4/13スタート!世界初演の『レディ・ベス』開幕直前イベントで”Wロビン”の歌声にうっとり

  • 2014-4-13

4月13日より日本で世界初演スタート!山崎育三郎さん&加藤和樹さん、古川雄大さん&平方元基さんのWキャストでも注目のミュージカル『レディ・ベス』。3月23日に帝国劇場で、開幕直前スペシャルイベントが行われ、日本が世界初演となる本作のミュージカルナンバー4曲を初披露! さらにトークやプレゼント抽選会で、集まった観客を楽しませました。

世界初演にフレッシュ&豪華キャストが実現!

世界初演にフレッシュ&豪華キャストが実現!

ミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイのコンビによる新作、しかも日本が世界初演とあって、この日披露されるものはすべて世界初! そんな歴史の証人になるべく集まった超満員の観客が待ち受ける中、いよいよイベントがスタート。

ロビン・ブレイク役(Wキャスト)の山崎育三郎さん

ロビン・ブレイク役(Wキャスト)の山崎育三郎さん

ロビン・ブレイク役(Wキャスト)の加藤和樹さん

ロビン・ブレイク役(Wキャスト)の加藤和樹さん

まずは劇中のミュージカルナンバーを世界初披露! ベス役の平野綾さんのソロ曲『神に見放されて』で、会場に空気は一気にレディ・ベスの世界に……。
続く吉沢梨絵さんと未来優希さんの”Wメアリー女王”が歌う『悪魔と踊らないで』では、場内に手拍子が起こるなど、観客も一緒になってイベントを盛り上げます。
ベス役Wキャストの花總まりさんと、ロビン役の加藤和樹さんによるデュエット曲『誰でも歌える』や、こちらもロビン役Wキャスト・山崎育三郎さんによるラブバラード『何故好きなのか?』など、心を震わす名曲の数々に本番への期待はますます高まっていったのでした。

歌の後は、プリンシパルキャスト14人がステージに勢ぞろいしてのトークコーナーへ。

若き吟遊詩人ロビン・ブレイク役の山崎育三郎さんは「僕はこの作品で唯一、架空の人物の役で、客席降りも何度もありますので、帝国劇場を走り回ってやんちゃに飛び回りたいと思います!」とコメント。

同じくロビンを演じる加藤和樹さんは、「シリアスなシーンや見ていて辛くなるようなシーンも多い作品ですが、僕の演じるロビンは皆さんを明るく照らす太陽のような役で、皆さんの心をホッとさせるような存在です。どうぞ楽しみにしていてください」と熱く意気込みを語りました。

山崎さんと加藤さんは、2012年に上演されたミュージカル『コーヒープリンス1号店』以来の共演。プライベートでも仲のいいふたりらしく「普段の舞台ではセクシーな役が多いかーくん(=加藤和樹)ですが、今回は僕が知るはっちゃけていて走り回っていてムードメーカーという、かーくん本来の姿が、ロビンのお芝居で出てくるんじゃないかなと思います」という山崎さんがエールを贈ります。
すると「僕自身も楽しみにしています。いっくん(=山崎育三郎)は、いい意味で依然と何も変わっていないよね。常に弟みたいな、子供っぽい感じで……」と返す加藤さん。
「それ、悪口じゃん!(笑)」とスネて見せる山崎さんでしたが、「いや、違うから! いっくんと居ると本当に心が癒されるんだよ。さっきも舞台の袖で緊張している僕に声をかけてくれたり、稽古場でキャッチボールに誘ってくれたりして……。キャッチボールって、相手との信頼関係が築けると思っているからさ。今回、Wキャストで同じ役を演じるけど、信頼しているし、凄く魅力的な役者さんだなと思ってます」と、加藤さんにべた褒めされて思わず照れ笑い。
タイプの違うふたりの役者が、ステージ上でロビンとしてどのように生き、ベスとの恋を繰り広げるのか、ますます期待が高まっていきました。

ロジャー・アスカム役(Wキャスト)の石丸幹二さん

ロジャー・アスカム役(Wキャスト)の石丸幹二さん

ロジャー・アスカム役(Wキャスト)の山口祐一郎さん

ロジャー・アスカム役(Wキャスト)の山口祐一郎さん

シモン・ルナール役の吉野圭吾さん

シモン・ルナール役の吉野圭吾さん

ガーディナー役の石川禅さん

ガーディナー役の石川禅さん

また「この作品のスパイスとなれるよう頑張りたい!」とコメントした吉野圭吾さんは、トークコーナーでもほかのキャストのコメント中にもマイクを向けられ、”笑いのスパイス”を至る所に散りばめていました(笑)。

それに対抗するかのように(!?)ガーディナー司教役の石川禅さんは、「司教はイメージカラーが赤なので、今日はワインカラーのシャツを着てきました」と言いながらジャケットの裾をめくってチラ見せ☆ そのあまりのオチャメさには、お客さんだけでなくキャストの皆さんも大爆笑でした。

フェリペ役(Wキャスト)の平方元基さん

フェリペ役(Wキャスト)の平方元基さん

フェリペ役(Wキャスト)の古川雄大さん

フェリペ役(Wキャスト)の古川雄大さん

そんな中、終始マイペースだったのが古川雄大さんと平方元基さんの若手コンビ。
先輩方のジョークに、顔を見合わせて微笑みあったり、身を乗り出して聞き入ったり”お客さんポジション”でイベントを楽しんでいる様子でしたが、役についてのコメントを求められ、「フェリペという役はスペインからやってくるので、異国の風を漂わせて、スペインの風を帝国劇場に振りまきたいと思いますので、ぜひ皆さんご期待ください!」(平方)、「フェリペは何手先も読めるようなとても頭のきれる男。それを感じさせるシーンが要所要所に出てくるので、そのあたりを期待して頂けたらなと思います。とてもカッコいいです!(笑)」(古川)と、しっかりと役の魅力についてアピールしていました。

最後にキャストを代表して、山崎さん&加藤さんから開幕直前の心境をコメント。

山崎「今までのクンツェ&リーヴァイの作品とちょっと違うのは楽曲に変化があるところ。それぞれのキャラクターにあわせて、ロックだったり、クラシックだったり、ポップスだったりスペイン風だったり色々なメロディーが流れるので、皆さんに新しいミュージカルがお届けできるんじゃないかなと思ってます」

加藤「今回、初めて帝国劇場の舞台に立ちます。袖で本当に足がガクガク震えていたのですが、カンパニー全員で良い雰囲気で稽古出来ているので、本番では緊張がほぐれて、もっと本当の自分が解放出来るのではないかと思ってます。なので、失礼な事があったら言ってください(苦笑)」

ミュージカル『レディ・ベス』東京公演は、4月11日12日にプレビュー公演を終え、13日より開幕。5月24日まで公演された後、7月に大阪公演、8月に名古屋公演、9月の福岡公演と、約半年の長期間にわたり各地で上演されます。

※古川雄大さんがアーティストコーチ役で出演するスマボMovie『キャラフルSTARS』は、iPhone&Androidアプリの「スマートボーイズ」にて、好評配信中です!

☆Infomation

ミュージカル『レディ・ベス』
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎
出演:平野 綾/花總まり(Wキャスト)、山崎育三郎/加藤和樹(Wキャスト)、吉沢梨絵/未来優希(Wキャスト)、平方元基/古川雄大(Wキャスト)、和音美桜、吉野圭吾、石川 禅、涼風真世、石丸幹二/山口祐一郎(Wキャスト)ほか
【東京公演】
日程:4/11(金)~5/24(土)
場所:帝国劇場
チケット料金(全席指定・税込):S席\13,000、A席\8,000、B席\4,000
【大阪公演】
日程:7/19(土)~8/3(日)
場所:梅田芸術劇場メインホール
チケット料金(全席指定・税込): S席 ?13,000、A 席 ?9,000、B席 ?5,000
【福岡公演】
日程:8/10(日)~9/7(日)
場所:博多座
チケット料金(全席指定・税込):A席 \15,500、特B席 \12,500、B席 \9,500、C席 \5,000
【名古屋公演】
日程:9/13(土)~9/24(水)
場所:中日劇場
チケット料金(全席指定・税込): A席\13,500、B席\7,500
《公式サイト》
http://www.tohostage.com/ladybess/

 

関連Movie

    • 2014-1-8

    キャラフルSTARS

    舞台は中堅芸能事務所「カラフル」。 就職浪人中の主人公である“あなた”は兄のような存在の幼なじみ、東条にそのイケメン観察眼を買われ、3人のアイドル候補生をユニットデビューさせるプロジェクトを任されることに・・・。 …
    詳細を見る

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る