【解禁】2020年”新戦隊”は史上最大にゴージャス!スーパー戦隊シリーズ44作目『魔進戦隊キラメイジャー』3/8スタート!TV放送に先駆け、2月に映画が公開決定!

  • 2019-12-26

2020年3月8日、テレビ朝日系にてスタートする「スーパー戦隊シリーズ」最新作となる44作目のタイトルが『魔進(マシン)戦隊キラメイジャー』に決定しました。
e19b9f8459f624efb6ab6c55712cd716-0
人が輝いて生きることを物語のテーマに、“全力で活躍して輝く”ヒーローたち、そのビジュアル、アクション、ロボ戦など、すべてがキラキラした、これまで見たことのないほどゴージャスなスーパー戦隊となる『魔進戦隊キラメイジャー』は、不思議なパワーを秘めた美しい宝石に戦士として選ばれた5人が、人々から希望や輝きを奪おうとする闇の軍団と戦います。

『魔進戦隊キラメイジャー』は、攻撃を創造する“創”の戦士・キラメイレッド、多彩な射撃を繰り出す“射”の戦士・キラメイイエロー、高速攻撃が得意な“速”の戦士・キラメイグリーン、剣撃で敵を倒す“斬”の戦士・キラメイブルー、治癒能力と合気道に秀でる“治”の戦士・キラメイピンクの5人で構成彼らがそれぞれの得意分野を生かして敵と戦い、人々の希望と輝きを守ります。

解禁となった『魔進戦隊キラメイジャー』ビジュアル

解禁となった『魔進戦隊キラメイジャー』ビジュアル

また、今作のモチーフとなるのは『宝石+乗り物』。赤、黄、緑、青、桃……不思議なパワーを秘めた“キラメイストーン”という美しい宝石は、意志をもち、タッグを組むにふさわしい戦士を選び出します。さらに、キラメイストーンは戦士の個性と共鳴し、巨大な乗り物・魔進(マシン)に変形。

キラメイジャーとタッグを組む魔進は意志をもっており、ヒーローと魔進のちょっぴりコミカルなやり取りや、気持ちを一つにして敵に立ち向かう姿も見どころの一つ。
キラメイレッドの相棒となる魔進は、巨大な<消防車>! 巨大で戦うパワーも強力、さらにハシゴの救助も可能な万能魔進です。キラメイイエローとタッグを組むのは、ブレーカーで大地や壁を豪快に削る<ショベルカー>。強靭なアームを使って爆弾などを超高速で投げ飛ばします。キラメイグリーンの相棒は、とにかく速い<スーパーカー>! ターボを効かせると驚きのスピードを叩き出します。また、キラメイブルーの相棒は、けた外れの攻撃力を備えた<ジェット機>! 主翼をカッターにして、敵を一網打尽にします。キラメイピンクとタッグを組むのは、自由自在に空を舞う<ヘリコプター>。プロペラであらゆる攻撃を跳ね返します。

このように、個性あふれる魔進とキラメイジャーたちがタッグを組み、人々から希望や輝きを奪う闇の軍団に立ち向かいます。

さらに今回、シリーズ史上初の試みとして、3月8日のテレビ放送スタートに先駆け、2月8日(土)に劇場用映画『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』を公開! 『スーパー戦隊MOVIEパーティー』と題し、『騎士竜戦隊リュウソウジャーVS快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と同時上映となる二本立てでの公開が決定。

映画では、地球にやってきた宝石の国のお姫様とキラメイストーンが、キラメンタルという、魅力やずば抜けた才能の源となる強い“輝ける精神”をもった人を探し出し、戦士としてスカウトする様子が描かれます。

脚本には「特捜戦隊デカレンジャー」「海賊戦隊ゴーカイジャー」「スペース・スクワッド」など長年東映の特撮作品を手掛けてきた荒川稔久さん。監督には「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」の山口恭平さんらが担当します。

【井上千尋プロデューサー(テレビ朝日) コメント】
幼い頃の私は初代スーパー戦隊であるゴレンジャーのソフビ人形が宝物でした。遊ぶごとにクッキー缶から取り出してそのたびに大事にしまったものです。大嫌いな病院へのお供がきまってアカレンジャーだった記憶は今でも鮮明に残ります。子供のわたしの目にそれはそれは輝いて見え、不思議と足どりが軽くなりました。ゴレンジャーはまさしくヒーローでした。
44番目となるスーパー戦隊、魔進戦隊キラメイジャーもまた、誰かの目に輝いて見えるヒーローになってくれるはずです。でも、一度立ち止まって考えてみたいのですが、ヒーローはなぜヒーローなのでしょうか。それは、まばゆいばかりにキラキラした彼らがわたしたちに勇気や希望を「与えて」くれるからでしょうか。いえ、そうではありません。彼らはわたしたちひとりひとりの中に眠るチカラを「引きだして」くれるだけです。ヒーローは光を照らしてくれますが、それを反射させて輝くのはわたしたち自身なのです。
今作ではこのあたりのテーマを掘り下げていくシリーズになる予感がしています。一年間つづく長い旅路の果てにみえる景色はどうなっているのでしょうか。制作に携わる我々にもまだわかりません。視聴者の皆さんと一緒に旅してその答えを見つけたいとおもいます。

【塚田英明プロデューサー(東映) コメント】
古今東西、面白い物語には必ず「宝石」が登場します。古代遺跡をめぐる冒険、海賊船の宝箱、宇宙各地に封印されたインフィニティな石……地中深くで熱と圧力を受けて結晶化した「キラキラ輝くもの」は、いつだってわたしたちを魅了してきたのです。
本作は、この宝石が子供たちの大好きな「乗り物」に変形するという、スーパー戦隊44作目にして初めての試みにチャレンジします。宝石×乗り物=魔進(マシン)です。主人公たちはこの魔進たちと絆を結び、アドレナリン全開で冒険に飛び出します。
宝石が輝くのはなぜでしょう? 光が複雑に反射するからです。スーパー戦隊には他の追随を許さないくらい様々な顔があります。人間ドラマ、等身大アクション、マシンとロボの特撮、センスオブワンダー溢れる世界観、フレッシュなキャストたち。これら様々な面から色んな光を取り入れることによって、戦隊は戦隊らしく輝くのです。『魔進戦隊キラメイジャー』は、そんな中でも「今までで一番キラキラした戦隊」を目指します。ご期待ください!

注目のキャストはまだ発表されていませんが、果たして誰が『魔進戦隊キラメイジャー』を演じるのか? 今後の情報解禁に期待が高まります!

☆Information

『魔進戦隊キラメイジャー』
2020年3月8日(日)テレビ朝日系にてスタート
毎週日曜 午前9:30~10:00放送

≪スタッフ≫
プロデューサー:
井上千尋(テレビ朝日)
島川博篤(テレビ朝日)
塚田英明(東映)
望月 卓(東映)
矢田晃一(東映エージエンシー)
深田明宏(東映エージェンシー)

原作:八手三郎
脚本:荒川稔久
音楽:松本淳一
監督:山口恭平 ほか
アクション監督:福沢博文
特撮監督:佛田 洋(特撮研究所)

≪『騎士竜戦隊リュウソウジャーVS快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』公式サイト≫
http://super-sentai-vs-2020.jp/

前の記事
次の記事

@sumabojp

ページ上部へ戻る