唐橋充&小西成弥&田村心も驚く“稽古前ルーティン”とは?舞台「中島鉄砲火薬店」1/20開幕直前SPインタビュー①「演出の伊藤栄之進さんにまんまと操られています」

  • 2022-1-15

新進演劇人に上演の場を提供することにより、新進芸術家の育成を図ることを目的とした、「日本の演劇人を育てるプロジェクト」の事業として上演される新進演劇人育成公演「中島鉄砲火薬店」が、1月20日より新国立劇場小劇場にて開幕します!

本作は江戸時代末期から明治時代初期にかけて、旧幕府軍に参加した新撰組隊士の中島登が、箱館戦争終結後に残りの人生を送った浜松での暮らしを描く物語で、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズや舞台『幽☆遊☆白書』など、2.5次元舞台の第一線で活躍する伊藤栄之進氏が、2012年にSET(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)の劇団員が立ち上げたブレーメンプロデュースに書き下ろした作品でもあり、今回が初の再演となります。

~あらすじ~
新撰組隊士として箱館戦争を戦い抜いた中島登は浜松に移り、後妻を迎えて静かに暮らしていた。
登は、先妻との間に生まれ離れて暮らしていた息子の登一郎を呼び寄せる。
ある日、かつての仲間である大島が訪れ、元新撰組隊士たちが不審な死を遂げていると切り出す…

スマートボーイズでは、稽古中の時間を縫って、主人公・中島登役の唐橋充さん、登の息子・中島登一郎役の小西成弥さん、登に殺された父の仇を討とうとする甘利正太郎役の田村心さんの3名にSPインタビューを実施。前後半の2回に渡りお届けします。PART①では、3人の役どころや稽古場での雰囲気などを語ってもらいました。

(左より)田村心さん、唐橋充さん、小西成弥さん

(左より)田村心さん、唐橋充さん、小西成弥さん

――稽古真っ只中というタイミングでお時間をいただきありがとうございます。まず、今作はどんなお話かを唐橋さんからご説明いただけませんでしょうか。

唐橋 事実に基づいた歴史ファンタジーです。歴史を語る時、後世の人間が良くも悪くも都合で足したり引いたり、一方の面で語られないことがほとんどですが、この作品は、全員に感情移入出来て、演出の伊藤さんの言葉を借りると、いい意味で大らかでバカっぽく楽しくくらしたいと思っている人たちの物語で、簡単に言うと、新撰組にいた男がどのようにして世間に溶け込んでいこうとしているかというストーリーです。ま、この3人しか出演しないんですけど。

小西 そんなことないです!

田村 チラシ見てください! あと8人いますよ!!

唐橋 えっ、じゃまだそのシーンは作っていないということだよ。

小西 昨日、全シーンが終わって、この取材の後に通し稽古するんじゃないですか!

(一同笑)

唐橋 あっ、そうだった!! しかし、全シーン、愛おしいですよねぇ。

小西 さっき唐橋さんが全員に感情移入できると仰っていましたが、一人一人がピックアップされているんです。もちろん中島登の物語ですけど、一人一人に入り込めるんじゃないかなと思います。

唐橋 そうだよね。本当に見事な脚本なんです。

田村 伊藤さん、すごいですよね。

唐橋 このお話は10年前に上演されているんですけど、ほぼ手を直しておらず、というより直せないんじゃないかなとと思うくらいの素晴らしい作品です。

小西 本当に脚本が完成されていますよね。

唐橋 初演ではステージ数は多くない上演だったみたいですけど、「今度、中島やるの?」っていろいろなお偉いさんから言われるくらい、みんな観ていた伝説の作品。あ! それがまた、今月に上演するらしいね。

田村 いつやるんですか?

唐橋 1月20日からです。ただ主演が弱いらしいですよ。

(一同笑)

小西 そんなことないですって!

田村 今回の座組で一番濃いですよ!

唐橋 実は2年前にこの台本をいただいて、もちろんその当時は上演することもキャスティングも決まっていなかったんですが、「これ、いつかやりたい」って伊藤さんが仰っていました。ただ正直、まだ早いなと。もっと芝居がうまくなってから演じてみたいという気持ちはありました。今でも演じるタイミングはまだ早いと思っていますし、本当に背伸びしないと出来ないと思って、役者としてピークのタイミングで演じたいという気持ちはあるので、なんとか開幕までにピークを持っていきたい気持ちです。

――それぞれどんな役を演じるかを教えていただきたいのですが、唐橋さんは主人公・中島登を演じます。

唐橋 新撰組在籍時に人を殺めていたことを、ずっとずっと悔いている人です。

――小西さんは、登の息子・中島登一郎を演じます。

小西 登一郎は、20年近く前に捨てられて、親戚の家に預けられたという過去があって、新撰組で人を殺していたお父さんの息子というレッテルを貼られて、周りからいろいろなことを言われたり、捨てられたという環境の中、20年ぶりに父と再会するところから物語が始まります。登一郎からしてみれば、抱えてきたものがあっただろうし、父もいろいろなものを抱えていたものがあって、それが再会することによって、理解しあったり、ぶつかったりしますが、やっぱり家族だなと思うようなところがあります。

――田村さんは、父を殺した登を憎む甘利正太郎を演じます。

田村 父が登によって殺されて、登を憎んで恨んで生きてきた人間で、敵討ちをしたいという思いを持ち続けている男です。去年、舞台「魔界転生」で初めて悪役を演じたんですが、その時もお父さんを殺されて敵討ちを果たすという役だったんです。

唐橋 田村さんは“敵討ち顔”なのかな。

(一同笑)

小西 敵討ちを演じるなら田村心、というブームが起きそう(笑)。

田村 稽古場で唐橋さんの斜め後ろが僕の席で、登に復讐する役作りのためにたまに殺気を放って見ているんですけど、憎めないんですよ(笑)。僕、唐橋さんのことが本当に大好きなんです。

3人揃ってピースサイン!!

3人揃ってピースサイン!!

――稽古場の雰囲気はいかがですか。

唐橋 とにかく伊藤さんの稽古場の作り方が素晴らしいんです。

(3人とも拍手)

――皆さんが拍手するほど素晴らしい稽古現場なんですね。

唐橋 私は“仲良し現場”が大嫌いで、仲良くなりすぎると逆に気を使っちゃって、言いたいことが言えなくなるし、話が盛り上がって演出の話を聞かなかったり、進行が滞ることがあるので、どちらかといえばみんながピリピリしていたり、各々の方向を見ている方が、作劇に関しては健康だと思うんです。でも伊藤さんの現場だけは違います! すべての会話が物語をふくよかにするというか、カウンセリングに近いかも。

田村 稽古前に毎回1~2時間ほど雑談する時間があるんですよ。本当に雑談なので、お芝居や脚本に直接関わりがあるかと言われればないんですけど、今、コロナ禍の影響で稽古後の食事会が出来ず親交が深められないところを、稽古前の雑談で役者同士の関わりを補完出来ていると思いますし、変な緊張もなくそのまま稽古に入れるという良さがあって、僕は助けられていますね。

小西 僕は以前に伊藤さんの演出を受けたことがあるんですが、気付いたら行きたい方向に行っているような感覚があって、今回もいい風に誘導していただいている感触があります。

唐橋 「嫌だったら言わなくていいよ! 無理しているとお客さんに絶対伝わるから」っていう方。伊藤さんの雑談には「一つの話題だけみんな言う」というルールがあって、みんな円になって、思いの丈を自分の表現方法を探りながら話していくと、声のトーンやバランスが合ってくるんですよ。お題がないから、どう自分の考え方を伝えようとするかという練習をしながら進んでいくと、終わった頃には心身とも仕上がっていて、伊藤さんが稽古開始の合図を出さなくても完全に芝居モードにいけるので、「あぁ、これから稽古か……」ということは一回もないんです。

田村 確かにないです!

小西 そう思ったことは一回もないですし、他の作品のカンパニーでもやって欲しいです。

――田村さんは伊藤さんの演出が初めてですよね。

田村 初めての演出家さんでの稽古って序盤はビビっちゃうんです。しかも今回は遅れての稽古参加だったので、なおさらヤバいと思っていたんですが、稽古前の雑談のおかげで直ぐに馴染めて何も緊張もなく稽古を始めることが出来ました。

唐橋 完璧なメソッドだよね。2022年最初の稽古日は2時間ぐらい話したっけ。

小西 いや、3時間超えていました(笑)。

――3時間超えの雑談ってすごいですね。

唐橋 仕上がっていないのに稽古を始めても意味ないって、多分伊藤さんはわかっていると思う。

田村 そういうところまでも見ているんですかね。たまに30分ぐらいで雑談が終わることもありますけど。

唐橋 絶対に見ているって!

田村 それすごいですね。

唐橋 決して無駄に時間を浪費する方ではないし。

――きっとうまい具合に役者さんをコントロールしているんですね。

小西 きっとまんまと操られているんですよね。

唐橋 操られているんだろうな。

※PART②に続く

舞台「中島鉄砲火薬店」メインビジュアル

舞台「中島鉄砲火薬店」メインビジュアル

今作では、唐橋さん、小西さん、田村さんの他にも、大見拓土さん、松井勇歩さん、市橋恵さん、福永マリカさん、飯野雅彦さん、栗原功平さん、高木トモユキさん、松本寛也さんといった個性的なキャストが出演します。

舞台「中島鉄砲火薬店」は1月27日まで上演。現在一般チケットが好評発売中です。詳細はInformationから公式サイトをチェックしてください。

■小西成弥 出演動画はアプリで好評配信中↓■

☆Information

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演
「中島鉄砲火薬店」

日程:2022年1月20日(木)~1月27日(木)
会場:新国立劇場小劇場

脚本・演出:伊藤栄之進

【CAST】
唐橋充

小西成弥
田村心

大見拓土
松井勇歩

市橋恵
福永マリカ

飯野雅彦
栗原功平
高木トモユキ
松本寛也

【チケット料金(全席指定・税込)】
前売 7,000円
当日 7,700円
学生 4,000円(高校生以下)

・チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/nakajimatepprou/
※PC/スマートフォン共通 Pコード:509-452

・イープラス
https://eplus.jp/nakajimatepprou/
※PC/スマートフォン共通 ファミリーマート店内端末「Famiポート」(直接購入可能)

・ローソンチケット
https://l-tike.com/nakajimatepprou/
Lコード:35807 ローソン、ミニストップ店内端末「Lopp」(直接購入可能)

・東京音協オンライン
https://t-onkyo-web.pia.jp/

制作:公益社団法人日本劇団協議会

主催:文化庁 公益社団法人日本劇団協議会

【公式サイト】
https://nakajima-teppo.studio.site.

【公式Twitter】
https://twitter.com/nakajimateppou

関連商品

  • GCSB-034
    スマボMovie第10弾『regret~放課後の罠~』

関連Movie

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る