映画『東京リベンジャーズ』“おうちでプレミアムナイト”が開催、イベント公式レポートUP!北村匠海「たくさんクライマックスがあるような濃厚な作品」、山田裕貴・吉沢亮・杉野遥亮・磯村勇斗・間宮祥太朗らが想いを語ったトークがアーカイブ配信中!

  • 2021-5-13

2021年7月9日に公開される映画『東京リベンジャーズ』に出演する豪華キャストが一堂に会し、5月10日に“おうちでプレミアムナイト”オンライン配信イベントが開催されました。

“おうちでプレミアムナイト”オンライン配信イベント 「撮影中止を乗り越えたキャストのアツい絆が爆発」

“おうちでプレミアムナイト”オンライン配信イベント
「撮影中止を乗り越えたキャストのアツい絆が爆発」

本作は、累計発行部数1400万部超のバイブル的なコミックス「東京卍リベンジャーズ」(週刊少年マガジン)の実写映画作品です。
先日、本予告映像が遂に解禁され、「東京リベンジャーズの実写予告、動いててもビジュアルが完璧過ぎる」「予告観たら朝から鳥肌たった。ビジュアルも原作のまんまで迫力あってキャストの存在感もすごい!」と熱いコメントが数多く寄せられるなど、公開へ向けたファンのボルテージは高まるばかりとなっています。

イベントには、主演を務める北村匠海さんをはじめ、共演の山田裕貴さん、杉野遥亮さん、今田美桜さん、鈴木伸之さん、眞栄田郷敦さん、清水尋也さん、磯村勇斗さん、間宮祥太朗さん、吉沢亮さんの豪華キャストと英勉監督が登壇しました。
超濃密なトークが展開されたイベントの模様を、公式レポートにてご紹介します!

■『東京リベンジャーズ』“おうちでプレミアムナイト”公式レポート

イベントは東京卍會の副総長ドラケンを演じた山田裕貴が「お前ら!おうちでプレミアムナイト始めっぞ!」というドラケンのセリフのような掛け声を出すと、舞台上の巨大なLEDモニターが上がると後ろからライトに照らされる豪華な演出の中、10名にも及ぶ豪華キャストと英監督が登場し、本イベントはスタート。

_BBB2749r

まず最初にそれぞれから一言ずつ挨拶。主演の弱虫ヒーローのタケミチを演じた北村匠海は「世の中が大変な中、一年をかけて撮影して撮りきることが出来て、ようやく皆さんに完成を報告できることができて嬉しいです。何度も撮影がストップしたり再開したりしましたが、作品の中のタケミチのように、ぼくらも常にリベンジのつもりで走り抜けることができました。」と感慨深く挨拶。

続いて山田は「原作を読んで自分が惚れたキャラクターで、その役をやらせてもらえること、かつドラケンとして生きることのプレッシャーと戦っていました。撮影が止まったりもしましたが、映画を撮りきれたことでこんなに感謝だな、感動だなと思えたのはこういう状況下だからこそかもしれませんが、なにより完成の報告を出来ることが嬉しいです。皆さん、楽しんでいきましょう!」と元気よく挨拶。

愛美愛主の幹部・稀咲を演じた間宮祥太朗は「役の性質上、皆とあまり会えなかったので、今日ちょっと嬉しい。いち原作ファンである自分も納得できるくらいみんな格好いいです。俺はちょっとねっとり怪しいです(笑)」と笑いを誘った。

東京卍會の無敵の総長・マイキーを演じた吉沢亮は「この映画の完成を見てシンプルに面白いと思いました。メッセージ性、物語も本当にストレートに心に来て、画面から伝わる熱量がすさまじくて。それは作品をどうにか撮りきるという思いをキャストもスタッフもみんな持っていたので、それがいい形で画面に出たと思います。」と挨拶。

_BBB2746r

ヒロイン・ヒナタの弟・ナオトを演じた杉野遥亮は「何年後かにその時の子供や中学生たちに、この映画いいよなって思える作品になれたらいいなと思ってます」、タケミチの人生唯一の彼女ヒナタを演じた今田美桜は「長い間キャストの皆さまが熱く、熱く演じられた作品だと思うので、それを皆様にぜひ見ていただきたいです」、タケミチの天敵・キヨマサを演じた鈴木伸之は「それぞれのキャストがそれぞれの役の中でリベンジをしている作品だと思います。大きいスクリーンでぜひ見てもらいたいです!」、東京卍會の二番隊隊長の三ツ谷を演じた眞栄田郷敦は「とにかくみんなめちゃくちゃかっこいい。熱い展開の中に泣けるとこもあって。そんな魅力を今日伝えられればと思ってます!」、東京卍會と敵対する愛美愛主に所属する謎の男・半間を演じた清水尋也は「それぞれのキャラクターがそれぞれ別の熱さを持っていて、その熱さがスクリーンからひしひしと伝わるようなそんなエネルギーを持った映画に関われたこと、そして完成できたことをとても嬉しく思います」、タケミチの親友・アッくんを演じた磯村勇斗は「こういうご時世で映画に触れる機会が減ったことに悲しみをいただきつつも、7月9日からこの映画が公開されて、劇場と、見てくださる皆さまが元気になってもらえたらという思いで今日ここに立っています。」

そして英監督は「やっと(完成)できました。ここにいるみんなが気持ちを切らすことなく、止まるたびに立ち上がってくれて、、少し泣きそうですね。もうじきこれを見てる皆さんにお届けできると思うと嬉しいです。もうこれっきり喋らないので(笑)」と涙ぐみながら熱い思いをこぼした。

_BBB2453r

キャスト:監督からの熱い思いがこもった挨拶を終え、トークパートがスタート。まず、キャストそれぞれが選んだ“ここが熱い”というシーンをそのシーンの写真をとともに紹介していくコーナー。北村は“タケミチとアッくんの自転車二人乗りのシーン”と発表し、「アッくんに対しての想いが溢れるシーンなんですけど、プライベートでも20歳のころに共演してからずっと仲がよくて、撮影の時から好きなシーンの一つでした。撮影が中止してから再開してすぐに撮ったシーンなんですけど、タケミチが立ち去るときにアッくんが(地べたに)座ってるんですけど、(アッくんが)カッコつけていました(笑)」と思い出も交えつつ2人の仲の良さを垣間見せつつコメント。磯村も「照れくさいシーンでした。」と照れながら応じた。

_BBB2404r

山田は“マイキーのラストのシーン”をチョイス。ぜひ劇場で!該当シーンの画像が表示される会場のモニターでは、ネタバレラインを超えるシーンとなるためモザイクがかかった画像で表示された。「吉沢君の顔を見て、こういう風に思われる人間になりたいなと思いました。プライベートでも仲が良いので、僕がそうなったときにもそう思ってくれるのかなって思って、二重で嬉しかった。」と告白した山田は、作品内では最強コンビの関係性でもある吉沢と過去に何度も共演しているという。「マイキーとして演じた彼の言葉を聞いて安心したんです。僕の感覚が間違ってなければ最強のコンビです」と自信を持って話す山田に吉沢も共感を示した。

_BBB2622r

杉野も“マイキー、ドラケンの初登場のシーン”を選んだ。それを受け吉沢は「長いシーンになるんですけど、僕たちが登場するまでの流れは自粛前に、それ以降は今年に入ってから撮影したんですけど、撮影が中止になる前の当時と同じマイキーを演じられるかって緊張してましたね。」と当時を振り返ると、同じシーンでも登場していた北村と鈴木もコメント。

北村は「悔しかった。このシーン計3日撮影して、タケミチとキヨマサがバトルして一番ボロボロだったんですね。でも2人が登場したら全部持ってかれるので…それだけ二人の醸すオーラがすごくて、現場を静かにさせてました」、鈴木は「そのシーンまで(自分が)一番強いキャラだったはずなのに、一撃でやられたもんね(笑)」と損な役回りだったと自虐も交えながら、山田と吉沢の迫力のすごさを賞賛した。

今田は“タケミチとナオトのブランコシーン”と明かした。作品内で2人が初めて出会うシーンで、タケミチが格好良かったし、ナオトもそれをきっかけに変わっていくきっかけになったと説明をしていると、間宮が思わず笑いの声をあげ、「この中で一番背が高いのに3人(の不良)に囲まれてて、、(笑)」と杉野をいじり出し、杉野も「あれ大丈夫でした?(笑)」と監督に確認するなど、ナオトの中学生時代を演じた事を振り返った。

_BBB2595r

清水は“東京卍會が病院に集まるシーン“での、マイキーの表情について触れた。東京卍會総長としてのマイキーと、ケンチン(マイキーがドラケンを呼ぶときの愛称)とマイキーとしての顔があって、それが伝わるシーン。」と、見どころを語った。
東京卍會のメンバーが集うシーンでは疎外感があったと明かす北村。「特攻服を着てないし卍會のメンバーではないけど、パーちんにボタンが引きちぎれるくらい」「パーちんの目がギンギンだった。」と登壇者全員が笑い声をあげる話題となった。

続けて吉沢と磯村は同じ“タケミチとキヨマサの最後のタイマンシーン”を選んだ。実際にシーンとはギャップのありすぎるオフショットで盛り上がる。選んだ理由として吉沢は「このシーンのアクションがすごくいい。格好いいシーンが多い中で、ここは泥臭くてダサいんですけどそれが格好いいんですよ!恐怖の対象でもあるキヨマサに立ち向かっていく(タケミチの)思いの強さが出てるいいシーンで、見ていて熱くなりました」と述懐。

_BBB2453r

間宮は“自分の出演シーン以外全て”という予想外な回答。「みんな熱いシーンを色々語ってくれましたが、結論、ずっと熱いです!屋上のタケミチとアッくん、下駄箱でのヒナタ。目がギンギンのパーちんの魂をかけたタイマンとか!」と太鼓判を押す。共演シーンの多かった清水とも「僕らが出てるシーンは冷えてて、じめっとしていて、湿度が高くて、照明が暗い(笑)」とここでも場を賑わす間宮。

また、終盤に差し掛かると2021年1月に募集をして選ばれた“47都道府県リベンジャーズ”らや、イベント実施に先駆けて公式SNSで受けつけた質問に答えるコーナーも行った。
大きな決断をするときに後悔をしないようにするにはどうすればいいか、という質問に鈴木は「やっぱり目のバキバキさですよね。それが未来を切り開く。」と、3度目の目のバキバキトークで笑いを誘う一方、北村は「直感を信じてあげること」、磯村も「後悔を恐れずに今何をしたいと思ってるかを大事にすればいい」とそれぞれの意見を伝えた。

最後に北村より「本当はここにたくさんの人がいてくれる姿を想像してましたが、残念ながら無観客での実施となりました。そんな中で僕たちが一堂に会して発表できることが幸せだと思います。すこしでも皆さんに笑顔や熱い思いだったり色んな時間を提供したいと思って作りました。たくさんクライマックスがあるような濃厚な作品となってるので。こんな世の中ですが、映画館に足を運んでほしいです。」と改めてキャスト、スタッフの想いが詰まった本作の完成への熱い思いを語り、締めくくった。

以上、公式レポートでした。

■映画『東京リベンジャーズ』おうちでプレミアムナイト 概要
日時:5月10日(月)
登壇者:北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、
清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮、英勉監督(敬称略)

本イベントのアーカイブ配信は、以下URLよりご覧いただけます。
YouTube配信用URL:https://youtu.be/SkX8UY47Tc0

【STORY】
「これは、オレの人生のリベンジだ!」

人生唯一の彼女だったヒナタが、事故に巻き込まれ命を落とした―
不良だった高校までの絶頂期から一変、今はどん底生活を送るタケミチが高校時代へタイムリープし警察も手に負えない最凶の組織“東京卍會”へ潜入。
出会った熱い仲間たちと共に、彼らの暴走を止められるのか!?
ヒナタを救い、逃げ続けた人生を変えるタケミチのリベンジが今、始まる!

ヘタレ男子のタケミチが、人生唯一の彼女・ヒナタを救うため、熱い仲間と共に現在(いま)を変える!!

☆Information

『東京リベンジャーズ』
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
監督:英勉
脚本:髙橋泉
出演:北村匠海  山田裕貴  杉野遥亮  今田美桜  鈴木伸之
眞栄田郷敦  清水尋也 磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映

≪公式サイト≫
https://wwws.warnerbros.co.jp/tokyo-revengersjp/
≪公式Twitter≫
@revengers_movie
#東京リベンジャーズ

関連記事

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る