100本のバラを抱えた”ツンデレ王子”山﨑賢人に、ファン失神寸前!映画『L♡DK』公開中

  • 2014-5-6

『別冊フレンド』(講談社)で連載中の人気漫画を実写映画化した『L♡DK』で、学校一のツンデレモテ王子・久我山柊聖(くがやま・しゅうせい)を演じた山﨑賢人さんが、観客動員15万人突破を記念して舞台挨拶に登壇。

山﨑賢人さん

山﨑賢人さん

イベント当日の4月23日は、男性が女性にバラを贈るスペインの記念日”サン・ジョルディの日”ということで、山﨑さんが100本のバラの花束を抱えてステージに登場すると、大歓声がステージを包みました。

100本のバラを抱え「……お、重い」と四苦八苦(笑)

100本のバラを抱え「……お、重い」と四苦八苦(笑)

「赤いバラの花言葉には”情熱””愛情””熱烈な恋”などの意味があって、この映画にぴったりだと思いました。皆さんにもそんな想いを共有してもらえたらと思います。公開から2週間が経っても、こんなにたくさんの方が観に来てくださって本当にうれしいです。今日は楽しんでいってください!」と笑顔で挨拶。

写真集の握手会でも「すごくキュンキュンしました」「恋をしたくなりました」などの言葉をかけられ、感動したそうです

写真集の握手会でも「すごくキュンキュンしました」「恋をしたくなりました」などの言葉をかけられ、感動したそうです

映画撮影中のエピソードを聞かれた山﨑さんは、「柊聖の手振りや身振りなど、原作を読み込んでから撮影にのぞみました。柊聖のかっこいいところは、狙っていないさりげない感じだと思ったので、監督とも話し合ってナチュラルに演じました」と役作りの苦労を語る一方で、「自分の高校時代はステキな思い出が何もなくて……でも、この映画で制服デートが出来て良かったです」と自身のザンネンな高校時代を振り返る一幕も(笑)。

抽選で選ばれた3名のファンにバラのブーケをサプライズプレゼント♪

抽選で選ばれた3名のファンにバラのブーケをサプライズプレゼント♪

最後に、「同居から始まる恋なので、一緒にご飯を食べたりする何気ない幸せがいいなと思ってもらったり、近いのにすれちがったりするせつなさや、”壁ドン”などキュンとするシーンもあるので、楽しんでもらえたらうれしいです!」と映画の見どころをアピールし、舞台挨拶は終了しました。

最後は、集まった皆さんと一緒に記念撮影

最後は、集まった皆さんと一緒に記念撮影

本作は剛力彩芽さんが映画初主演。また桐山漣さんや中尾明慶さん、福士誠治さんらの共演でも注目です。

☆Information

■『L♡DK』
4月12日(土)ロードショー
原作:渡辺あゆ『L♡DK』(講談社『別冊フレンド』連載)
監督:川村泰祐
主題歌:Honey L Days『君色デイズ』(avex trax)
出演:剛力彩芽 山﨑賢人 中尾明慶 岡本 玲/高島礼子(特別出演)/福士誠治 桐山 漣 石橋杏奈・藤井 隆 白石美帆
《公式サイト》
http://www.love-ldk.jp/

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る