15:00~18:30)
《公式サイト》
http://amuse-gekipre.com/

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る